【高論卓説】VWのディーゼル不正問題 日本メーカーに追い風?楽観論許されず

掲載日:2015年9月28日(月)5:00

カテゴリ:[その他]

 2015年上期(1~6月期)の世界販売台数でトヨタを抜き、トップに躍り出ていた独フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル排気ガス規制への不正が発覚した。米環境保護局(EPA)の指摘は、排ガス試験の走行時に、規制に適合するように運転モードを切り替えるソフトウエアが導入され、実際の運転では規制の40倍もの窒素酸化物(NOx)を排出していたという。VWは不正ソフトの存在を認め、対策費に約8700億円を第3四半期(7~9月期)に計上することを決定した。

 最高経営責任者(CEO)のマルティン・ヴィンターコーン氏は引責辞任した。規制当局と消費者をあざむく悪質な不正は許されるものではない。VWは原因と経緯を速やかに究明し、適切な対応の実施を急がねばならない。

 この問題が今後どれほど拡大するか、現段階では見通せない。VWによれば、08年に導入した「EA189タイプ」のみに不正が限定され、それを搭載する車両は世界に1100万台あるという。現時点で正式リコール(回収・無償修理)となったのは米国の約48万台にすぎない。欧州にとどまらず、世界各国に波及することは不可避な情勢だ。既に、ドイツだけで280万台の排ガス不正対象車が発表された。

「その他」関連企業  もっと見る

  • 株式会社アクアネットサービス

    「ひろしまリバークルーズ」 ハウステンボスで運航していた異国情緒たっぷりの遊覧船「バールン」で ひろしまの街を優雅に水上散歩するリバークルーズ 「マリホ・宮島定期航路」 ...

  • シェアーズモール株式会社

    シェアーズモール株式会社

    ★人脈に特化した新しい販路拡大のためのビジネスサイト「シェアーズマーケット」 商品を紹介するだけで「副収入」が得られるという新しいビジネスサイトを2017年8月頃オープンする...

  • 株式会社フロンティアコンサルティング

    株式会社フロンティアコンサルティング

  • 株式会社マックスR

    株式会社マックスR

    脳トレにより、英語力と潜在能力を最大限発揮する新たな英語習得法です。 標準で全10回のレッスンを受け、目や脳の使い方を変えるだけで、誰でもネイティブより速く英語が読めるよ...

  • 株式会社インソース

    株式会社インソース

    ■社会人向け研修 お客さまの指定した先に講師が伺う「講師派遣型研修」と、1名から参加できる「公開講座」があります。 演習が全体の6割を占めているため、講師が一方的にお伝え...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索