「成年後見制度の活用で不測の事態に備える!」成年後見制度セミナーを2月18日に開催します!

サービス分野: [ 医療 ] [ 福祉・少子高齢化 ] [ 冠婚葬祭 ]

「成年後見制度の活用で不測の事態に備える!」成年後見制度セミナーを2月18日に開催します!

“真に豊かなライフスタイル”をめざす50代以上の世代向け情報サイト「アトラ50」を2015年4月に開設、運営しているシニアプロジェクトは、各種専門家によるセミナー事業を実施しております。
ファッション、美容、お金、健康、住まい、法律等50代以上の方々にとって役に立つ情報をこれまでのインターネット上だけではなく、フェイストゥフェイスでコミュニケーションがとれるセミナーという場で提供いたします。
この度、以下セミナーを2016年2月18日に開催しますので、ご案内申し上げます。

「親が認知症に・・・」「事故や病気で突然寝たきりや脳死の状態に・・・」いつ何どきおこるかわからないこのような事態。
その瞬間、残された家族は、さまざまな問題や不安が直面します。生活の心配、お金の心配、詐欺にあわないだろうか、口座番号がわからない、財産、相続はどうしたら?など数えたらきりがありません。
このような判断能力の低下で不利益を被らないようサポートする制度『成年後見制度』を利用される方は、2013年末時点で17万人以上となっており、年々増加している事から、この困難は決して他人事ではいという事がうかがいしれます。

成年後見制度は、親族や第三者が後見人となることでそのような不測の事態が招く、不利益等を回避する制度ですが、当然、「後見人が誰になるのか」が大切なのです。
現状、多くはその”不測の事態”が起こった後に、親族や第三者が申請をして後見人が決定されます。そして、親族や第三者が、後見人となり、財産管理等を代行していきますが、残念ながら、その後見人による財産の不正流用等のトラブルは決して少なくありません。
自分の財産の管理や身上監護と言った日常生活のフォローを誰に託すのか?
これは、とても大切な事であり、当然、”不足の事態”が起こったあとに自ら決める事ができるものではありません。

この様な事態に対しては、”いつ後見人を選定するか”が大切になりますが、法的な拘束力はないものの、「エンディングノート」を用意する事でもある程度備える事が可能です。 現状の自分に関する情報や、万が一の時の要望や意向を記載しておけば、後見人もそれを基に後見業務を遂行出来るのです。

今回のセミナーでは、最近話題の「成年後見」や「エンディングノート」など、”もしもの時のリスクを回避する方法”をご紹介いたします。
お気軽にご参加ください。

開催日時:2016年2月18日
時間:14時30分~16時
定員:10名
参加費:2,000円(税込)ドリンク代含む
会場:BLUE OCEAN CAFE
会場住所:東京都江東区住吉2-2-4
会場アクセス:都営新宿線・半蔵門線「住吉」駅A1出口 徒歩5分

■紹介ページ
http://atora50.com/seminar/entry/306/

【シニアプロジェクトについて】
所在地:東京都中央区銀座1丁目18-6 井門銀座一丁目ビル3F
TEL:03-6264-4556
FAX:03-6263-0805
業務内容:
・ポータルサイト運営事業
・イベント・セミナー企画事業
・各種専門家による支援事業
・調査及び研究事業
・コンサルティング事業

運営サイト:「アトラ50」
URL:http://atora50.com/
Facebook:https://www.facebook.com/atora50

お問い合わせ先

【本件に関する問い合わせ先】
運営事務局
担当:松木陽典
TEL:080-5723-6652
E-mail:matsuki.akinori@gmail.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する