ビジネスセミナー

すぐできる! 「働き方改革」成功事例紹介セミナー

開催日: 2017年8月31日

主催者:一般社団法人可視経営協会

開催地域:東京都

すぐできる! 「働き方改革」成功事例紹介セミナー

すぐできる「働き方改革」 成功事例紹介セミナー
=業務改革の本質を見極めた技法と支援ツール=


待ったなしの「働き方改革」、もう総論は要らない!すぐ実践できて、具体的に成果の出るソリューションこそが今求められています。さらに、働き方改革で今注目の最新自動化技術であるRPA(ロボテックプロセスオートメーション)を活用し、早期に成果を出す方法もご紹介!

組織三者(経営者・管理者・担当者)が「働き方改革」に向かって、全員参加・同一目線で行う業務の可視化、改善活動によって「永遠の課題」とされてきたホワイトカラーの生産性向上を短期間で果たすことができます。この活動により、業務機能の管理とタイムマネジメントが実現することで、経営の全体最適化および政府が検討する働き方改革のうちの「長時間労働」、「同一労働同一賃金」を解決し、その結果、残る項目も解決することができます。
働き方改革9項目の解決、生産性向上を実現するとともに、人と組織が活性化する「働き方改革活動」。その成功実例を具体的に紹介します。

加えて、
(1)e-ラーニングで楽しくできる改革活動とその進め方の事例
(2)この技法を活用したRPA(ロボテック)の開発技法
も紹介します。

*技法と支援ツール:略称HIT.s法
HIT.s法:Human resource Intelligence Technology


【セミナープログラム】
(スケジュールは当日の進行状況により、変更される場合があります。あらかじめご了承ください)

13:00~13:30 受付

◆第1部
13:30~15:05
 すぐできる 働き方改革の成功事例~「技法」と「支援ツール」解説~
 一般社団法人可視経営協会 代表理事 石橋 博史氏

 「働き方改革」に影響を及ぼすホワイトカラーの組織三者(経営者、管理者、担当者)が
 改革活動に向き合った時、企業の三要素である人・モノ・金などのリソースの効率化を
 真に実現出来るソリューションではなくリストラ的活動に終始した結果、改革活動への
 信頼性が失われているのが現状である。  

 本講義では、この状況を克服する「技法」と「支援ツール」となるHIT.s法※を紹介し、
 改革活動を持続性と効果の高い活動に戻し、「長時間労働」「同一労働・同一賃金」への
 対処法から、さらに進んだ「時間生産性の向上」を着実に実現していくための成功実例を解説する。

  1.企業が抱える非効率な実態を知る
  2.「これでできる!」の3つの成功基盤づくりの解説
   (業務の可視化法、改善法、電子マニュアル活用法)
  3.企業の三大課題を解決し「時間生産性の向上」を果たした実例紹介
   (業務の偏り、人材の多能化育成、Off活用とOff定員法)


15:05~15:15 休憩


◆第2部
15:15~15:45
 第2部 すぐできる 「Eラーニング」で進める働き方改革
 一般社団法人可視経営協会 働き方改革推進室 室長 佐藤 秀幸氏
 
 "働き方改革に向けた意識変革と職場の生産性向上のための実践手法を学び、
 ミドルマネジャーが旗振り役となって、部下と共に、働き方改革を推進する
 リーダー研修を紹 介します。"

  1.すぐできる「eラーニング」とは
  2.らくらく進む働き方改革のポイント
  3.研修事例:業務プロセス改善力研修(共催:日経BP社 課長塾)


15:45~15:55 休憩


◆第3部
15:55~16:30
 すぐできるRPA活用~業務プロセス効率化と自動化ツール活用法~
 NECソリューションイノベータ株式会社
 NIS事業本部 ソリューションビジネス事業部ビジネスソリューション第一グループ
 グループマネジャ 木之内 喜之氏

 働き方改革にRPAを活用するためには、業務プロセスを可視化することが重要事項となる。
 今回は、業務可視化、効率化にHIT.s法を活用した活動を小人数で開始して効果を
 あげた事例や、システムやRPAを使わずとも効果を出せる単純な改善事例を紹介する。
 また、RPAを導入する前に効果を事前に推定できることを紹介するとともに、
 業務部門独自で行う場合に適しているRPA導入や、ITベンダを活用して早期に
 導入効果を享受する方法を紹介する。

  1.少人数からはじめるHIT.s活動事例
  2.簡単な業務プロセス効率化事例
  3.導入前に効果わかるRPA
  4.自分でできるRPA
  5.任せて安心RPA

   ※RPA……ロボティック・プロセス・オートメーション


16:30~17:00  質疑応答
17:00      終了



【講師紹介】

◆一般社団法人可視経営協会 代表理事 石橋 博史氏

1986年 システム科学を設立し、トヨタ生産方式や生産工学をもとにした業務革新の実践・支援ツール「HIT法」の開発・導入、コンサルティングを手がける。可視経営(日経BP)最少投入で最強組織をつくる(ダイヤモンド社)他多数。2010年2月に「業務プロセスの可視化手法とチャート作成システム」で特許を取得。


◆一般社団法人可視経営協会 働き方改革推進室 室長 佐藤 秀幸氏

上智大学外国語学部比較文化学科卒。IBMアジア・パシフィックグループや日本能率協会総合研究所を経て、株式会社エム・イー・エルに従事する。戦略経営の父、H.I.アンゾフとの共同プロジェクトをきっかけに、アンゾフ博士の戦略経営コンセプト(環境ー戦略ーシステムー能力の並列化)をベースとした戦略コンサルティングと能力開発を、25年間実践してきた。
可視経営協会では、業務プロセスの可視化手法およびチャート作成システムを活用し、政府が提唱する「働き方改革」推進にお役立ちできるよう活動している。


◆NECソリューションイノベータ株式会社
 NIS事業本部 ソリューションビジネス事業部
 ビジネスソリューション第一グループ
 グループマネジャ 木之内 喜之氏

NEC経営情報システム開発株式会社入社。(旧社名)
会社統合により株式会社NEC情報システムズを経て、現在NECソリューションイノベータ株式会社NIS事業本部ソリューションビジネス事業部に所属。経営に役立つITを顧客に提供するために、業務プロセス効率化をテーマに活動。2013年にHIT.s法と出会い、ボトムアップ的な活動を推進し成果をあげるとともに、HIT.sのシステム開発への活用を実践。2017年は、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用した業務効率化に重点的に取り組み、働き方改革やワークスタイル変革へ具体的な対応方法としてRPA活用を提案している。

開催日 2017年8月31日
開催時間 13:30〜17:00
(受付開始時間:13:00)
開催地域 東京都
開催場所 サンケイホール(〒100-0004東京都千代田区大手町1-7-2 TEL:03-3273-2230)
会費 無料(事前申込制)
主催者 主 催:一般社団法人可視経営協会
協 賛:株式会社システム科学
協 力:フジサンケイビジネスアイ、イノベーションズアイ
お問い合わせ先 フジサンケイビジネスアイ 働き方改革セミナー係り TEL:03-3273-6141

下記より、お申し込みいただけます。

社名
部署・役職
必須 氏名
必須 電話番号
必須 メールアドレス
部署・役職
(2人目)
氏名
(2人目)
メールアドレス
(2人目)
備考
ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

支援機関ランキング< 週間 >
企業検索