AI(人工知能)によるドル円トレンド判定・精度70%達成!

学びing株式会社

投稿日:2016年4月21日

サービス分野: [ 生活関連技術 ] [ IT技術 ] [ その他(金融) ]

~FX専用プッシュ配信・4/19無料テスター募集開始~

『有報教育研究所』運営の学びing(株)は、2016年4月19日より、『市場未来予測AI・巫(かんなぎ)』の実証実験第4フェーズを開始し、無料テスターの募集をスタートしました。

2016年1月19日から始めた実証実験の第4弾では、巫が2時間ごとにドル円のトレンドを定点観測し、トレンド判定をメールでプッシュ配信します。(2016年4月19日時点におけるトレンド判定の精度は75%です。)

このトレンドの方向を手掛かりに、例えば、外国為替証拠金取引(FX)の売買に活用できます。
 
以下のページで、トレンド判定の結果の詳細を確認することができます。
http://manabing.com/fintech/fintech_ping_8_hour_win_loss_sheet_usdjpy_2016-04-19-12-00-07.html
 
巫のトレンド判定は、「上昇トレンド」「下落トレンド」「方向感なし」の3種類です。
トレンド判定が「上昇トレンド」であれば、少し下げたところでドル円を押し目買い、「下落トレンド」であれば、
少し反発したところでドル円を戻り売りをすればよい、という意味となります。

そして、トレンドが「上昇トレンド」または「下落トレンド」から「方向感なし」に切り替わったら、
そこで保有するポジションを閉じた方がよいという意味になります。
 
なかでも最大の特徴は、「方向感なし」の判定をすることにあります。
「休むも相場」という格言のとおり、相場の先行きが不透明で、トレード結果が不確定になることを警告します。
投資家は、不要なリスクを回避することができるようになります。
 
【配信される文面例】
「現在の判断:方向感なし 現在は、方向感がないとAIは判断しています。
様子を見るべきでしょう。空売りも、買いも仕掛けないほうが安全かもしれません。」
 
■プッシュ配信の受信方法
 無料テスターにお申し込みいただくと、ご指定のメールアドレスに対して、ドル円のトレンド判定を配信いたします。
 ※メールアドレスを登録するだけで、無料テスターとしてご参加いただけます。
 
詳細や、無料実証実験参加ご希望の方は、以下よりお申込みください。

■詳細・お申し込み→ http://manabing.com/fintech/fintech-blog/pointtrack.html

※この実証実験の期間は1カ月間をめどにしております。終了する際には、1週間前にご連絡します。

【学びing株式会社について】
・AI(人工知能)による資産アドバイスサービスや、有価証券報告書のXBRLを活用した
投資教育等のフィンテックサービス
・有報(有価証券報告書)教育研究所の運営 ( http://manabing.com/
・機械学習や自然言語処理技術を使ったデータの分析やシステム提供
・トレーニングや書籍執筆(「知りたい分かりたい人の 体験する機械学習」「PHPによる機械学習入門」)等

【本件に関するお問い合わせ先】
学びing株式会社
電話番号:048-813-8207
e-mail:sales@manabing.jp

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
学びing株式会社 斉藤
電話番号:048-813-8207
e-mail:sales@manabing.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する