株式会社ビーネックステクノロジーズ

事業概要

◆情報システム
 ⇒業務系システムやアプリケーション開発、クラウド、DB構築、webシステム開発。
◆ITインフラ
 ⇒ネットワーク・サーバのコンサルティングから設計・構築、運用・保守。
◆組込・制御
 ⇒自動車や産業用ロボット、半導体製造装置の制御ソフトウェア開発。
◆機械
 ⇒自動車・自動車部品、半導体、産業機械などのCADモデリングからCAE解析、設計開発。
◆電気・電子
 ⇒輸送用機器や産業機器、精密機器、半導体の電気回路設計。

取り組み姿勢

私たちが大切にするもの、それはひとりひとりが「次に挑む」こと、それを支え続けることです。
向上心を持ったエンジニアが、より才能を発揮できるところ、より強く必要とされているところへと、「次」を選択できる社会を目指して。
「就社」ではなく、心からやりたい「エンジニア」という職業に就く、本当の意味の「就職」を目指して。
私たちビーネックステクノロジーズは、よりチャレンジングな機会によって自分自身の価値を高め続ける集団となり、企業、社会に貢献し続けます。

企業概要

名称 株式会社ビーネックステクノロジーズ
住所 〒150-0021
東京都 渋谷区恵比寿西2-14-1NBFコモディオ汐留
設立 2019年7月1日
URL

https://www.benext.co.jp/bnt/

商品・サービス

ビーネックスの強み

ビーネックスの強み

◆多様な人材が活躍できる幅広いフィールド
ビーネックステクノロジーズの最大の強みは、エンジニアや求職者の皆さまひとりひとりが活躍できるフィールドがあること。

◆多様な人材と顧客ニーズをつなぐ営業体制
人材と顧客企業の間にビーネックスが介在することにより、働く人たちの「次」のキャリア構築と顧客企業の「次」なる進化に貢献。

◆多様な人材の活躍を支えるサポート体制
チャレンジするエンジニアをサポートする、多彩なフォローアップと支援制度を備えている。

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社SOBAプロジェクト

    誰でも簡単に使える事を目的に開発された純国産のクラウド型Web会議システムです。初費無料・最低利用期間1か月で、導入が簡単。GoogleApps連携や一時招待機能などの便利な機能が標準搭...

  • 株式会社エー・クラン

    ホームページのことならどんなことでもご相談ください。 他と比較して「同価格ではクオリティは上」「デザイン力×価格」に相当、自信があります。 「クオリティ×価格」自信あり。...

  • 世界各地の調査会社が発行したグローバル市場の調査レポート・産業資料・マーケットデータを販売しております。日本国内は勿論、アジア、中国、アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリ...

  • 株式会社小林造園

    ◆法人・マンション管理組合など 法人やマンション管理組合などのお客様向け業務として、緑地の新規造成、生垣(いけがき)や植栽及び芝生などの部分改良、通年の定期的なメンテナ...

  • 株式会社神奈川こすもす

    葬儀サービスの提供 会館運営 保険代理店事業 セミナー・講演活動 霊柩事業

  • 株式会社SP-Logic

    <はいってルンバ> 個室トイレの使用状況を正しく伝えるシステムです。 <トイレ使用状況遠隔お知らせシステム> トイレ内で起こる異常事態を遠くに離れている人に 電話でダイレ...

  • 株式会社 田中電気研究所

    ■「ダスト濃度計」は、ボイラーや焼却炉などから排出される排ガス中の煤塵を連続的に測定する為の環境モニタリング計測器です。 ■ 石炭火力発電所、バイオマスボイラなどの排煙...

  • 行政書士法人Climb

    あなたのビザの問題を解決します。 申請手続きも親切・丁寧・スピーディー ◆ビザ申請 ◆会社設立 ◆経営管理ビザ ◆帰化申請 事務所は「新宿」「池袋」から近い『高田馬場』で...

  • 株式会社Liquid

    ◯LIQUID Key ・主にオフィス・ホテル向けで、指紋認証・顔認証によりドアを解錠します。 ・カードを紛失する心配がなく、入退室および出退勤(タイムカード)管理も自動化でき、カー...

  • 代理店を募集したい企業と、商材やサービスを探している方が繋がるきっかけをウェブ上で提供しているビジネスマッチングサイトです。 ◆代理店募集レプレ https://bahn-rep.com 代理店...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。