旅館業付き物件再生サポート『お宿アシスト』 収益物件を取り扱う企業様向けにサービス提供開始

ハウスバード株式会社

投稿日:2019年7月17日

サービス分野: [ コンサルティング ] [ その他(旅館業付き物件再生サポート) ]

旅館業付き物件再生サポート『お宿アシスト』 収益物件を取り扱う企業様向けにサービス提供開始

ハウスバード株式会社(本社:東京都中央区日本橋人形町2-20―6 代表取締役:浅見清夏)は、旅館業取得可能な物件選定から空き家再生、旅館運営までを一気通貫でサポートする旅館業付き物件再生サポート『お宿アシスト』を、2019年7月12日(金)より、収益物件を取り扱う企業様向けに提供開始しますので、お知らせします。


【サービス提供開始の背景】
今まで当社の顧客は、投資家様や物件を自己所有されているお客様でしたが、全国各地の空き家問題やインバウンド増加による宿泊施設不足という外部要因、投資用不動産売買の活況、人手不足によるアウトソーシング需要などの内部要因で収益物件を取り扱う企業様から、弊社の一気通貫サポートをお問合わせいただくことが多くなりました。その中で個人オーナー様とは違うニーズがあることがわかり、既存サービスをスリム化して企業様のニーズにお応えする本サービスを開発しました。


【サービス概要】
旅館業取得可能な物件選定からデザイン・施工・運営支援・トラブル処理等を一気通貫して、旅館づくりをサポートします。

(1)マーケティング
■物件調査 / ■投資分析 / ■コンセプトづくり
旅館業を取得できる物件かを調査し、投資分析の実施、出店エリアや利回りの提案をしたのちに宿泊ニーズの高い旅館のデザインやブランドコンセプトを提案します。

(2)旅館開設準備
■地域との調和 / ■設計・施工 / ■旅館業認可取得
旅館開設にあたり、地域住民への説明や交渉をします。
また、お好みのデザイナーを選択いただいた上で設計・施工を実施します。
各種行政への許可取得作業も行います。

(3)旅館運営サポート
■オープン準備 / ■予約対応
実際に旅館として開業できるよう、インテリアの選定やサービス設計、旅行サイトへの登録を行います。
予約が入ったら宿泊客対応や清掃代行、駆け付けも対応。


【『お宿アシスト』のポイント】

① 一気通貫のサポート
 物件開拓から投資分析・コンセプト作り・デザイン・施工・地域調和・認可取得・旅館運営など、一気通貫で行うことによって、効率性を上げスピード感をもつことで余分なコストを発生させず、収益性の高い旅館づくりが可能となります。

② 幅広いデザイン提案
 当社には幅広い経験を持った建築士が在籍しております。宿泊客にとって居心地の良い空間をデザインし、旅館として魅力的な物件に蘇らせて、利回りの高い収益物件になるようご提案します。

③ 旅館運営サポート
 地域との調整を図り、皆が尊重し合い、調和した運営のサポートをします。

■お客様の声はこちら https://housebirdjapans.com/kominkalp


【サービスについてのお問合せ先】
ハウスバード株式会社
Tel : 03-6661-6025
お問合わせフォーム https://housebirdjapans.com/contact


【ハウスバード株式会社について】
私たちの事業内容は、セカンドハウス・ゲストハウス・別荘などをプロデュースすることです。不動産選定から旅館業免許取得、リノベーション、ゲストハウスのブランディングにより建物を価値ある状態に蘇らせ、さらに宿泊需要のマーケティング、ゲストハウス運営まで業務は多岐にわたります。 首都圏だけでなくリゾート地や地方にもセカンドハウス・ゲストハウスを展開・プロデュースしていくというビジネスは、今後、日本各地に流れると予想されるインバウンドにより宿泊施設が不足する問題と、全国の空き家問題、そして高齢化に伴う地域の過疎化・地方創生のすべてを解決していけるソリューションであると考えております。

・会社名 ハウスバード株式会社 (英語表記:Housebird Co.,Ltd.)
・設立年月日 2016年9月5日
・本社所在地 東京都中央区日本橋人形町2-20―6 KMビル401
・代表者名 代表取締役 浅見清夏
・事業内容 旅館/ホテルの開業支援コンサルティング
・公式web https://housebirdjapans.com/

お問い合わせ先

ハウスバード株式会社 
広報担当:青木  
Email : pr@housebirdjapan.com
Tel : 03-6661-6025

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する