地域データと予測による鋼線市場調査レポート2022-2031

Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.

投稿日:2022年7月19日

サービス分野: [ マーケティング・リサーチ ]

地域データと予測による鋼線市場調査レポート2022-2031

世界の鋼線市場の規模は、2022年の931億米ドルから2031年までに1,247億米ドルに達すると推定され、2022ー2031年の間に6.0%のCAGRで成長すると予測されています。

鋼線は、建設、自動車、工業など、さまざまな最終用途産業で需要があります。これは、高強度、導電性、耐久性などの利点があるためです。増加する建設およびインフラストラクチャプロジェクトは、建設最終用途産業における鋼線の高い需要をサポートしています。しかし、世界的大流行のCOVID-19は、建設、自動車、その他の産業の運営を混乱させており、2020年には鋼線の需要を減少させると予想されています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-114093

市場セグメント
鋼線市場は、フォーム別(非ロープ、ロープ)、タイプ別(炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼)、最終用途産業別(建設、自動車、エネルギー、農業、工業)、厚さ別、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

フォームに基づいて、非ロープフォームセグメントは、価値の点で最も急速に成長している鋼線のフォームです。

非ロープフォームの鋼線は、さまざまな最終用途産業で幅広い用途があります。主要な用途には、タイヤ用ワイヤー、ホース、亜鉛メッキワイヤーとストランド、ACSRストランド、および導体ケーブル、ばね、留め具、クリップ、ステープル、メッシュ、柵、ネジ、釘、有刺鉄線、チェーンなどの装甲が含まれます。これらのアプリケーションからの需要の増加は、予測期間中に非ロープフォームセグメントの成長を牽引すると予想されます。

タイプに基づいて、ステンレス鋼セグメントは、価値の点で最も急速に成長しているセグメントです。

ステンレス鋼線製品は、主に造船、農業、石油、自動車、溶接電極、ブライトバーおよび家庭用アプリケーションなどの業界で使用されています。エネルギー分野では、ステンレス鋼線が原子炉、送電線、熱交換器、脱硫スクラバーに使用されています。ばね鋼製品および石油・ガス用途からのステンレス鋼ワイヤー製品の需要の増加は、予測期間中にこのセグメントの成長を牽引すると予想されます。ステンレス鋼製品は、腐食性で過酷な環境条件で製品を使用する必要がある用途に使用されます。

最終用途産業に基づいて、自動車セグメントは、価値の点で、鋼線市場の最も急速に成長しているセグメントです。

自動車の最終用途産業では、鋼線はタイヤ補強材、ばね鋼線、スポーク線、ファスナー、排気ライン、ワイパー、エアバッグ安全システム、およびとりわけ、燃料またはブレーキホースの補強に使用しています。Covid-19時代以降の自動車産業の回復は、鋼線市場で自動車セグメントの成長を牽引すると予想されています。

地域概要

鋼線市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

ヨーロッパ地域は、予測期間中に世界の鋼線市場で価値の面で最大なCAGRを登録すると予測されます。この地域の鋼線市場の成長は、最終用途産業の回復、産業技術ソリューションの進歩、およびインフラプロジェクトへの支出の増加によって支えられています。しかし、COVID-19により、多くの産業や自動車会社がさまざまな国の生産拠点を停止しており、ヨーロッパ諸国の鋼線の需要に影響を及ぼしました。サプライチェーンの回復を伴う最終用途産業の回復は、予測期間中の鋼線の需要を促進すると予想されます。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/steel-wire-market/114093

市場の主要なキープレーヤー

鋼線市場の主要なキープレーヤーには、ArcelorMittal (ルクセンブルグ)、Nippon Steel (日本)、JFE Steel Corporation (日本)、Bekaert SA (ベルギー)、Tata Steel Limited (インド)、Kobe Steel Limited (日本)、The Heico Companies (米国)、Ferrier Nord (イタリア)などがあります。この調査には、鋼線市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

お問い合わせ先

お問い合わせ

宮津ひな
15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、
150-8512、東京
メール:sales@sdki.jp
Tel:+ 81 50 50509159

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する