オーティコン補聴器、先進チップ、べロックスプラットフォーム搭載のシリーズを拡大!

オーティコン補聴器

投稿日:2019年8月26日

サービス分野: [ 医療 ] [ 福祉・少子高齢化 ] [ その他(精密機器、医療機器) ]

オーティコン補聴器、先進チップ、べロックスプラットフォーム搭載のシリーズを拡大!

110余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント:木下 聡、以下オーティコン)は2018年10月に発売し、ご好評いただいているエッセンシャルカテゴリーの補聴器、「Oticon Siya(オーティコン シヤ)以下、シヤ」シリーズ(現行「Siya1(シヤ1)」のみ)に新たに基本機能に特化した「Siya2(シヤ2)」を追加し、2019年8月27日より全国のオーティコン補聴器取り扱い専門店、眼鏡店、百貨店にて販売を開始致します。ユーザーの皆様の選択肢が広がり、皆様のニーズや用途にあわせて既存製品のシヤ1とシヤ2、2つのクラスからご選択いただけます。

オーティコン シヤ2は、先行で発売されているシヤ1と同様に、耳の後ろにかけるタイプの耳かけ型4種類(ミニRITE、ミニRITE T、耳かけ型、耳かけ型プラスパワー)、及び耳あな型5種類(IIC、CIC、カナル、ハーフ、フル)のフルラインアップで展開します。

シヤは騒がしい環境下の聞こえにおいては、指向性に基づく処理技術を採用しています。しかしながら、価格を抑えたエッセンシャルカテゴリーにおいて、補聴器業界で初となる画期的な技術や機能が搭載され、ユーザーの聞こえをサポートしています。例えば、より複雑な環境での音の処理を可能にする先進の11コアチップ、「べロックス」を補聴器の心臓部に採用。前世代のチップと比較し50倍の速さ※2で音を処理します。また同じくエッセンシャルカテゴリーでは初となる、2.4GHz低エネルギーブルートゥースを搭載し、ステレオサウンドでのワイヤレス外部機器接続を可能※3とする補聴器です。
このように、オーティコンの同カテゴリーの製品では搭載が難しかった機能も提供され、エッセンシャルカテゴリーにおいて飛躍的な進歩となる製品シリーズです。

主な機能は下記のとおりです。
●環境適応型マルチバンド指向性LX:
素早くかつ滑らかにいろいろな音環境の変化に適応します。処理能力の速さにより、騒音を瞬時に抑制します。にぎやかな場所でのより明澄な会話の聞き取りなど、常に快適な聴取体験を実現します。
●ウインドノイズマネジメント:
ゴルフなどの屋外でのスポーツ時や風が吹く日の補聴器の聞こえで気になるのが風切り音。風音を抑えて会話の聞き取りを向上させます。(一部機種を除く)
●ハウリングシールドLX:
帽子をかぶる際などに気になるキーンという不快なハウリングも素早く、効果的に抑制して聞こえを守ります。
●【専門家向け】耳鳴りサウドサポート:
耳鳴りに悩む患者の方々ためにブロードバンドサウンドやネイチャーサウンドによる耳鳴り緩和音を届ける機能です。耳鼻科医のアドバイスに基づき調整する機能です。


また、シヤはさまざまなデジタル機器とワイヤレス通信機能※3を備えています。
● TVの音声を直接補聴器へ:シヤとTVアダプター(別売り)の併用で、TVの音を直接補聴器へと届けます(最長距離15mまで)。
● iPhone®との直接接続が可能:シヤは、Made for iPhone®補聴器でありiPhoneと直接接続することができ、補聴器が両耳でワイヤレスヘッドセットとして機能します。またiPhoneをリモコンとしても利用可能です。
● 専用アプリ、Oticon ON :オーティコン ONアプリによってiPhone®やAndroidTM搭載のスマートフォンで補聴器の簡単操作が可能。音量やプログラムの変更、GPSを介した「補聴器を探す」機能、電池残量通知など様々な機能を利用いただけます。

Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPad、iPod touch、AppleWatchは、米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
Android、Google Play、Google Playのロゴは、GoogleLLCの商標または登録商標です。

■Otion Siya(オーティコン シヤ)全製品のご紹介
▼Oticon Siya1、2(オーティコン シヤ1、シヤ2)の耳かけ型スタイル概要
製品スタイル名:耳かけ型:ミニRITE、ミニRITE-T、耳かけ型、耳かけ型プラスパワー
適合範囲: 軽度~高度・重度難聴(105dBHLまで) 上記リスト参照のこと
使用電池: 312(ミニRITE/ミニRITE-T)13(耳かけ型/耳掛け型プラスパワー)
カラー:ベージュ、コッパー・ブラウン、ダイアモンド・ブラック、ダーク・グレー、ライト・グレー全5色

▼Oticon Siya1、2(オーティコン シヤ1、シヤ2)5つの耳あな型スタイルの概要
製品スタイル名:耳あな型: IIC、CIC、カナル、ハーフ、フル、
適合範囲: 軽度~高度・重度難聴(100dBHLまで) 上記リスト参照のこと
使用電池: 10A、312、312/13
フェースプレートカラー:ベージュ、ブラック(IICのみ)全2色
シェルカラー*4:    ベージュ(基本)、ブルー、レッド、クリア

▼オーティコン シヤシリーズ共通仕様、その他発売に関する情報
発売価格: オープン価格(補聴器本体は非課税)
防塵・防水性(耳かけ型、耳あな型全共通):日常防水仕様(国際保護等級IP68取得)
保証期間: ■国内保証*5: シヤ1、シヤ2ともに購入日より2年間
■国際保証*6: シヤ1、シヤ2ともに購入日より1年間
発売日: 2019年8月27日(X)

▼オーティコン補聴器製品に関する資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-113321 営業時間9:30~17:30(土、日、祝日を除く)

▼「Oticon Siya(オーティコン シヤ)」製品サイト
https://www.oticon.co.jp/solutions/main/Siya

▼本リリース掲載サイト
https://www.oticon.co.jp/aboutus/info/2019/20190826

▼オーティコン補聴器取扱店
https://pkg.navitime.co.jp/oticon/

▼オーティコン補聴器製品に関する資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-113321
営業時間:9:30~17:30(土、日、祝日を除く)

*1 プレミアムからスタンダード(オープン1、2、3)のカテゴリーに続くお求めやすさに特化した価格帯製品
*2 当社イニウムセンスプラットフォームとの比較
*3 2.4GHzブルートゥースを搭載したワイヤレス接続器種。IIC、CIC、カナル及びノンワイヤレスの耳あな型を除く
*4 カラー選択オプション可:カラー選択時は左がブルー、右がレッドとなります。
*5、6 お買い上げ日から保証期間内に通常のご使用で生じた自然故障に関し、無料修理を保証します。


■オーティコン補聴器について
補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・デマントにより1904 年にデンマークに創設されました。オーティコンは世界で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、デマントグループの傘下にあります。その日本法人としてオーティコン補聴器は1973年より日本市場における製品の製造・販売を行っています( https://www.oticon.co.jp )。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるまい、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オーティコンは先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器を開発し、業界のパイオニアとして革新的な技術を難聴者とともに開拓してきました。1977年には先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究するエリクスホルム研究所(デンマーク)を設立、世界中から参集した様々な分野の科学者と1,000人以上のテストユーザーと共に、将来の補聴器開発に取り組んでいます。オーティコンは世界各国で補聴器をはじめ、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。 

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
オーティコン補聴器 プロダクトマーケティング部(箕輪)、ソリューションマーケティング部(PR:木下)
TEL:044-543-0615 FAX:044-543-0616 E-mail:info@oticon.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する