グローバル3DコーンビームCTシステムに関する市場レポート

QY Research株式会社

投稿日:2021年10月19日

サービス分野: [ 医療 ] [ マーケティング・リサーチ ] [ 海外・グローバル ]

グローバル3DコーンビームCTシステムに関する市場レポート

2021年09月13日に、「グローバル3DコーンビームCTシステムに関する市場レポート, 2016年-2027年の推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。3DコーンビームCTシステムの市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界と中国市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界と中国市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2016年から2020年まで、予測データは2021年から2027年までです。

QYResearch(QYリサーチ)は市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグローバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。また、日本の皆様へのサービスをより一層充実するために、日本の現地法人を設けています。
QYResearch(QYリサーチ)は2007年に中国北京市で設立され、今までに世界160ヵ国以上、5万8千社に産業情報サービスを提供してきました。現在、米国、日本、韓国、インド、中国の北京、広州、深せん、長沙、石家荘、重慶、武漢でプロフェショナル研究チームを有し、世界30か国以上においてビジネスパートナーと提携しています。

レポートID: 54558
発表時期: 2021-09-13
レポートカテゴリ: 医療機器と消耗材
ページ数: 129
レポート言語: 英語、日本語
グラフ数: 145
レポート形式: PDF

市場分析と見通し:世界の3DコーンビームCTシステム市場
世界の3DコーンビームCTシステム(3D Cone Beam CT Systems)市場規模は、2021年から2027年のCAGR が %になり、2020年の 百万米ドルから、2027年までに 百万米ドルに達する見込みと予測されています。
世界の3DコーンビームCTシステム規模とセグメント
世界の3DコーンビームCTシステム市場は、会社別、地域別、製品別とアプリケーションによって細分化することができます。世界の3DコーンビームCTシステム市場における主な会社、関係者及びその他の参加者は、本調査レポートを重要なリソースとして活用することができます。このレポートは、2016年から2027年までの会社別、地域(国)別、製品別及びアプリケーション別の売上実績と予測に焦点を当てています。

製品別
Dental
Non-Dental

アプリケーション別
Hospitals
Clinics
Diagnostic Centers

会社別
Danaher Corporation (US)
DENTSPLY SIRONA (US)
Carestream Dental (US)
Planmeca Group (Finland)
VATECH (South Korea)
CEFLA (Italy)
J. MORITA CORPORATION (Japan)
ACTEON GROUP (France)
Asahi Roentgen (Japan)
Genoray (South Korea)

地域別
北米
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
ロシア
その他のヨーロッパ地域
アジア太平洋地域
中国
日本
韓国
東南アジア
インド
オーストラリア
その他のアジア太平洋地域
ラテンアメリカ
メキシコ
ブラジル
その他のラテンアメリカ地域
中東とアフリカ
トルコ
サウジアラビア
アラブ首長国連邦
その他の中東及びアフリカ地域
【総目録】
1 世界の3DコーンビームCTシステム市場概況
1.1 世界の3DコーンビームCTシステム製品概要
1.2 製品別の3DコーンビームCTシステム 市場
1.2.1 Dental
1.2.2 Non-Dental
1.3 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム市場規模
1.3.1 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム市場規模の概要(2016-2027)
1.3.2 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム市場規模の推移(2016-2021)
1.3.2.1 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム販売量の推移 (2016-2021)
1.3.2.2 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム売上市場シェアの推移 (2016-2021)
1.3.2.3 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム平均販売単価(ASP)の推移 (2016-2021)
1.3.3 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム市場規模の予測(2022-2027)
1.3.3.1 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム販売量の予測(2022-2027)
1.3.3.2 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム売上の予測 (2022-2027)
1.3.3.3 製品別の世界の3DコーンビームCTシステム平均販売単価(ASP)の予測(2022-2027)
1.4 製品別の主な地域の市場規模
1.4.1 製品別の北米3DコーンビームCTシステム市場規模 (2016-2021)
1.4.2 製品別のヨーロッパ3DコーンビームCTシステム市場規模 (2016-2021)
1.4.3 製品別のアジア太平洋地域3DコーンビームCTシステム市場規模 (2016-2021)
1.4.4 製品別のラテンアメリカ3DコーンビームCTシステム市場規模 (2016-2021)
1.4.5 製品別の中東とアフリカ3DコーンビームCTシステム市場規模 (2016-2021)

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/54558/3d-cone-beam-ct-systems

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp
主な事業内容:QYResearchは2007年に中国北京市で設立され、世界トップレベルの市場調査会社です。今まで世界100か国以上にわたって、6万社以上の企業に産業情報サービスを提供してきました。日本の皆様に優れたサービスを提供するために、2016年、日本の現地法人を設立しました。

主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:090-38009273

お問い合わせ先

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社
マーケティング担当 japan@qyresearch.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する