長期的視点で二輪産業の復活を目指す! まるごとバイクフェスティバル開催!

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ]

長期的視点で二輪産業の復活を目指す! まるごとバイクフェスティバル開催!

エコドライブを取り入れた運転教習『楽エコ運転』を2008年より実施している自動車教習所ファインモータースクール (株式会社臼田、本社:埼玉県さいたま市・代表取締役:臼田 和弘、048-641-7185、URL:www.fine- motorschool.co.jp)は、2013年4月29日(月・祝)9:30〜1ȝɊ00に、毎年恒例のバイクイベント「まるごとバイクフェスティバル2013」を開催いたします。長期的視点で二輪車の普及を図るイベントで、今年で9年目の開催となります。約1000名の来場を見込んでいます。

 ここ数年、二輪免許取得者と二輪車販売台数は減少傾向にあります。特に趣味的位置づけの高い原付2種以上(運転に自動二輪免許が必要)の車両販売台数に関しては、3.11の年には前年の約半分にまで落ち込んでいます。しかし、道路が悪路となってしまった被災地でこそ二輪車の機動力が役に立ちました。
 昨今見られるバイクイベントでは、目先の利益、販売を目的にした試乗会が主となっているものも多く、新たな価値や魅力を伝えるには不十分で、二輪の普及に関しても、既に免許を持ち二輪を趣味としている人に対してしか訴求力を持ちません。

 当イベントは、バイクの新たな価値を伝えるとともに、二輪免許取得に関することはもちろんのこと、バイク本体、ヘルメットなどの装備品、メンテナンスから保険、安全運転のテクニックまで、バイクに関してまるごとコーディネートすることができます。また、将来の顧客となり得る子供達にもバイクの魅力を伝えてまいります。災害時に二輪車が役立つことを訴求するためにも、復興支援のチャリティーも行おこないます。
 上記のような長期的視点での二輪人口の底上げという取り組みに共感する地元企業と共催します。

なお、ファインモータースクールが公式スポンサーを努めるトライアル国際A級ライダー本多元治選手も、来場者の皆様と一緒にイベントに参加し、デモ走行や、ライディングアドバイスなどを行います。
 経済性や機動性の高い二輪車は注目され、特に被災地では生活のための移動手段として見直されています。しかし、二輪車の増加は、同時に二輪事故の増加にもつながりかねません。ファインモータースクールでは本イベントを通じて、バイクの新たな価値、魅力を伝え、多くの方にバイクを楽しんでいただくと同時に、安全性の確保についても学べる機会を提供します。

【開催概要】
■日時:2013年4月29日(月・祝) 9:30~16:00 ※雨天決行
■会場:ファインモータースクール上尾校
 〒3ȟǺDŽ00ጥŁ埼玉県上尾市大字平塚596-5
※イベント内容は次頁をご参照ください。
※イベントによっては参加に条件があります。
■共催:サイクルロードイトー・モーターランドエムエム、M.S.C.HARA
     (順不同)
■協力:埼玉自動車大学校、グリップ商事、JBR Motorcycle、 岡田商事
     ブリヂストン、SP忠男、キムコ、オートスタジオスキル(順不同)

ファインモータースクールでは、これからも様々なイベントを実施、また情報発信することにより、 教習所としてエコドライブの普及や地域社会への貢献を目指していきます。

(会社概要)  
社名: 株式会社臼田  代表取締役:臼田和弘   設立: 1962年(昭和37年)  資本金:4800万円
事業概要:自動車教習所ファインモータースクール3校(大宮、指扇、上尾)の運営 
本社:〒362-0011 埼玉県さいたま市大宮区堀の内町2-322-3 TEL:048-641-7185 (代表) FAX:048-641-3543     
会社サイト:http://www.fine-motorschool.co.jp 

<本件に関するお問い合せ>
ファインモータースクール 広報担当 
福田080-5549-1069、田熊090-4167-8181
TEL 048-641-7185/E-mail: fukuda@fine-motorschool.co.jp

お問い合わせ先

<本件に関するお問い合せ>
ファインモータースクール 広報担当 
福田080-5549-1069、田熊090-4167-8181
TEL 048-641-7185/E-mail: fukuda@fine-motorschool.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する