日本で唯一、世界でも例がない究極のスピーチ・プレゼン術

 プレゼンを本質から変える シアタースタイル
アルティメットプログラム 第1期生募集!!11月11日(土)開講

演劇的なプレゼン手法で、文字通り「劇的」に
あなたのスピーチ・プレゼン力を変革させる!

講師画像

主催:イノベーションズアイ
講師:別役 慎司

第1期生募集!!11月11日(土)開講

究極のプレゼンメソッドで人生を変えろ

日本人の多くが不得意とする「人前で話す」こと。

ビジネスの成功に大きく関わることながら、ほとんどの人が改善・進化できる方法を知らず、不安と自信のなさを抱えたまま行っている「プレゼンテーション」。


もし人前で楽に話せるようになったら!

もし誰もが驚く見事なプレゼンテーションができるようになったら!


あなたへの周囲の評価は変わる。昇進や昇給、ビジネスの拡大に繋がる。圧倒的な勝率で成約が取れるようになる。 仕事が楽しくなる。人前で話すことの素晴らしさを感じる。


これらは夢物語ではない。

ただ、本当のプレゼンメソッドを知らなかっただけなのだ。トレーニング法があることを知らなかっただけなのだ。


単なる表面的なテクニックではなく、本質的に変貌を遂げる、
究極のプレゼン「シアタースタイル」

2017年、遂に公開。

あなたの伝える力はどれだけあるだろうか

一説にはスピーチやプレゼンに対して苦手意識をもっているビジネスパーソンは7~8割にのぼるという。 苦手意識が特になければOKだと思ってはいけない。ただ無難にその場をやり過ごしているだけかもしれない。 人に伝えることの成果と自己満足度を一緒にしてはいけない。

下記の項目から、自分に当てはまると思うものにチェックを入れてほしい。

  • 1. 緊張でガチガチになる
  • 2. 準備の段階から不安と恐怖で心が落ち着かない
  • 3. 用意した原稿やスライドを読み上げることが精一杯
  • 4. 感情表現や表情がほとんどない
  • 5. ジェスチャーが苦手
  • 6. 目線を配ることが出来ず、下ばかり見てしまう
  • 7. 喋りが単調で、抑揚がない
  • 8. 言葉が詰まったり、うまく話せないことがしょっちゅうある
  • 9. 滑舌が悪かったり、声が小さかったり、声の問題を抱えている
  • 10. 双方向のやりとり(質疑応答など)をする余裕がない
  • 11. 話をどうすれば効果的に組み立てられるのかわからない
  • 12. スライドなどビジュアル素材をどう作成すべきかわからない
  • 13. 聞き手の心を動かせない
  • 14. 個性的で味のあるプレゼンが出来ない

上記のチェックで10個以上当てはまるなら、あなたの伝える力は0%だ。7個以上なら、30%、5個以上なら50%。3個程度なら70%はある。

シビアだが、それがあなたのスピーチ・プレゼン力だ。


しかし、安心してほしい、上記全てを解決できるトレーニングプログラムがある。

それが「シアタースタイル・アルティメット」だ。

なぜ既存のプレゼンセミナーでは解決できないのか

なぜ既存のスピーチ講座やプレゼンセミナーで、抜本的な解決にならないのか。


実に明白だが、それらは薄っぺらいテクニックを教えているだけだからだ。

表面的なテクニックを教わったところで、人前で話すことの不安は拭えないし、人の心を動かすだけの力はない。

プレゼンはまさに表現力そのものであり、表現力がなくては、聞き手の心の琴線に触れることはない。 最高のプレゼンは完全に演劇的で、頭脳だけでなく、表情や声や身体の動きを使う。既存の講座やセミナーは、表現力のど素人が教えている。 いうなれば、演劇経験のない講師が演技を語り、お金を受け取っている状態なのだ。


あなたが思う最高のプレゼンをイメージしてほしい。 あなたがビジネスの場で日常的に見ているものとは大きく異なるはずだし、これまで見てきたプレゼンセミナーの内容とは随分違うだろう。 最高のプレゼンに近づくための本質的なセミナーがなかったことに気づくだろう。

