乳幼児コンサートを広げよう・クオリティを高めよう~日本音楽文化普及協会キックオフ・ミーティング

乳幼児コンサートを広げよう・クオリティを高めよう~日本音楽文化普及協会キックオフ・ミーティング

クラッシック音楽の生演奏を日常生活の一部として楽しむ人を増やすには、何が必要なんだろう?
日本音楽文化普及協会を立ち上げる代表の小林玄人は「サロンオーケストラ」という小規模編成のオーケストラで、身近な場所で、質の高い演奏をする活動を通して、このテーマに取り組んできました。

中でも人気があるのが、「0歳からの・はじめてのオーケストラ」「オーケストラ探険コンサート」という乳幼児・子供向けのコンサートです。乳幼児向けだからと言って、選曲はアニメなど子供向けのものではなく、クラッシックの名曲が中心です。親子でダンスしながら聴いたり演奏を間近で見るなど演出の工夫、小編成でもオーケストラの魅力を味わえるこだわりの演奏・編曲により約1時間のコンサートを参加者が「ちょうど良い長さ」と感じる素敵な時間にしてしまいます。小林の子供向けのコンサートは、1年間に250回以上、参加者は約10000人近くに上っています。

 この活動を通して親子コンサートのニーズを強く実感し、小林は「自分だけでなく、もっと多くの人に質の高い乳幼児・子供向けや初心者向けのコンサートを開催してほしい」と考えるようになりました。また、今、「ゼロ歳児コンサート」と名打って行っているものには、「アニメなど子供向けの曲だけを行うもの」「子どもが泣いても大丈夫とし、泣き叫ぶ中での演奏」、「親子で本当に楽しめていないもの、質の低いものも増えているではないか」という懸念も感じるようになりました。


クラッシック音楽との出会いのコンサートを家族みんなが楽しめる、クオリティの伴ったプログラムを普及させたい。そんな思いを、コンサートの企画者、演奏家、一緒に広げたい方たちと分かち合い、つながり、協働するコミュニティとして「日本音楽普及協会」を小林は構想しています。
そこで、 「日本音楽普及協会」をスタートするにあたって、乳幼児向けのコンサートに関心ある方と、どのような課題があるか、どのような取組みがされているのか、今後何が必要とされているかについて考えるワークショップを開催します。

会場は、音楽交流や・講習会・イベント・レッスン等の開催など「日本音楽普及協会」の拠点なる「オトオアシス」(東京都杉並区上高井戸、今秋オープン)となります。

特に子育て支援をしている方、音楽活動を行っている方、地域づくりに取り組んでいる方、乳幼児向けのコンサート、また高齢者等音楽に触れづらい方のためのコンサートをお考えの方、地域に新しい交流の機会づくりをしたい方、ぜひ一緒に考えましょう。


プログラム

1.日本音楽普及協会の設立趣旨について
  日本サロンコンサート協会 代表
  特非日本青少年音楽芸能協会理事 小林玄人

2.ワールド・カフェ(対話&交流)
テーマ1:今、どんな乳幼児向けコンサートが求められてるだろう?
テーマ2:乳幼児向けコンサートのクオリティを高めるには?
 テーマ3:生演奏の音楽を多くの人に届けるには?
3.まとめ:家族で楽しめる乳幼児向けコンサートを広げるために

ファシリテーター:株式会社エンパブリック

お申し込みはこちらから→https://peatix.com/event/1140173

開催日 2019年8月24日
開催時間 14:00〜16:30
開催地域 東京都
開催場所 オトオアシス(東京都杉並区上高井戸1丁目3番25号)
会費 参加費 : 2,400円(税込) 交流会付き 3,500円 ワンドリンク・演奏付き
定員 20
支援機関名 株式会社エンパブリック
お問い合わせ先 株式会社エンパブリック  
担当者 矢部  
電話:03-6303-3195 / mail:info@empublic.jp
お問い合わせフォーム http://empublic.jp/contact
キーワードから今月のセミナーを検索する
地域から今月のセミナーを検索する