SKY-NETWORK株式会社

ブラックアウトになっても防災放送を継続できるスマホ防災放送アプリ

投稿日:2018年9月11日

ブラックアウトになっても防災放送を継続できるスマホ防災放送アプリ

 北海道胆振地方で起きた最大震度7の地震は、道内全域停電(ブラックアウト)という異常事態を起こし、市民生活や経済活動に大きな被害をもたらした。
 これを受け、SKY-NETWORK株式会社(静岡市)は、ブラックアウト等で自治体の防災放送設備や緊急メール配信システムなど主要な情報伝達手段が全て使用不能になっても、スマートフォンを放送機に住民のスマホへ一斉放送できるモバイル防災放送アプリを全国の自治体へ展開を強化。 

 モバイル防災放送アプリは、Jアラートや防災行政無線放送をスマホへ自動転送放送、スマホからスマホへ音声と文字による一斉放送、災害時には住民からのSOS投稿を役所、消防署、警察署など組織横断的にかつ瞬時に情報共有できる緊急投稿など、「情報伝達」と「情報収集」の両方を備えた双方向防災情報通信アプリ。

■情報伝達
 〇Jアラートや防災行政無線放送をスマホへリアルタイムに自動転送。
 〇パソコンやスマホから、音声放送と文字放送をリアルタイムに一斉放送。
  ※ブラックアウトで全ての情報伝達手段が使用不能になっても放送可能。
  ※防災行政無線と異なり、間隔をあけゆっくりと放送する必要がなく、通常会話のスピードで、音声の強弱、反復、強調と云った話術で切迫したメッセージを伝達。

■情報収集
 〇住民からのSOS投稿を役所、消防署、警察署等が組織横断的かつ瞬時に情報共有。
  ※情報が外部に流出しない閉域網SNS。

■利用規模に合わせたモデル選択
 〇大規模対応モデル:「Regional Alert DIRECT」
 〇小規模対応モデル:「Mobile Broadcast Network」

■低廉化を実現
 〇パンザマスト1基分以下の費用で防災放送視聴率が格段に向上。

「伝える」と「伝わる」とは違う。住民の視点に立ち、いつどのような場合でも、具体的かつ正確な情報と情報発信者の気持ちや感情までも情報として確実に住民に伝わる情報伝達手段として効果が期待される。

お問い合わせ先

SKY-NETWORK株式会社
 〒424-0842 静岡県静岡市清水区春日1丁目5-15-304
 TEL: 054-353-1211(代表) FAX: 054-353-1216
 Mail: office@sky-network.jp

  リリース情報トップへ戻る

SKY-NETWORK株式会社

企業検索
注目企業ランキング< 週間 >
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。