オーティコン補聴器、高度・重度難聴者向けパワー型補聴器シリーズ「オーティコン エクシード」新登場

オーティコン補聴器

投稿日:2020年1月7日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 医療 ]

オーティコン補聴器、高度・重度難聴者向けパワー型補聴器シリーズ「オーティコン エクシード」新登場

110余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント:木下 聡、以下オーティコン)は、高い出力の補聴器を必要とする成人ユーザー向けの高度・重度難聴用のパワー型補聴器「オーティコン エクシード(Oticon Xceed、以下エクシード)」を2020年1月22日(水)より全国のオーティコン補聴器取り扱い専門店、眼鏡店、百貨店にて販売を開始いたします。

一般に補聴器ユーザーにとって、最も聞き取りが難しい状況は「騒音下の聞こえ」だと言われています。これまでの補聴器は、騒がしい場所においてはユーザーの正面のみに焦点を当て、周囲の声や音は大きく抑制するという、指向性技術が使われていました。オーティコン補聴器は2016年に「オーティコン オープン」を発売、「脳」が音を理解する働きに注目し、「脳」から「聞こえ」を考える、”ブレインヒアリング”の考え方に基づき、独自開発の高速チップとオープンサウンドナビゲーター機能※1を開発しました。それにより周囲360°の音を超高速で分析、声と騒音のバランスを整えつつ360°の開かれた音をユーザーに届けます。従来の指向性技術から脱却した「オーティコン オープン」は発売から2年足らずで世界累計販売台数200万台を突破し(2019年1月末時点)多くの補聴器ユーザーにより自然な聞こえを提供してきました。 このたび、この先進的な技術がパワー型補聴器、エクシードにも採用されたことで、最新のプラットフォームを搭載した軽度から重度までのあらゆる難聴をカバーする全製品ラインが出揃い、ユーザーのニーズに合わせた幅広い選択肢を提供することが可能となりました。

業界をリードする最大出力音圧142dB SPL、最大音響利得83 dB
エクシードは、業界をリードするパワーを誇る最大出力音圧142dB SPL、最大音響利得83 dBを有します。※2「オープンサウドナビゲーター」の搭載※1により、にぎやかな環境でも聞こえの妨げとなる騒音を高速で抑制しつつ、あらゆる方向からの複数の話者の会話を充分な出力で届けます。また一般的にパワー型補聴器特有の大きな利得は、ハウリングのリスクを非常に高めます。これまではハウリング抑制機能の技術的な限界から、不快なハウリングを抑えるために、日常生活の様々な場面で高度・重度難聴者に必要な利得までもが大きく制限されてしまうことがありましたが、エクシードの先進的かつ独自のアプローチによるハウリング抑制システム「オープンサウンドプティマイザー」によって、必要な利得を大きく抑制することなく、ハウリングを予防します。※3

ことばの明瞭性を10%向上、疲れやすさを10%削減、短期記憶の想起を15%向上
エクシードは、パワー型補聴器ユーザーに開かれた聞こえを届けることで、騒がしい環境においても聞くことの負荷を軽減し、多くの音声にアクセスできることが証明された初めての補聴器です。1日を通して360°からの音声をユーザーに届け、補聴器の利得を大きく損なうことなく、常に安定した音を提供します。第三機関の研究により、エクシードが会話の明瞭性を10%改善、さらに聞く努力を10%軽減するというプラスの効果を与え、会話を想起する短期記憶が15%向上したことが報告されています。※4

