まちと若者を繋ぐWebメディア「まち冒険サイト」公開

ボノ株式会社

投稿日:2015年10月19日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ その他(地方創生) ]

まちと若者を繋ぐWebメディア「まち冒険サイト」公開

 ボノ株式会社(本社:東京都文京区関口1-29-6,1F、代表取締役:横山貴敏)は、日本のまち(地方自治体や自治会、NPO、市民団体、地元企業、地域住民など、人が集う場)と若者をつなぎ交流することを目的とした「まち冒険プロジェクト」を立ち上げ、Webメディア、「まち冒険サイト(https://machibouken.com/)」を公開いたしました。

「まち冒険」
https://machibouken.com/

■「まち冒険サイト」の概要
日本のまちには、人々の暮らしや歴史、文化を体感し、若者を成長させる場があります。「まち冒険サイト」は、どこか遠い世界のように感じてしまう日本のまちの素敵な未来を若者が発掘して紹介することで、若者が気軽にまちへ飛び込み地域交流するきっかけを提供するWebメディアです。
本サイトは、若者が企画・実行した地域体験を紹介する「まち冒険レポート」と、若者と積極的に交流したいまちの住民が、地域の知ってほしい・やってほしいことをスケッチブックに描いて掲げる「まちのとびら」によって構成されています。

【まち冒険レポート】
まち冒険レポートでは、若者が日本のまちで知りたい・やりたい・経験したいことを企画し、実際に行って体験した様子を、写真と動画を使ったレポートにまとめて紹介しています。

【まちのとびら】
まちのとびらでは、若者と積極的に交流したいまちの住民が、地域の知ってほしい・やってほしいことをスケッチブックに描いて紹介しています。

■背景と目的
今、あらゆる地域において地域社会の次世代継承が課題としてあげられる中、若い世代を中心に地方の暮らしや文化、独特の人間関係を肯定的に捉える動きが見られています。地域おこし協力隊の活躍など地方移住の盛り上がりもメディアで数多く取り上げられるようになってきました。
一方で、若者は地域社会へ関心を持ちつつも、まちと繋がるきっかけがわからず、まちも若者の力を必要としているのにも関わらず、少子高齢化・人口減少が加速していく中、お互いにすれ違いが起きている状況が続いています。
『まち冒険サイト』は、若者側の動きを後押しするだけでなく、地域に行って・知って・体験するまでのプロセスを通して地域の連携を強めるとともに、地域からの情報発信の場を設けることで新たな地域づくりの機運づくりになればと考えています。


【本サービスに関するお問い合わせ先】

お問い合わせ先

ボノ株式会社
担当:谷津
Mail:info@bono.co.jp
Tel:03-6228-0051
Fax:020-4623-8691
住所:東京都文京区関口1-29-6, 1F
Web:http://www.bono.co.jp/
我楽田工房:http://garakuta.tokyo

 
革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する