真冬の節電大作戦2020を開催 Looopでんきが節電を楽しく!節電分をAmazonギフト券で還元

株式会社Looop

投稿日:2020年1月7日

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ]

株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長 CEO:中村 創一郎、以下 Looop)は、昨年から実施しております節電大作戦を、今冬も家庭向け電力小売事業・Looopでんきにて「真冬の節電大作戦2020」として実施いたします。
「真冬の節電大作戦2020」の実施概要としましては、前日に参加者に対して節電タイムの通知を行い、節電タイムにおける節電量に応じてAmazon ギフト券をプレゼントするというスタイルとなります。これまでと同様に、一人でも多くのお客様が節電に興味・関心を持っていただき、自ら節電のための行動を起こすきっかけとなることを目的としています。
本キャンペーンはAmazonギフト券が当たるキャンペーンです。
快適かつお得に電気をご使用いただける取り組みとなっておりますので、ぜひご参加ください。

<キャンペーン概要>
Looopでんきご利用者で、且つ、キャンペーンへの参加をご希望されたお客様を対象に実施いたします。電気の需要が高まる日に節電タイムとスーパー節電タイムを設け、それぞれの時間帯での節電量をAmazon ギフト券にて還元いたします。節電タイムについては、前日に参加者の方々にメールでお知らせします。節電タイムを意識して1日を過ごしていただくことで、電気の使い方を見直し、節電という行為にメリットを感じていただける仕組みとなっております。

<お申込期間>
2020年1月7日(火)~2020年1月17日(金)まで

<対象エリア>
Looopでんきが提供する全エリア

<対象プラン>
おうちプラン、ビジネスプラン、動力プラン

<キャンペーン期間>
2020年1月23日(木)~2月29日(土)

<計算方法>
節電タイム 節電使用量1kWhあたり5点
スーパー節電タイム 節電使用量1kWhあたり10点
※節電使用量を算出するベースラインは直前10日間(平日の場合。土日祝日の場合は6日間)の同時刻から算出された使用量平均とします
※当日の節電タイム・スーパー節電タイムは前日にメールで通知いたします

<キャンペーンURL>
https://looop-denki.com/low-v/dr-winter/

【会社概要】
<株式会社Looop>
当社は、2011年3月に東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市・気仙沼市へ中村創一郎(現 代表取締役)が赴き、複数の施設へ独立型ソーラー発電セットの無償設置を実施したことがきっかけとなり、設立した会社です。
主に4つの事業でビジネス展開しております。
【太陽光発電システム事業】
「自分でもつくれる」をコンセプトに太陽光発電システム(MY発電所キット®)を日本全国で販売。2011年の販売開始以来、2,000件を超える(2019年11月末時点)実績(2015グッドデザイン賞受賞)
【電源開発事業】
創業期から自社発電所開発を積極的に推進。地域社会と共に再生可能エネルギーの最大普及に取り組み、低炭素社会の実現を目指します。
【電力小売事業】
2015年7月の事業開始から、高圧電力は、沖縄、離島を除く日本全国で約300,000kWのお客様と契約(2019年10月末時点)。低圧電灯は2019年10月末時点で186,000件以上の契約を獲得。
【スマートライフ事業】
2017年4月に蓄電池事業部を新設。家庭用蓄電池に加え、産業用蓄電池の開発販売を開始。
2018年4月より、住宅用ソーラー事業を統合して、住宅用エネルギーマネジメントのトータルサービスを提供。スマートライフの実現を目指します。


商号   : 株式会社Looop
代表者  : 代表取締役社長 CEO中村 創一郎
所在地  : 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目24番6号
          上野フロンティアタワー22階(受付15階)
設立   : 2011年4月
事業内容 : ●太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
          ●自社太陽光発電所の設置・管理
          ●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
          ●電力小売事業
          ●電力小売事業に関わる各種業務委託業
          ●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金  : 2,251百万円(資本準備金1,930百万円)※2019年3月末現在
URL   : https://looop.co.jp、https://looop-denki.com

お問い合わせ先

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社Looop マーケティング部 担当:芳川 Tel:03-5846-2315

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する