最強の解決法こそシアタースタイルである

第1の流儀 アクティング Acting
「表現力」にあたる。最高のプレゼンターは、まさに俳優なのだ。 世界最前線の俳優訓練を教えてきた別役慎司だからできる「俳優流アクティング」は、 あなたの【姿勢】【目線】【表情】【感情】【ジェスチャー】【声】【存在感】【即興力】を進化させる。
第2の流儀 ストーリーテリング Storytelling
「ストーリー」は人から共感や信頼を集め、人の心を動かし行動化させる力がある。 劇作家として約50作品執筆してきた別役慎司が、映画や演劇で使われる極秘ノウハウを伝授して、 あなたにストーリーテリングという武器を与える。
第3の流儀 ディレクティング Directing
オーケストラには指揮者がいて、映画には監督がいる。 プレゼンでも総合的な目でバランスをとり、全体的な流れをつくる「演出」が必要だ。 演出家として数々の舞台を手がけてきた別役慎司が教えるプレゼンの演出は一味も二味も違う。

シアタースタイルはTEDをモデルにしている

TEDとは

世界最高峰のプレゼンテーションが行われるTED(テッド)。 日本でもNHKで放映され、理想のプレゼンの代名詞とされている。 「Ideas Worth Spreading」をキャッチフレーズに、世界中の研究者や活動家たちが自身の取り組みを披露するステージを提供している。 1984年スタート。TEDの頭文字は、Technology、Entertainment、Designを指す。

別役慎司プロフィール

別役慎司(べっちゃくしんじ)

株式会社ASCEND FEATHER 代表取締役

劇作家・演出家・俳優・演技講師・研修講師

(社)日本ビジネスセミナー協会認定講師

シアタースタイル・プレゼンテーションマスター

最高のプレゼンには演劇的な技術が使われていることから、日本唯一のシアタースタイル・プレゼンテーションを打ち出し、 「Acting(俳優流)」「Storytelling(劇作家流)」「Directing(演出家流)」の三つの流儀を通して、 最高峰のプレゼン術を教える。

多くのビジネスパーソンを”劇的”に変えたスピーチ・プレゼン術だけでなく、 即興力や人間力を育成するインプロトレーニングの先駆者でもあり、多くのビジネスパーソンの殻を破ってきた。 演劇を教育に生かすパイオニアとして活動しており、 俳優をロールプレイングの相手役として派遣するサービスや、子ども演劇教育の組織も立ち上げている。

劇作家・演出家・俳優という全く異なるキャリアを極めながら、経営者・指導者としての手腕も高い。
2016年よりイノベーションズアイビジネスカレッジ(IBC)講師に就任し、 シアタースタイル・プレゼンテーションを教えるクラスを開発する。

著書「誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本」は、アマゾンでベストセラーランキング総合1位となる。
FEATHER IMPRO ACT PROJECT - http://www.feather-project.com

最強のプレゼン塾 Theatre Style Ultimate

日本で唯一、世界でも例がない。 現役の俳優・演出家・劇作家にしてカリスマセミナー講師別役慎司が打ち出した究極のスピーチ・プレゼン術。 それが「シアタースタイル・マスタープレゼンテーション」。 演劇的な手法で、文字通り「劇的」に変革させ、TEDのようなプレゼンへと辿り着くゴールデンメソッドを、 徹底的にたたき込む講座が「アルティメットプログラム」である。

全7日間、3つの流儀を極めるカリキュラム

総トレーニング時間42時間(1日7時間×6回)+ TED式プレゼン最終発表。 わずか定員6名で行う、徹底的なブートキャンプで、シアタースタイル3つの流儀を極めてもらう。

  • Day1「アクティング1 即興力」

    → 本番に強く、緊張に負けない力を身につける。即興力を鍛錬することで、楽に話せるだけでなく、双方向にも強くなり、聞き手とペースを合わせて話せるようになる。

  • Day2「アクティング2 表現力」

    → 姿勢、表情、声、ジェスチャーといった表現力の要素を徹底的に磨き上げ、伝える力を何倍にも高める。表現力がアップすれば、誰からもうまい人だと高い評価を得られる。

  • Day3「ストーリーテリング1 人生経験」

    → 即興力と表現力を継続して実践しながらストーリーテリングの使い方を覚える。人生経験から真に迫ったストーリーを披露できるように指導する。

  • Day4「ストーリーテリング2 物語構成」

    → 卓越したストーリーにするために、台本部分をしっかりと練り込む。映画や演劇で使われているノウハウを生かして、人を魅了する物語を作る。

  • Day5「ディレクティング1 インパクト」

    → プレゼンの全体の構成の中で、聴衆をはっとさせるインパクトの与え方を伝授する。キラーワードの考案や、壇上での演技の仕方をきめ細かく教える。

  • Day6「ディレクティング2 インテグリティ」

    → スライドの繋ぎと流れ。効果的なトランジション。最も自然で効果の高い構成。プレゼンが一つの作品になるような演出を実戦を通して学んでもらう。

  • Day7「TED式プレゼン発表」

    → 6日間のトレーニングを踏まえて、一つのTED式プレゼンを最終発表として行う。観客を入れ、照明や音響効果を入れて、本気の本番を行う。

  • 最終発表

    「シアタースタイル・アルティメット」における受講者の最終発表は、別会場で行われる。 大舞台でのプレゼンテーションはさながらTEDのステージ。受講者はこの日のために、18分以内のプレゼンを準備する。 本番は巨大スクリーンにスライドを映し、照明・音響効果もあるなか観客の前で披露する。 この大舞台でやりきった経験を自信にしてほしい。 「アルティメット」の修了式は、この壇上で行われる。

