Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.

アフェクティブコンピューティングの市場規模、成長性、機会、2023-2033年までの予測

#マーケティング・リサーチ

アフェクティブコンピューティングの市場規模、成長性、機会、2023-2033年までの予測
小売やヘルスケアの垂直分野での顧客との対話ソリューションにおける感情AI関連技術の展開や、ヘルスケアやエンターテインメントを目的とした仮想アシスタントの採用拡大が、感情コンピューティング市場全体の成長を後押ししています。

感情コンピューティングの世界市場規模は、2023年の222億米ドルから2033年には900億米ドルへと、予測期間中に32.3%のCAGRで成長すると予測されます。技術の進歩は、高度な電子機器の採用の増加とともに、予測期間中の市場の成長を刺激すると予測されます。セキュリティ目的で使用される音声起動型バイオメトリクスは、認証されたユーザーが取引を行う際のアクセスに役立つため、世界中で感情コンピューティングソリューションの利用が急増しています。

サンプルPDFレポートのご請求はこちら https://www.sdki.jp/sample-request-61964

コンポーネント別では、2023年にはソフトウェア分野がハードウェア分野よりも大きな市場規模を占めると予測されています。

顧客の行動や性格を把握するニーズの高まり、教育機関における効率的な学習ツールの提供に向けたソフトウェアプラットフォームの需要、医療緊急時の支援ツールの利用が急増していることなどが、ソフトウェアプロバイダーがaffective computingソフトウェアプラットフォームを提供することを後押しする主なドライバーとなっています。また、産業界における仮想化の進展やクラウドコンピューティングの採用も、各国におけるソフトウェアベースの感情コンピューティング・ソリューションの需要を促進しています。また、ソフトウェアのインストールは、ダイナミックな事業展開を行う企業や、新しいインフラストラクチャの導入に割り当てられる予算が限られている企業にも適しています。

感情コンピューティング市場の予測期間中、ソフトウェア別では、顔特徴抽出が他のどのソフトウェア分野よりも高い成長率を記録すると予想されます。

顔認識とは、生体認証ソフトウェアの一種で、デジタル画像とデータベースに保存されている画像を比較することにより、人間の顔をスキャン、保存、認識するために使用されるものです。顔認証の大きなメリットは、データベースに保存された画像と比較することで本人確認を行うことができるため、より高度なセキュリティが実現できることです。顔認証は、防衛関係者が犯罪者を特定するために使用したり、企業が従業員を特定し、企業リソースの不正利用を防止するために使用したりと、その用途が広がっています。

アジア太平洋地域の感情コンピューティング市場は、予測期間中に最も高い成長率を記録すると予想されます。

アジア太平洋地域は、新技術の導入が進んでおり、予測期間中に世界の感情コンピューティング市場で最も高いCAGRを記録すると予想されます。APACは、中国、インド、日本、オーストラリアなどの主要国で構成されており、感情コンピューティング産業で高い成長を記録することが期待されています。

ヘルスケア・ライフサイエンス、政府機関、IT・通信などの業種では、この地域で最も高い割合で感情コンピューティングソリューションが採用されると予想されます。APACに進出している企業は、柔軟な経済状況や政府の産業化推進政策、デジタル化の進展による恩恵を受けることができ、ビジネス界に大きな影響を与えることが予想されます。

- 企業タイプ別 Tier1:30%、Tier2:45%、Tier3:25%。
- 役職別 Cレベル:35%、Dレベル:35%、その他:30
- 地域別 地域別:北米45%、欧州25%、アジア太平洋25%、RoW5

affective computingソリューションを提供する主なベンダーには、Google(米国)、Microsoft(米国)、IBM(米国)、Apple(米国)、Qualcomm(米国)、Affectiva(米国)、Elliptic Labs(ノルウェー)、Eyesight Technologies(イスラエル)、Sony Depthsensing Solutions(ベルギー)などが挙げられます。Intel(米国)、Pyreos(英国)、Cognitec Systems(ドイツ)、Beyond Verbal(イスラエル)、GestureTek(カナダ)、SightCorp(オランダ)、CrowdEmotion(英国)、Kairos(米国)、nViso(スイス)、PointGrab(米国)、Eyeris(米国)、Numenta(米国)。感情コンピューティング市場の調査には、これらの主要な市場プレイヤーのプロフィール、最近の開発、主要な市場戦略とともに、詳細な競合分析が含まれています。

リサーチレポートの全文はこちらをご覧ください。https://www.sdki.jp/reports/affective-computing-market/61964

調査対象範囲

本調査は、感情コンピューティングの市場規模をセグメント別にカバーしています。技術、コンポーネント、ソフトウェア、ハードウェア、業種、地域など、さまざまなセグメントにおける市場規模および成長性の推定を目的としています。また、主要な市場プレイヤーの詳細な競合分析、会社概要、製品および事業内容に関する主な見解、最近の開発状況、主要な市場戦略についても記載しています。

レポート購入の主なメリット

本レポートは、感情コンピューティング市場全体とそのサブセグメントにおける収益数の最も近い近似値に関する情報を、市場リーダー/新規参入者に提供するものです。本レポートは、利害関係者が競争状況を理解し、自社のビジネスをより良く位置づけ、適切な市場参入戦略を計画するためのより多くの洞察を得るのに役立ちます。また、利害関係者が市場の鼓動を理解するのに役立ち、主要な市場促進要因、阻害要因、課題、機会に関する情報を提供します。

【お問い合わせ先】

宮津ひな
15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、
150-8512、東京
メール:sales@sdki.jp
Tel:+ 81 50 50509159

Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。