オーティコンのさまざまな成果から創出されたパワー型補聴器、エクシード
●オーティコン史上最も進化したパワフルなべロックスSプラットフォーム搭載
●騒がしい環境でも、360°からの音声をユーザーへ届ける。※1
●最大6dBより多く安定した利得が提供できることで、最大20%多くの言葉の手がかりを脳へ届けることができる。※5
●日常生活において頻繁に発生する利得(補聴器の音量)の減少を防ぎながらハウリングを抑え、1日を通して安定した音を提供する。
●非常に聞き取りが難しい場面に直面するほどに、より多くの不快なノイズを除去し、ことばとことばの間にあるノイズを抑える。最大で11dB S/N比を改善し、よりクリアな音信号を届ける。※6
●2.4 GHzブルートゥース省エネルギーを採用。テレビやFMシステム、スマートフォンなどの外部機器から両耳へ高品質のストリーミングを実現し、日常生活をより快適にする。
●Made for iPhone®補聴器としてiPhone®などとの直接接続が可能、コネクトクリップ(オプション)の併用で、補聴器をワイヤレスヘッドセットに変換し、音楽や通話の音質を向上させることが可能。

オーティコン補聴器のプレジデント木下 聡は次のように述べています。
「エクシードの登場により、軽度から高度・重度難聴に至るすべての聞こえに悩む人々に向け360°の聞こえをお届けできるようになりました。また、補聴器を手放すことのできないパートナーとされているパワーユーザーの方々に、オーティコン史上最もパワフルな補聴器をお届けできることを嬉しく思います。エクシード及び、同日に発売される小児用パワー補聴器、エクシードプレイの2つのパワー製品シリーズにより、補聴器専門家の方々に向け105から新たに120までのフィッティングレベルをそろえたパワー製品シリーズが揃います。長らくお客様からご要望をいただいていた675電池を搭載したウルトラパワー補聴器を含む、先進テクノロジーを備えた包括的な製品群を、ユーザーの皆様へお届けし、皆様のQOL向上のお手伝いができたら幸いです」

▼オーティコン エクシード  製品概要
スタイル:全2種類
耳かけ型スーパーパワー、耳かけ型ウルトラパワー 
カラーバリエーション:ヘアカラーを中心とした目立ちにくい、全7色
適合範囲:高度・重度難聴
付帯情報: IP68※7
国内保証※8: :エクシード1(3年間)
エクシード2、3 (2年間)
国際保証※9 : エクシード1、2、3 (共通1年間)
製品価格:オープン価格(補聴器は非課税)


※1 エクシード3を除く
※2 2ccカプラー値
※3 フィッティング処方に基づく最適な調整がなされた場合
※4  Ng 2019. Oticon Whitepaper
※5 フィッティング処方に基づく最適な調整がなされた場合。Ng&Rumley 2019, Oticon Whitepaper
※6  Ng&Rumley 2019, Oticon Whitepaper
※7 オーティコンデンマーク本社において、第三者検査機関による認証取得。
※8 購入日から2年以内に通常の使用で生じた自然故障に関し、無料修理を保証します。
※9 日本国外でも保証条件を満たしたものは、無料修理が可能です。(購入日より1年間)

▼「Oticon Xceed Play(オーティコン エクシード製品カタログ(PDF)掲載サイト
https://www.oticon.co.jp/aboutus/info/2020/20200107-02

▼本リリース掲載サイト  https://www.oticon.co.jp/~/media/Files/products/Xceed_small_catalogue.ashx

▼オーティコン補聴器取扱店  https://pkg.navitime.co.jp/oticon/

■オーティコン補聴器について
補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・デマントにより1904 年にデンマークに創設されました。オーティコンは世界で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、デマントグループの傘下にあります。オーティコン補聴器は1973年より日本市場における製品の製造・販売を行っています( https://www.oticon.co.jp )。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるまい、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オーティコンは先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器を開発し、業界のパイオニアとして革新的な技術を難聴者とともに開拓してきました。1977年には先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究するエリクスホルム研究所(デンマーク)を設立、世界中から参集した様々な分野の科学者と1,000人以上のテストユーザーと共に、将来の補聴器開発に取り組んでいます。オーティコンは世界各国で補聴器をはじめ、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。 

お問い合わせ先

オーティコン補聴器(PR:木下、プロダクトマーケティング:箕輪・渋谷)
TEL:044-543-0615 FAX:044-543-0616 E-mail:info@oticon.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する