LINE BOTを活用した刑事事件カンタンお悩み診断 ~ 弁護士への相談 心理的ハードルを低く

サービス分野: [ その他(弁護士・法律事務所) ]

LINE BOTを活用した刑事事件カンタンお悩み診断 ~ 弁護士への相談 心理的ハードルを低く

「すべての依頼者に最良のサービスを。」を理念とする弁護士法人法律事務所オーセンス(住所:東京都港区 代表弁護士:元榮 太一郎(もとえ たいちろう)、以下 オーセンス)は、LINE BOT(ライン ボット)を活用したお悩み診断サービスを刑事事件分野において、7月19日(金)追加開始します。

オーセンスは、LINE BOT(ライン ボット)を活用したお悩み診断サービスを2019年3月、離婚分野で先行開始し、5月には交通事故分野にも拡大、このたび刑事事件分野においてサービスを追加開始しました。

弁護士に相談すべきか悩まれている方が、LINE上で簡単な質問に答えるだけで、弁護士に直接相談する前に、ご自身の状況を手軽に診断することができます。これにより、「弁護士へ相談すべきかどうか」のお悩みが解決し、また実際に問い合わせる際の心理的な負担が軽減され、弁護士相談へのハードルが下がることが期待できます。

すでにサービス提供を開始している離婚分野、交通事故分野では、大変多くの方にご利用いただいており、年間1000件を超える※ 刑事事件分野においても、お役に立てるものと考えています。
オーセンスでは、弁護士へのご相談は、人生における大きな決断に伴うことも多いと考えています。だからこそ、弁護士を身近に感じていただき、すべてのご依頼者様に最良のサービスを提供すべく、これからも日々進化し続けていきます。
今後はさらに、残業代請求などの労働問題、遺産相続など、オーセンスが取り扱う分野へと随時拡大していきます。

※2018年 刑事事件分野 問い合わせ実績


■サービス概要
LINE BOTによるお悩み診断は、LINE上で簡単な質問に答えるだけで、弁護士に相談すべきかを自己診断できます。ご利用時には、スマートフォンとLINEアカウント、オーセンスのLINEアカウントへの友だち追加が必要です。利用は何度でも無料で名前や住所の登録は不要です。

<使い方>
① スマートフォンから、オーセンスの犯罪被害サイト( https://crimevictim.authense.jp/ )、または刑事事件サイト( https://keiji.authense.jp/ )にアクセスし、「LINEでお悩み診断」ボタンから「友だち追加」します。パソコンの場合は、ウェブサイト左下に表示されるQRコードをスマートフォンのカメラで読み取り、「友だち追加」します。
② 「お悩み診断」ボタンをタップします。
③ 【診断開始】をタップし、画面に従い、簡単な質問に回答します。
④ 診断結果が表示されます。診断結果によっては弁護士相談をご検討ください。



ー 弁護士法人法律事務所オーセンス ー

【概要】
法人名称   弁護士法人法律事務所オーセンス
所属弁護士会 第二東京弁護士会
設立     2005年1月15日
代表弁護士  元榮 太一郎(もとえ たいちろう)(第二東京弁護士会)
所在地    〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
TEL      03-3585-2666(代表)
FAX      03-3585-2667(代表)
オフィス   六本木・東京・新宿・北千住・横浜・千葉
ホームページ https://www.authense.jp/


【沿革】
2005.01.  東京都目黒区青葉台にて元榮法律事務所 開設
2005.07.  代表弁護士が オーセンスグループ株式会社(現 弁護士ドットコム株式会社) 設立
2006.08.  東京都港区麻布台に事務所 移転/法律事務所オーセンスに改称
2009.05.  東京都港区六本木一丁目に事務所 移転
2010.12.  東京都港区六本木四丁目に事務所 移転
2013.04.  弁護士法人化
2013.05.  横浜オフィス 開設
2014.04.  北千住オフィス 開設
2014.12.  弁護士ドットコム株式会社が 東京証券取引所マザーズ市場へ上場
2016.09.  新宿オフィス 開設
2017.09.  千葉オフィス 開設
2018.04.  東京オフィス 開設
2019.06.  新宿オフィス 移転

お問い合わせ先

弁護士法人法律事務所オーセンス 広報事務局
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788  E-mail:pr@netamoto.co.jp
担当:橋本(携帯:080-9874-4856)

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する