  • 最終発表掲載の特典

    最終発表の映像は、BusinessTV「別役慎司のプレゼンの奥義」チャンネルでも配信するほか、 本サイトにも掲載し、全受講者の映像をまとめたDVDは一人ひとりに贈呈する。 伝説のプレゼンが生まれることを期待する。

  • ファイナルプレゼンの様子1
  • ファイナルプレゼンの様子2
  • ファイナルプレゼンの様子3

Before & After

第0期生最終プレゼン

あなたもTEDプレゼンターのようになって未来を変えよう

  • あなたが人前でのスピーチ・プレゼンに極度の恐怖を感じているなら

    もう未来永劫、その恐怖に苦しむことはなくなる!

  • あなたが講師業をしているなら

    受講者満足度が向上、あなたの人気が高まり、収入増に繋がる!

  • あなたが営業マンであるなら

    成約率が格段に向上、評価が高まり、トップクラスの営業マンに!

  • あなたが経営者であるなら

    人心掌握力が高まり、尊敬・信頼されるカリスマ経営者へと変貌する!

  • あなたが起業家であるなら

    圧倒的なアピール力で、ピッチコンテストに勝利、潤沢な資金を獲得する!

イメージしてほしい。あなたの願望はなんだろうか?

上記の結果を手に入れるのは不可能ではない。ただ、ドラマティックな物語には伏線が必要だ。主人公が努力するという伏線を無視してはいけない。

この講座を受講される方は、日々のスピーチやプレゼンの悩みを解消したいというレベルかもしれないし、いつかTEDに出てみたいという気合いの入った方かもしれない。

しかし、この講座は、いつかあなたが伝説のプレゼンを披露する時がくることを期待している。

「あのプレゼンで人生が変わった」そんな時があなたにもきっと訪れる。

スケジュール・料金

第1期生を募集します。
受講料 380,000円(税込)
(TED式最終プレゼン発表費用20,000円を含む)


講座日程:

  • Day1  11月11日(土)10:00~18:00
  • Day2  11月18日(土)10:00~18:00
  • Day3  11月25日(土)10:00~18:00
  • Day4  12月2日(土)10:00~18:00
  • Day5  12月9日(土)10:00~18:00
  • Day6  12月16日(土)10:00~18:00
  • Day7  1月11日(木)19:00~21:00(予定)(TED型最終発表会)


会場:
STUDIO FEATHER(スタジオ・フェザー)
東京都文京区後楽2-23-12 Holic House 2F

4大特典
  • (1) 動画講座「シアタースタイル プレゼンの3つの流儀」無料受講(10,000円相当)
  • (2) イノベーションズアイBusinessTVチャンネル「別役慎司のプレゼンの奥義」にゲスト出演権。 まるまる1本インタビュー。(30,000円相当)
  • (3) 本番対策!「3 Dramatic Coaching」でプレゼンを変革。 別役慎司の個人レッスンが3時間無料。TED式最終発表の特訓にも適用可。(90,000円相当)
  • (4) 「プレゼンクラブ」会員のゴールドメンバーにいきなりなれる。 プレゼンクラブサイトにてプロフィール公開可能。コンテストへの無料参加。(Priceless)

※ 上記特典は7日間の一括申し込みをされた方が対象となります。

お申し込みフォーム

入力必須項目

お申し込み内容 「シアタースタイル・アルティメット」第1期
氏名
フリガナ
電話番号
※ 半角数字、ハイフンを入れてください。
メールアドレス
※ 事務局からのご連絡は、こちらのメールアドレスへさせて頂きます。
確認用メールアドレス
※ 半角英数字
お支払い方法

