Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.

音響波センサーの市場シェア、サイズ、成長性、機会、2023-2033年までの予測

#マーケティング・リサーチ

音響波センサーの市場シェア、サイズ、成長性、機会、2023-2033年までの予測
音響波センサーの世界市場は2023年から2033年にかけて大幅な成長を遂げる

音響波センサ市場は、2023年から2033年の間にCAGR10.7%で成長し、2033年には8億6830万米ドルになると予測されています。音響波センサ市場の成長の主な原動力は、精度、広い感知温度範囲、高速応答速度、低コストなどの利点により、さまざまな垂直方向でSAWベースの温度センサが成長していることである。しかし、従来のアプリケーションでは、SAWベースのセンサが他のセンサに置き換わることが、市場の大きな課題となっています。

表面弾性波(SAW)センサは予測期間中に音響波センサ市場を支配する

SAWセンサは、2016年に音響波センサ市場で最大の規模を占めた。SAWセンサは、シンプルで頑丈なデバイスで、2つのパターン化された電極の間に圧電基板を配置し、音響波を導入して感知するものです。SAWセンサーは、温度、圧力、トルク、化学蒸気などのさまざまなパラメータに関連する波の周波数のあらゆる変化を感知するために使用されます。SAWセンサは、温度、圧力、湿度などの様々なパラメータを感知する能力を背景に、これらのセンサの需要が増加しているため、2023年までに音響波センサ市場で最大の規模を保持すると予想される。

サンプルPDFレポートのご請求はこちら https://www.sdki.jp/sample-request-108519

2033年までに共振器がデバイスベースの音響波センサ市場で主要なシェアを占める

共振器の市場は、2023年から2033年の間に最も高いCAGRで成長すると予想されています。SAWレゾネータは、水晶レゾネータと同様に可視化することができます。SAW共振器では、発生する音響波が圧電基板の一面に限定される。SAW共振器は、圧電基板の質量に依存しないため、高周波用途に適しています。また、共振器の発振周波数が高いため、設計コストの削減や簡素化が可能です。

APACの音響波センサ市場は予測期間中に最高のCAGRで成長すると予測される

APACの市場は、予測期間中に最も高いCAGRを示すと予想されます。アジア市場、特に日本、中国、インドの市場は、適応性と市場規模の点で、今後数年間、音響波センサ市場を支配する可能性がより高い。インドが現在APACで最大のシェアを占めているのは、食品・飲料や自動車など様々な垂直分野で音響波センサの採用が進んでいるためで、この地域の音響波センサ市場の成長に拍車をかけています。

本レポートの主要参加企業のプロファイルの内訳は以下の通りである。

- 企業タイプ別 Tier 1 = 45%, Tier 2 = 30%, Tier 3 = 25
- 役職別 役職別:C-Level Executive = 63%, 取締役 = 37
- 地域別 北米=33%、欧州=23%、APAC=32%、RoW=12

音響波センサー市場で事業を展開する主要企業は、Vectron International Inc.(米国)、Qualtre, Inc.(米国)、SENSeOR(フランス)、Sensor Technology Ltd. (米国)、NanoTemper, Inc. (米国)、NanoTemper Technologies GmbH(ドイツ)、Althen GmbH Mess- und Sensortechnik(ドイツ)、Transense Technologies plc(英国)、pro-micron GmbH & Co. KG(ドイツ)、H. Heinz Meßwiderstände GmbH(ドイツ)、Hawk Measurement Systems(オーストラリア)となっています。

調査対象範囲

この調査レポートは、音響波センサーの世界市場をタイプ、デバイス、センシングパラメータ、垂直方向、地域別に調査しています。タイプに基づく市場は、表面弾性波(SAW)センサーとバルク弾性波(BAW)センサーに区分されています。デバイスに基づく音響波センサー市場は、共振器と遅延線に分類されます。また、センシングパラメータに基づいて、市場は、温度、圧力、粘度、湿度、化学蒸気/ガス、湿度、トルク、質量、その他に分類されています。さらに、音響波センサー市場は、垂直軸に基づいて、軍事、自動車、産業、ヘルスケア、食品・飲料、環境、その他にセグメント化されています。また、北米、欧州、APAC、RoWの4つの主要地域で市場を区分しています。

リサーチレポートの全文はこちらをご覧ください。 https://www.sdki.jp/reports/acoustic-wave-sensor-market/108519

レポート購入の主なメリット

音響波センサー市場の全体像を把握するために、タイプ、デバイス、センシングパラメータ、垂直方向、地域に基づいた市場の図解的なセグメンテーション、分析、予測を実施しています。
音響波センサー市場の主な促進要因、阻害要因、機会、課題については、本レポートで詳しく説明しています。
主要プレイヤー、詳細な分析、主要プレイヤーの収益とともに、詳細な競争環境も含まれています。

【お問い合わせ先】

宮津ひな
15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、
150-8512、東京
メール:sales@sdki.jp
Tel:+ 81 50 50509159

Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。