Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.

ファッションにおけるAI市場は2023年から2033年にかけて年平均成長率40.8%を想定している

#マーケティング・リサーチ

ファッションにおけるAI市場は2023年から2033年にかけて年平均成長率40.8%を想定している
パーソナライズされた体験を求める顧客の要望が、エンドユーザー全体のファッションにおけるAIの採用を促進する

MarketsandMarketsでは、ファッションにおけるAIの世界市場は、2023年の2億2800万米ドルから2033年には12億6000万米ドルへと、予測期間中に年平均成長率(CAGR)40.8%で成長すると予測しています。市場の主な成長要因としては、在庫管理のニーズの高まり、パーソナライズされた体験を求める顧客のニーズ、ファッション業界におけるソーシャルメディアの影響力の高まりなどが挙げられます。ただし、レガシーシステムとの統合が市場の成長を制限すると思われます。

ファッションデザイナーのエンドユーザーセグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長する

エンドユーザーに基づいて、ファッション市場のAIは、ファッションデザイナーとファッションストアに分けられる。ファッションストアは、オンラインとオフラインのブランドストアで構成される。人気のあるファッションデザイナーは、AIソリューションを使用して、人々や文化、その人間学的側面を深く理解し、新しいデザインを市場に送り出しています。

サンプルPDFレポートのご請求はこちら https://www.sdki.jp/sample-request-61907

さらに、AIシステムの助けを借りて、デザイナーは、現在のファッション傾向、色、パターン、スタイルに関するソーシャルメディアのトレンドゴシップを聞くことができ、市場の需要に応じて新しい製品を発売するのに役立ちます。AmazonやGlitchなどの企業は、現在のファッションデータを収集し、人間のデザインに近い新しいスタイリッシュな服をデザインできるAI搭載のソリューションを発表しています。FalguniやShane Peacockなどのデザイナーは、AIソリューションによってデザインされた最新コレクションを発表するために、AI搭載ソリューションを利用している。

クラウド導入モードが予測期間中に高い市場シェアを占める

企業はファッション業界におけるAIの重要性を徐々に認識し、在庫管理、デザイン、製造、販売・マーケティングなど、ニーズに応じた展開を始めている。中小企業の多くは、クラウド上で簡単に展開でき、構内のインフラを必要としないSDK、API、MLモデルを採用しています。使い勝手の良さと低コストのため、中小企業はオンプレミスと比較してクラウド展開に移行しています。

アジア太平洋地域(APAC)のファッション分野におけるAIは、予測期間中に最も高いCAGRで成長する。

APAC市場の高成長は、大きな成長の可能性、ソーシャルメディア導入の増加、グローバルな競争力を維持する必要性の高まりによるデジタル化の進展に起因しています。さらに、APAC諸国が3Gや4Gなどの新興技術に傾斜していることも、ファッション市場におけるAIの成長を促進すると予想されます。しかし、技術的な認知度の低さ、プライバシーの問題、高度な技術に関する限られた技術的専門知識は、地域全体でファッションにおけるAI導入の重要なハードルとして残っています。クラウドベースのファッションにおけるAIは、統合の複雑さと導入コストを最小限に抑えることで、これらの国々に最適なソリューションを提示します。

ファッションにおけるAI市場で事業を展開する様々な主要企業や組織の最高経営責任者(CEO)、最高技術責任者(CTO)、最高執行責任者(COO)、副社長(VP)、常務取締役(MD)、技術・イノベーションディレクター、関連主要幹部に対して詳細なインタビューを実施した。

企業別 - ティア1~27%、ティア2~42%、ティア3~31%。
役職別 - Cレベル-45%、ディレクターレベル-41%、その他-14
地域別:北米-31%、欧州-36%、APAC-19%、MEA-8%、中南米-6

ファッションにおけるAI市場は、マイクロソフト(米国)、IBM(米国)、Google(米国)、AWS(米国)、SAP(ドイツ)、Facebook(米国)、Adobe(米国)、Oracle(米国)、Catchoom(スペイン)、Huawei(中国)、Vue.AI(米国)などの大手ソリューションプロバイダで構成されています。 ai(米国)、Heuritech(フランス)、Wide Eyes(スペイン)、FINDMINE(米国)、Intelistyle(英国)、Lily AI(米国)、Pttrns.ai(オランダ)、Syte(イスラエル)、mode.ai(米国)、Stitch Fix(米国)である。本調査では、ファッションにおけるAI市場におけるこれらの主要企業の会社概要、最近の開発状況、主要な市場戦略など、詳細な競合分析を行っている。

リサーチレポートの全文はこちらをご覧ください。 https://www.sdki.jp/reports/ai-in-fashion-market/61907

調査対象範囲

ファッションにおけるAI市場の収益は、主にソリューションとサービスからの収益に分類される。ソリューションの収益はプラットフォームとソフトウェアツールに関連し、サービスの収益はトレーニングとコンサルティングのシステム統合とテスト、サポートと保守サービスに関連する。また、市場はコンポーネント、展開モード、アプリケーション、カテゴリー、エンドユーザー、地域に基づいて区分されています。

本レポートの主な利点

本レポートは、市場のリーダー/新規参入者が、ファッション市場全体とサブセグメントにおけるAIに関する収益数の最も近い近似値に関する情報を得るのに役立つであろう。本レポートは、利害関係者が競争環境を理解し、自社のビジネスをより良く位置づけ、適切な市場参入戦略を計画するための洞察を得るのに役立つであろう。また、当レポートは、利害関係者が市場の鼓動を理解するのに役立ち、主要な市場促進要因、阻害要因、課題、機会に関する情報を提供します。

【お問い合わせ先】

宮津ひな
15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、
150-8512、東京
メール:sales@sdki.jp
Tel:+ 81 50 50509159

Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。