お申し込みのきっかけ
ご質問など

必ず「プライバシーポリシー」をご確認の上、「お申し込み」ボタンをクリックしてください。

「お申し込み」ボタンをクリックすると、入力内容の確認の画面に移動します。

情報を伝えるためのプレゼンテーションは道具であり魂がありません。 素晴らしいプレゼンは、アイディアや思い、人生経験や夢といった言葉を超えたものを伝えます。 そのためには、感情や想像力や身体を使います。まさに演劇です。 日本で最高峰のプレゼン講座をつくれるのは、現役で俳優・劇作家・演出家・研修講師をしているぼくしかいない。 そして作ったのが、この「シアタースタイル・アルティメット」です。 あとはそんな高いレベルのプレゼンを誰が目指すのかということ。 職場で無難にプレゼンをこなせればいいやという人ではなく、本気でスティーブ・ジョブズやTEDレベルを目指す人たちに集まってほしいと願っています。 ともに日本のプレゼンを変えていきましょう。

推薦者の言葉

ジャパンコンサルティング株式会社 代表取締役 佐藤 亘

ジャパンコンサルティング株式会社 代表取締役  佐藤 亘 氏 私はTEDが大好きで、これまで何百本も動画を観てきました。 プレゼンに関しても本を読みあさりましたが、やはり見るのとやるのとでは大違いですね。 別役先生の指導を受けて、どうすればTEDのような人の心に届くプレゼンが実践できるのか、ようやくつかむことができました。 別役先生の講座は、まさにこれまでなかったプレゼン講座です。 TEDが演劇的であるように、演劇の世界で活躍されている先生のメソッドはプレゼンの最大の武器となります。 これがあればどこでも通用してしまうのです。 最高レベルのプレゼンを目指すのはアーティストのようでもあります。 技術と情熱の結集を人々の前で披露し、共感で一体となる喜び。 ビジネスの世界だけでは見えない景色が見えてきました。 ただビジネスで成功するためのプレゼン術を超えた、感動と芸術のプレゼンを、私はこれからも追い求めていきたいと思います。

受講したい!・・・でも・・・

「シアタースタイル・アルティメットプログラム」を受講したい!・・・けど「忙しい・・・」
というあなたのために、15本の動画講座をご用意しました。

講座のように直接的な指導を受けることができませんが、「表現力」「構成力」「演出力」を基礎から学ぶことができます。

『シアタースタイル プレゼンの3つの流儀 e-ラーニング』

シアタースタイル90分講座ラインナップ

俳優のような表現力と、作家のようなストーリー構成力、演出家のような演出力が一体となって、最高峰のプレゼンが出来る。 別役慎司が提唱する「シアタースタイルプレゼンテーション」は、これら3つを備えた究極のプレゼン術である。

俳優流の「アクティング」、劇作家流の「ストーリーテリング」、演出家流の「ディレクティング」の三つを合わせれば、 あなたのプレゼンはまさに劇的に変革を遂げる。90分で体験できるIBCの講座。

「シアタースタイルプレゼンテーションをまずは体験してみたい」という方には、うってつけの講座です。
※ 下記をクリックしていただくと詳細が確認でき、また、お申し込みもできます。

このページのTOPへ

特定商取引について

名称
シアタースタイル・アルティメット
運営会社
株式会社ノーズフー(イノベーションズアイ事務局)
所在地
イノベーションズアイ事務局
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-4-8
TEL:03-6273-7262 FAX:03-6273-7265
商品の販売価格
受講料:380,000円(税込) <早期割引280,000円(税込)>
※ 消費税が変更された場合は、それに準拠します。
(2016年8月1日現在 消費税8パーセント)
送料
なし
開講日時
当webページ内の開講日に準拠します。
※ 開講日は事前案内をせず、変更する場合がございます。
代金支払い方法
銀行振込(前払い)
返品特約
お客さまのご都合による返金はお受けできません。

プライバシーポリシー

株式会社ノーズフー(イノベーションズアイ事務局、以下「事務局」)が提供する、「シアタースタイル・アルティメット」(以下「本サービス」)はお客さまから取得した個人情報の保護に関し、以下の取組みを実施いたしております。

1. 本サービスは、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、お客さまの大切な個人情報の保護に万全を尽くします。

2. 本サービスは、お客さまの個人情報を第三者に開示・提供することは致しません。但し、上記利用目的を達成するために必要な範 囲内で、業務委託先に提供する場合がございます。その場合は、個人情報の保護が十分に図られている企業を選定し、個人情報保護の契約を締結する等必要かつ 適切な処置を実施いたします。

3. 本サービスは、お客さまの個人情報の保護を図るために、また、法令その他の規範の変更に対応するために、プライバシーポリシーを改定する事がございます。改定があった場合はホームページにてお知らせいたします。

<個人情報保護に関するお問い合せ先>
イノベーションズアイ事務局 電話番号 03-6273-7262
(月~金 ただし祝祭日・年末年始を除きます 午前9時~午後5時)

以上

平成28年5月2日改定