世界最大級の家電見本市「CES2018」 日本の家電ベンチャー続々出展

掲載日:2018年1月9日(火)5:55

カテゴリ:[ものづくり]

 世界最大級の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2018」が9日(日本時間10日)から4日間、米ラスベガスで開かれる。IoT(モノのインターネット)やAR(拡張現実)、VR(仮想現実)、自動運転に関する技術などに注目が集まりそうだが、日本の家電ベンチャーや中小企業もユニークなコンセプトを持った製品を出品し、存在感をアピールする。

 家電ベンチャーのCerevo(セレボ、東京都文京区)は、超小型の自動販売機「Qvie(キュービー)」を開発した。750ミリリットルのワインボトル1本が入るほどの大きさで、専用の読み取り機にスマートフォンをかざすと、ふたの鍵が自動で外れ、中に入っている製品を取り出す。QRコード型モバイル決済方式を採用するため、事前に小銭やおつりを用意する必要がない。早ければ今夏にも発売する見通し。岩佐琢磨CEO(最高経営責任者)は「シェアリングエコノミーの市場拡大につれ、それにふさわしい新たなハードウエアが求められる」と語り、主に民泊事業者などを販路に想定している。

 電動車いすベンチャーのWHILL(米カリフォルニア州、開発拠点は横浜市鶴見区)は、昨夏に日本で発売した高齢者向け電動車いすの「モデルC」の米国向けモデルを出品する。2014年発売の初号機「モデルA」のデザイン性や走行性能を維持しながら、工具を使わずに分解できるようにするなど、介護者の利便性を向上させた。重量もモデルAの半分以下となる52キロ。最小回転半径は約76センチで、一般的なハンドル型電動車いすよりも小さく、エレベーターの中でも楽に方向転換できる。独自開発の全方位タイヤを前輪に採用し、最大5センチの段差も軽々と乗り越えられる。同社は、このモデルC米国版を来場者に貸し出し、多くの人に体験してもらう。

 このほか日本の中小・ベンチャー企業12社が中心となったパビリオン「JAPAN TECH Project」では、バイバイワールド(東京都品川区)の拍手ロボット「ビッグクラッピー」やユカイ工学(同新宿区)のしっぽ型ロボ「Qoobo」など、独創的なアイデアに裏打ちされた製品が数多く登場する。

「ものづくり」関連企業  もっと見る

  • 株式会社アポロクリエイト

    株式会社アポロクリエイト

    株式会社アポロクリエイトでは2010年より「Photo Automation」推進企業として、撮影・編集業務の標準化効率化システムを販売、サポートを行っております。 お客様の事例は以下の通りです。...

  • 株式会社SOBAプロジェクト

    株式会社SOBAプロジェクト

    誰でも簡単に使える事を目的に開発された純国産のクラウド型Web会議システムです。初費無料・最低利用期間1か月で、導入が簡単。GoogleApps連携や一時招待機能などの便利な機能が標準搭...

  • シーズンソリューション株式会社

    シーズンソリューション株式会社

    生活雑貨や文房具など、約7,500品のノベルティグッズ用素材商品をお取扱いする卸販売サイトです。2008年のサービス開始より、企業や団体、行政機関を中心に3万社を超えるユーザーにご...

  • 株式会社ダズル

    株式会社ダズル

    ゲームをはじめとするVRプロダクト運用のPDCAサイクルの循環をサポートする、デベロッパー企業向けツールです。 https://accessivr.io/ VRプロダクトを開発・運営するデベロッパー企業様に...

  • 株式会社グラスフィア ジャパン

    株式会社グラスフィア ジャパン

    グラスフィアジャパンは、監視カメラ・通信ネットワーク機器の、ファブレスメーカーです。 従来、こうした製品分野は、日本の有名メーカー各社が、画像センサーをはじめとするプラ...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索