核医学/放射性医薬品の市場調査レポートと予測2022-2031

Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.

投稿日:2022年7月20日

サービス分野: [ マーケティング・リサーチ ]

核医学/放射性医薬品の市場調査レポートと予測2022-2031

核医学市場は、2022年の39.5億米ドルから2031年までに52.6億ドルに達すると予測されています。癌と心臓病の発生率と有病率の増加、およびMo-99の需給ギャップを縮小するためのイニシアチブは、この市場の成長に貢献する主な要因です。

しかし、放射性医薬品の短い半減期、病院の予算削減、および高い機器価格は、市場の成長を抑制する可能性があります。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109921

市場セグメント

核医学/放射性医薬品市場は、タイプ別(診断(SPECT(テクネチウム)、PET(F-18))、治療(ベータエミッター(I-131)、アルファエミッター、近接照射療法(Y-90)))、アプリケーション別(腫瘍学、甲状腺、心臓病学)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

F-18セグメントは、予測期間中に核医学市場を支配すると予想されます。

タイプに基づいて、核医学市場は診断用放射性医薬品および治療用放射性医薬品に分割されます。診断用放射性医薬品は、SPECTおよびPET放射性医薬品に分類されています。PET放射性医薬品は、F-18、Ru-82、およびその他のPET同位体にさらに細分化されています。2022年には、F-18セグメントが核医学PET放射性医薬品の最大のシェアを占めました。F-18は、他の放射性同位元素と比較して半減期が長い(110分)ため、最も一般的に使用されているPET放射性同位元素です。F-18は、市場全体の98%を占めると推定されています。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は核医学市場の最大のシェアを占めました。この地域の大きなシェアに貢献する主な要因には、放射性同位元素生産のための新技術の開発、政府の支援、および地域における企業のイニシアチブが含まれます。一方、アジア太平洋地域は、予測期間中に大幅なCAGRを登録する推定されます。この地域の成長を推進する主な要因には、日本での研究イニシアチブ、およびインドと中国でのPETスキャナーの設置の増加が含まれます。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/nuclear-medicine-radiopharmaceuticals-market/109921

市場の主要なキープレーヤー

核医学市場の主要なキープレーヤーには、Cardinal Health(米国)、GE Healthcare(米国)、Curium(フランス)などがあります。この調査には、核医学市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

お問い合わせ先

お問い合わせ

宮津ひな
15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、
150-8512、東京
メール:sales@sdki.jp
Tel:+ 81 50 50509159

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する