Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.

自然言語処理(NLP)の市場規模、成長性、機会、2023-2033年までの予測

#マーケティング・リサーチ

自然言語処理(NLP)の市場規模、成長性、機会、2023-2033年までの予測
世界のNLP市場規模は予測期間中にCAGR21.0%で成長へ

MarketsandMarketsは、世界の自然言語処理(NLP)市場規模が、2023年の102億米ドルから2033年には264億米ドルへと、予測期間2023年から2033年の間に年平均成長率(CAGR)21.0%で成長すると予測しています。NLP市場の主な成長要因としては、スマートデバイス利用の増加、顧客サービス向上のためのクラウドベースのソリューションやNLPベースのアプリケーションの採用拡大、ヘルスケア業界における技術投資の増加などが挙げられます。

サンプルPDFレポートのご請求はこちら https://www.sdki.jp/sample-request-62067

NLP市場は、コンポーネントごとにソリューションとサービスに分類されています。プロフェッショナルサービスやマネージドサービスは、企業が消費者との健全な関係を維持することを可能にします。また、これらのサービスは、企業がリソースの使用量を最大化し、効果的に活動を実行することを支援し、事業運営を強化します。NLPソリューションの普及に伴い、サポートやメンテナンスなどのサービスに対するニーズも高まっています。

サンプルPDFレポートのご請求はこちら

銀行、金融サービス、保険業界が予測期間中最大の市場規模を維持

BFSIセクターの企業は、顧客の維持、コスト削減、利益の増加、変化する規則や規制への準拠を必要としています。NLPベースの製品は、主に情報検索、意図の解析、顧客サービスやコンプライアンス・プロセスの自動化アプリケーションなどのアプリケーションを通じて、BFSI業界の企業のリスク軽減に役立っています。NLPベースのソリューションを使用したプロセスの自動化は、BFSI業界の企業の生産性を向上させるだけでなく、解釈プロセスのエラーを減らし、企業が構造化および非構造化データを扱う方法を最適化し、他の方法では得られなかったであろう重要な顧客データを獲得するのに役立っています。

予測期間中、北米が最大の市場規模を維持

北米は、世界のNLP市場において最も高い収益を生み出している地域であり、予測期間中、米国が最も高い市場シェアを占めています。インフラストラクチャーの急速な発展とデジタル技術の高い導入が、同地域のNLP市場成長の2大原因となっています。その結果、新興企業と老舗企業の両方が、さまざまな業種に対応するための革新的なAI対応ソリューションの開発に一層注力している。この地域は、政府の規制、新興企業の資金調達、既存企業の存在、機械学習やNLPベースのソリューションの適用に対する企業の関心など、市場成長のための好条件を目の当たりにしてきました。

NLP市場で活動する様々な主要組織の最高経営責任者(CEO)、イノベーションおよびテクノロジーディレクター、システムインテグレーター、経営幹部に対して詳細なインタビューを実施した。

企業別では ティアI:15%、ティアII:25%、ティアIII:60
役職別 Cレベル:25%、ディレクターレベル:45%、その他:30 30%
地域別 北米:60%、欧州:20%、APAC: 10%、RoW:10

本レポートでは、NLPのソリューションやサービスを提供する主要企業の調査も行っています。NLP市場の主要ベンダーのプロファイルを掲載しています。主要ベンダーは、Google(米国)、IBM(米国)、Microsoft(米国)、Intel(米国)、Apple(米国)、AWS(米国)、Facebook(米国)、Inbenta Technologies(米国)、3M(米国)、Veritone(米国)、Dolbey(米国)、です。Narrative Science(米国)、Bitext(米国)、Health Fidelity(米国)、Linguamatics(英国)、Conversica(米国)、SparkCognition(米国)、Automated Insights(米国)、SAS Institute(米国)、Baidu(中国)である。また、NLP市場の主要企業の詳細な競合分析を、企業概要、事業概要、製品提供、最近の開発、市場戦略などとともに掲載しています。

調査対象範囲

本レポートでは、世界のNLP市場をコンポーネント(ソリューションとサービス)、アプリケーション、タイプ、展開モード、組織規模、業種、地域別に分類しています。業種別NLP市場は、BFSI、小売・eコマース、製造、ヘルスケア・ライフサイエンス、政府・防衛、メディア・エンターテイメント、IT・通信、旅行・接客、その他(研究・教育、エネルギー・公共事業)に分類しています。コンポーネント分野は、ソリューションとサービスから構成されています。ソリューション分野はソフトウェアツールとプラットフォームに、サービス分野はマネージドサービスとプロフェッショナルサービス(サポートとメンテナンス、コンサルティング、導入と統合)に区分されます。

リサーチレポートの全文はこちらをご覧ください。 https://www.sdki.jp/reports/natural-language-processing-nlp-market/62067

NLP市場を導入形態別に見ると、クラウドとオンプレミスに区分される。組織規模別では、NLP市場は大企業と中小企業(SME)に分類される。アプリケーション別のNLP市場は、機械翻訳、情報抽出、自動要約、質問応答、テキスト分類、センチメント分析、その他(スパム認識、言語検出)に分類されます。また、北米、欧州、アジア太平洋(APAC)、中南米、中東・アフリカ(MEA)の主要5地域に関して、NLP市場をカバーしています。

本レポートは、世界のNLP市場における市場リーダーや新規参入者にとって、以下のような点で参考になるものと思われます。

1. 本レポートは、市場を様々なサブセグメントに区分し、包括的に市場をカバーしています。市場全体とそのサブセグメントについて、最も近い近似の収益数字を提供しています。市場規模はさらに、垂直方向と地域ごとに分割されています。

2. 市場全体の成長を理解するのに役立ちます。また、主要な市場促進要因、阻害要因、課題、機会に関する情報を提供します。

3.ステークホルダーが競合他社をより良く理解し、市場でのポジションを強化するためのより多くの洞察を得るのに役立ちます。また、製品提供や事業戦略に基づいた主要プレイヤーのポジショニングを提示しています。

【お問い合わせ先】

宮津ひな
15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、
150-8512、東京
メール:sales@sdki.jp
Tel:+ 81 50 50509159

Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。