朝日税理士法人

最新コラム

投稿日:2019年2月6日

事業とは「ヒト=従業員」、「モノ=商品・サービス」、「カネ=資金」、情報といった企業の経営資源を最適に配分・投下して、企業の目的である利益を最大化する行為です。企業にとっての「見える化」は、これらの経営資源の状況を把握することでもありますが、その前に必要なことは、どれだけ「利益」が出たのか?またその原因はどこにあるのか?、具体的には企業...

連載中のコラム

平成31年度における移転価格税制の改正

従来より、国際的大企業等が税負担を軽減する目的で、自社が保有する知的財産等の無形資産を海外へ移転する行為が、国際的に問題となっていました。 この問題について、日本では平成29年度与党税制改正大綱において「BEPSプロジェクトで勧告された所得相応性基準の導入を含め、必要な見直しを検討する」と明記され、翌年の平成30年度与党税制改正大綱において「BEPSプロ...

日本企業の海外進出と子会社管理

日本企業の海外進出には多くの理由がありますが、最近多く見かけるのは「市場狙い」目的での進出です。もちろん日本で高止まりした製造コストを低減させるため、今まで培ってきた商流を維持するために海外進出する企業も数多く存在します。

全話丸読みコラム

中堅企業にも求められる移転価格税制対応

コラムニスト:山中 一郎

中堅企業の経営・管理に携わる皆様は、移転価格税制と言えば、名だたる超大規模企業だけの問題ととらえておられないでしょうか?確かにこれまでは、「XX 株式会社が海外子 会社との取引で、〇〇億円の移転価格課税を受ける」というような、有名上場企業に係る ニュースが新聞紙上を賑わせて来ました。ところが、最近は風向きが変わり、税務当局は 海外子会社との取引...

企業・団体概要

名称 朝日税理士法人
住所 〒102-0093
東京都 千代田区平河町2-7-4
設立 2002年5月
従業員数 198人
URL

http://www.asahitax.jp/

朝日税理士法人