セミナー・交流会レポート

第8回【マーケティングフォーラム】報告

イノベーションズアイ
第8回【マーケティングフォーラム】
2012年4月23日(月) 19:00-20:30 懇親会21:00-22:30

第8回マーケティングフォーラム 主な内容


1. 主催者 BVC代表 山本康博氏によるマーケティング定義、最新マーケティング動向講演
2. 参加企業様の自己紹介
3. 日本で屈指の“アメリカ流通店頭事情”第一人者の倉林武也氏(プロモーション・プランナー)の講演
4. 参加会員様との“ざっくばらんな”ディスカッション
5. サンケイビル地下2階の中華料理店にて懇親会


2012年4月23日(月)、大手町の産経新聞本社7階セミナールームにて第8回マーケティングフォーラムが開催されました。今回は、海外とくにアメリカの店頭マーケティング実例ということで、アメリカ流通店頭事情の第一人者である、倉林武也氏から貴重なお話をいただきました。毎年、定期的に海外視察をして、ご自身の目で店頭マーケティングを研究しているだけあり、非常に説得力のある実例を学ぶことができました。アメリカから日本にやってくる手法についても詳しくお教えいただき、日本での今後の流れを掴むきっかけを会員みなさんが習得できたことは有意義であったことは間違いないと思います。

また、会の冒頭には、定例通り、主催者の山本康博より、マーケティングの定義、最新マーケティング事情ということで30分間“最新マーケティング動向”をプレゼンさせていただき、最後のディスカッションでは会員相互での活発な議論がされました。

次回、第9回マーケティングフォーラムは2012年5月23日(水)19時~20時半(90分)産経新聞本社となります。イノベーションズアイ有料会員様は無料です。


<マーケティングフォーラム内容>


冒頭、山本康博氏より、“マーケティング定義”、“最新マーケティング動向”についてプレゼンいただきました。マーケティング概念が中小企業であってもブランディングする上でとても重要だということが認識できるものでした。(30分)



“マーケティング定義”=社会や人に対して“刺激”+“感動”+“行動”の3つを包括的にまわすことだという話と、最新マーケティング事例動向・分析解説でした。



日本コカ・コーラのCP「コカ・コーラゼロ」、話題の少女歌手「ききゃろらいん・ちゃろん・ぷろっぷ・きゃりー・ぱみゅぱみゅ」、ドイツでのメルセデスが発売しているトレーラートラック「アクトロスTAXI」の分析を行い、マーケティングキーワードは「いかにしてギャップをつけるか」、「入り口を変えることの新しさ」、これらが消費者とブランドとを結びつける鍵だと説明がありました。




ゲスト講師倉林武也氏の講演、「米国をはじめ海外のプロモーションから今後のマーケティングを捉える」(40分)


アメリカの最先端マーケティング事情をご紹介いただき、数々の具体的事例に基づいてデジタルCP、店頭PRなどを解説いただきました。また、将来の日本に来るであろうマーケティング事例も幾つかご指導いただき、非常に有意義な講演内容でした。

*講演内容について、今回は非常に具体的かつ内容が深いものであったため非掲載とさせていだきます。
ご了承ください。

ゲスト講師プロフィール


倉林武也氏 (プロモーション・プランナー)
キャンペーン・流通事情の第一人者。セールスプロモーション・エージェンシー㈱クレオに入社後、流通小売業をはじめ、食品や飲料を中心にメーカー、サービス業のマーケティング、プロモーションの立案から展開に携わる。ショッパー・インサイトから店頭マーケティングの今後のあり方をテーマに研究している。2010年-2011年日本国内の様々な業種業態の新しい市場創造やシェアアップを目的としたプロモーション活動を集め分析中。

次回、第9回マーケティングフォーラムは2012年5月23日(水)19時~20時半(90分)産経新聞本社となります。イノベーションズアイ有料会員様は無料です。
キーワードから今月のセミナーを検索する
地域から今月のセミナーを検索する