Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.

アプリケーションと地域予測による希土類金属市場調査レポート2022-2031

#マーケティング・リサーチ

アプリケーションと地域予測による希土類金属市場調査レポート2022-2031
希土類金属市場は、2022年に37.7億米ドルの市場価値から、2031年までに75.4億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に10.40%のCAGRで成長すると予想されています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-59110

希土類元素または希土類金属は、周期表の17の化学元素のセットの1つとして定義されます(具体的には、15のランタニド、およびスカンジウムとイットリウム)。これは、国際純正応用化学連合によって定義されています。磁石、触媒、金属合金、エレクトロニクス、ガラス、セラミック、新素材、その他のハイテク分野など、さまざまな分野で幅広い用途があります。希土類金属はエネルギー効率が高く、より速く、より軽く、より小さく、効率的な特性を備えています。このような特性により、技術の進歩に対する需要が高まり、モノのインターネット、自動車、家庭用電化製品などのさまざまな産業の発展において重要な役割を果たしています。

希土類金属は、世界中で電気自動車の製造においてより大きな需要を獲得しています。これは、風力発電、燃料電池、水素貯蔵、充電式バッテリーなどの自動車産業での製品の登場、と電気自動車やハイブリッド電気自動車で使用される永久磁石によるものです。したがって、世界中の電気自動車の需要の急速な成長は、予測期間中に希土類金属の需要を推進しています。国際エネルギー機関(IEA)2019によると、世界の電気自動車の導入は過去10年間で急速に成長しており、電気乗用車の世界在庫は2018年に500万台を超え、2017年から63%増加しました。2018年の中国の道路上の電気自動車の45%以上は、2017年の39%に対して、230万台であることがわかりました。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-rare-earth-metal-market/56

しかし、希土類金属の変動コスト、および希土類金属鉱石の違法採掘は、予測期間中に希土類金属市場の成長を妨げる可能性があります。

価格設定と貿易に関連する生態学的懸念と不確実性を念頭に置いて、さまざまな化学メーカーが新しいビジネスモデルの設計に向けて取り組んでおり、持続可能な目標を達成しています。また、化学メーカーは製品ポートフォリオを拡大しており、それに応じて最新のアプリケーションとイノベーションに投資しています。変革の主な分野は、再生可能資源へのエネルギー供給の変更、研究開発活動への継続的な投資、CO2排出量とプラスチック廃棄物の削減に焦点を当てていると推定されています。また、企業は2050年までに正味ゼロの温室効果ガス排出を目指しています。これらの要因は、経験豊富な専門家の需要を促進しており、既存の市場プレーヤーだけでなく、新規参入者にとっても有利なビジネスチャンスを生み出すと推定されています。一方、建設、コーティング、電子機器、クリーナー、消毒剤用の化学薬品の需要は継続的に成長すると推定されています。中国は世界の化学物質の生産で主導的な地位を占めており、2019年の世界の化学物質販売の約40%のシェアを占めています。世界の化学産業は、ヨーロッパ、日本、米国、およびアジアの発展途上国が世界の化学品販売全体で主導的な地位を獲得することで、競争環境の劇的な変化を目撃しています。日本の化学物質の輸出は、約30%のY-O-Y成長を示しめており、2021年4月に85億米ドルを超えました。一方、これは海外への出荷の全体的な発展を支え、米国と中国が最も高いシェアを占めました。これらの要因は、予測期間中に市場の成長を牽引すると推定されます。

希土類金属市場セグメント

希土類金属市場は、製品別(セリウム、ランタン、ネオジム、プラセオジムなど)、用途別(触媒、磁石、セラミック、冶金など)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

希土類金属市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。ヨーロッパ地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、地域全体で電気自動車の需要が急増しているためです。一方、アジア太平洋地域の希土類金属市場は、2022ー2031年の予測期間中に最大の成長率を目撃すると予想されます。希土類金属の固有の特性、およびこの地域の家電産業の大幅な成長などの要因は、アジア太平洋地域の希土類金属市場に有利な成長の機会を生み出します。さらに、この地域は、中国での工業化と採掘活動の成長により、消費の面で最も急速な成長を遂げると予想されています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-59110

希土類金属市場の主要なキープレーヤー

希土類金属市場の主要なキープレーヤーには、Alkane Resources Ltd.、Arafura Resources Ltd.、Avalon Rare Metals Inc.、Baotou Hefa Rare Earth Co. Ltd.、Canada Rare Earth Corporation、China Minmetals Rare Earth Co. Ltd.、Great Western Minerals Group Ltd.、Indian Rare Earth、Lynas Corporation Ltd.、Molycorp Inc.などがあります。この調査には、希土類金属市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

【お問い合わせ先】

お問い合わせ

宮津ひな
15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、
150-8512、東京
メール:sales@sdki.jp
Tel:+ 81 50 50509159

Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。