核酸の分離と精製の市場調査レポート2022-2031

Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.

投稿日:2022年7月20日

サービス分野: [ マーケティング・リサーチ ]

核酸の分離と精製の市場調査レポート2022-2031

世界の核酸分離および精製市場は、2022年の27.7億米ドルから2031年までに43.8億米ドルに達すると推定され、9.6%のCAGRで成長すると予想されています。市場の成長は主に、ライフサイエンス研究のための官民の資金調達の増加、技術の進歩、および自動化の増加などの要因によって推進されています。新興経済国は、市場のプレーヤーに幅広い成長の機会を提供することが期待されています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109927

市場セグメント
核酸の分離および精製市場は、製品別(試薬、キット、機器)、方法別(カラム、磁気ビーズ)、タイプ別(ゲノムDNA、プラスミド、miRNA)、アプリケーション別(精密医療)、エンドユーザー別(病院、研究センター)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

磁気ビーズベースの分離と精製セグメントは、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。

方法に基づいて、核酸の分離と精製の市場は、カラムベースの分離と精製、試薬ベースの分離と精製、磁気ビーズベースの分離と精製、およびその他の方法に分割されます。磁気ビーズベースセグメントは、スループットを向上させ、有害な化学物質を使用せず、および必要に応じて自動化できるため、予測期間中はより高いCAGRで成長すると予想されます。

学術・政府の研究機関セグメントは、予測期間中に市場を支配すると予想されます。

エンドユーザーに基づいて、核酸の分離および精製市場は、学術・政府の研究機関、製薬・バイオテクノロジー企業、委託研究機関、病院・診断センター、およびその他のエンドユーザーに分割されます。2022年には、研究活動の増加、および分子診断における核酸検査の使用により、学術・政府の研究機関セグメントが市場の最大のシェアを保持しました。

地域概要

核酸の分離および精製市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

2022年には、北米地域が市場の最大のシェアを保持しており、ヨーロッパがそれに続きます。一方、アジア太平洋地域は予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予想されます。アジア太平洋市場の高い成長は、有利な規制ガイドライン、製造コストの削減、新興経済国における市場プレーヤーの存在感の高まり、およびライフサイエンスセクターへの政府の有利な投資などの要因に起因しています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/nucleic-acid-isolation-and-purification-market/109927

この調査には、核酸の分離および精製市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

お問い合わせ先

お問い合わせ

宮津ひな
15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、
150-8512、東京
メール:sales@sdki.jp
Tel:+ 81 50 50509159

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する