ラックスリサーチ

サーキュラー・エコノミー関連技術へのベンチャー投資のうち69%が材料再利用関連

投稿日:2016年8月24日

サーキュラー・エコノミー関連技術へのベンチャー投資のうち69%が材料再利用関連

先端技術の技術評価と市場分析を専門とする米調査会社ラックスリサーチ(本社:ボストン、www.luxresearchinc.com)では、材料再利用など、サーキュラー・エコノミー分野に関連するイノベーションへの投資動向について調査しました。

サーキュラー・エコノミー関連技術への投資は2014年以降増加していますが、特に廃棄物に新たに価値を見出し活用することを促す材料再利用関連のイノベーションへ投資が集中しています。

本調査で対象となった2011年から2016年第1四半期までの期間に実施された投資は総額6億6800万ドルに上り、材料再利用に関連する案件は金額ベースで全体の69%(案件数では65%に相当する155件)を占めるという結果となりました。また10年前から注目されている廃棄物利用エネルギー技術は全体の16%(金額ベース)、廃水処理技術は全体の15%に相当する投資が集中しました。

ラックスリサーチのアナリスト、ジェロルド・ワンは、『材料再生利用へのベンチャー投資動向(“Observing Trends from VC Investment Activities to Material Recycling Fields”)』と題したレポートにて、次のように指摘しています。

『廃棄物の回収・選別分野ではソフトウェア、データアナリティクス、ロボットが活用されるなどイノベーションが活発化しており、市場に大きな変化が起きつつあります。特に選別にはロボット技術の活用が注目されており、将来的には回収・加工セグメントと統合されていくことになるでしょう。』


<図:材料再利用分野の案件では廃棄物回収・処理関連の投資が最大>


本調査ではM&Aやベンチャー投資案件のデータベースサービスであるPitchBookより2011年から2016年第1四半期のデータを入手し、サーキュラー・エコノミー分野に関連するイノベーションと投資動向について分析しました。以下が本調査の主なポイントです。

• 米国が関連技術のイノベーションを牽引。 米国が本分野の投資ではトップで、84案件、総額3億1000万ドルの投資が実施されました。欧州では52案件、総額3億800万ドルが投資され、域内では英国がトップ(11案件、総額1000万円相当)となっています。

• 材料再利用セグメントでは廃棄物処理がトップ。投資総額の69%を占めた材料再利用セグメントですが、『回収』『分類』『処理』『エンドプロダクト』の4分野に分類すると、特に廃棄物の『処理』に投資が集中しており、案件数で48%、金額ベースでは42%を占めています。また特定の材料の処理にターゲットを絞った技術への投資が中心となりました。次に『回収』が大きく、案件数、金額ベースともに36%を占めており、ソフトウェアやデータアナリティクス技術への転換が見られます。

• 廃棄物の『回収』関連ではレーターステージでの投資が中心。投資ステージから分析すると、廃棄物の『回収』に関連する投資はレーターステージでの案件が多く、ITイノベーションに関連した技術が多いのが特徴です。『処理』関連の投資では、シードステージでの投資とレーターステージの投資とが行われ、シードステージでは広い分野の材料に対応しているものの、レーターステージの案件は再利用が一般的となっている材料をターゲットとした処理技術に関連する案件が主です。

前出のレポート、『材料再生利用へのベンチャー投資動向(“Observing Trends from VC Investment Activities to Material Recycling Fields”)』は『環境に優しい建材』インテリジェンスサービスにて提供しております。

お問い合わせ先

ラックスリサーチについて

ラックスリサーチは先端技術分野に特化したアドバイザリーサービスを提供する調査・コンサルティング会社(本社:米国ボストン)です。IoT、化学品・材料、ヘルスケア、エネルギー、農業、食品など多くの先端技術を調査対象とし、グローバルな視点での技術評価、アプリケーション別の事業性、政策・規制、ビジネスモデルを調査・分析しております。特に事業会社における成長戦略の一環である新分野・新事業参入やオープンイノベーション実現のご支援を行っております。詳細については、弊社ホームページ(www.luxresearchinc.com)をご覧ください。


【本ニュースリリースに関するお問い合わせ】

Lux Research, Inc.
戸口 久子 (hisako.toguchi@luxresearchinc.com)

  リリース情報トップへ戻る

ラックスリサーチ

企業検索
注目企業ランキング< 週間 >
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。