プレスリリース

製造業に従事する男性の19%が高ストレス者 ストレスチェックの回答結果から業種別ストレス平均値を算出

株式会社情報基盤開発

投稿日:2018年5月9日

サービス分野: [ 医療 ] [ 教育・人材 ] [ その他(企業労務) ]

製造業に従事する男性の19%が高ストレス者 ストレスチェックの回答結果から業種別ストレス平均値を算出

事業者様ごとに男性と女性のデータを分けて、高ストレス者の割合・総合健康リスク・各種ストレス尺度の平均値を求めました。その後、業種別の平均値を算出しました。以下に結果の要旨を示します。

本分析の結果、同業種内で比較すると、全体的に女性よりも男性の方が高ストレス者の割合及び総合健康リスクが高い傾向にあることが分かりました。この結果から、事業者において男性の方が高負荷の業務にあたるケースが多いのではないかと推測されます。また、E.製造業の従事者については、男女共に高ストレス者の割合及び総合健康リスクが高く出ています。

さらに、業種別に見ていくと、男性の高ストレス者の割合が15%以上を占めたのは、E.製造業、I.卸売業,小売業、J.金融業・保険業、K.不動産業・物品賃貸業、M.宿泊業,飲食サービス業、R.サービス業(他に分類されないもの)、S.公務(他に分類されるものを除く)です。
一方で、女性については、高ストレス者の割合が15%を超える業種はありませんでした。比較的高ストレス者の割合が高い業種は、F.電気・ガス・熱供給・水道業、E.製造業、P83.医療業です。特に、F.電気・ ガス・熱供給・水道業、E.製造業については、総合健康リスクも共に高い数値が出ています。

総合健康リスクについては、ほとんどの業種で全国平均の100を下回る低めの数値が出ています。しかし、健康問題が発生するリスクが全国平均より10%高いと推定される業種(全国平均100を10上回っている業種)もいくつか見られます。男性で総合健康リスクが110を超えたのは、A.農業・林業、B.漁業、D.建設業、E.製造業です。女性では総合健康リスクが110を超えた業種は見られませんでしたが、F.電気・ガス・熱供給・水道業、E.製造業、Q.複合サービス事業では、比較的高い数値が出ています。

全体を通して見ると、「高ストレス者の割合が高いにも関わらず総合健康リスクは低い」という、通常とは逆の関係性が生じた業種もいくつか見られました。今後、高ストレス者の定義づけや総合健康リスクの算出について、再検討していく必要があると思われます。

お問い合わせ先

株式会社情報基盤開発 広報部
Tel:0120-922-552
E-mail:pr@altpaper.net
URL:http://www.altpaper.net/
〒113-0033東京都文京区本郷2-27-18 本郷BNビル5階

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索