エクストリーム ネットワークス株式会社 執行役員社長 大野欽司氏

公開日:2020年2月4日

日本の売り上げを数年後に2倍へ

買収戦略で広範なポートフォリオを獲得
親会社の米エクストリーム ネットワークスはネットワークインフラベンダーとして1996年設立、世界80カ国以上に事業を展開している。14年にエンテラシス・ネットワークス、16年にゼブラ・テクノロジーズの無線LAN事業、17年にはブロケード コミュニケーションズ システムズのイーサネット・ネットワーキング事業とアバイアのネットワーク部門、さらに19年にエアロハイブネットワークスと次々に買収し、世界ランキングは2013年時点の13位から、19年にはシスコシステムズ、ヒューット・パッカード・エンタープライズに続く3位に上昇した。こうした買収戦略により〝新生〟エクストリームは、ネットワーク事業のエッジ(通信ネットワークの末端にあたる領域)から無線LAN、データセンターまで広範なポートフォリオを手に入れた。
日本市場に再進出、本格的に市場開拓
日本市場からは一時撤退したものの、100%出資の日本法人を設立して再進出し、本格的に事業を展開。データセンター、キャンパスネットワーク(ビル群をひとまとまりとした構内ネットワーク)、その先のエッジまで全てをカバーできるネットワーク製品を取りそろえるのが強みだ。グローバルではデータセンターが売り上げの20%、キャンパスとエッジがそれぞれ40%を占めるが、日本はデータセンターが75%、キャンパスとエッジで25%とポートフォリオが全く違う。データセンターの顧客は大手通信事業者などで、キャンパスとエッジは官公庁から大学、メーカー、リテール(小売り)とあらゆる業種に及ぶ。
欲しい事業を買う戦略的買収
エアロハイブを買収したのは、クラウドベースのWi-Fi(ワイファイ)が注目されており、市場攻勢に出るチャンスとにらんだからだ。M&A(企業の合併・買収)を駆使することで、自力で展開するより早く事業を伸ばせる。これによりクラウドベースのワイファイをポートフォリオに加えることができた。いわば戦略的買収といえるが、ネットワークインフラベンダーとしてしのぎを削るシスコなど大企業が足し算のM&Aに対し、エクストリームは掛け算。買収企業のハードを統合し、OS(基本ソフト)も統合するという「いいとこ取りして統合しながら他にもあてがっていく」。人材も牛耳るのではなく、買収企業の優秀な人材を生かす。ただ買収も丸ごと買うわけではない。狙って欲しい事業だけを買う。
売り上げ倍増目指す
日本の市場規模は米国、ドイツに次いで、英国と並ぶ3位グループ。数年で売り上げを2倍に引き上げる。全体の75%を占めるデータセンターは市場の伸びがそれほど期待できないので現状を維持する。一方で、キャンパスやエッジでエンタープライズ(一般企業)への展開を図り、一気に売り上げを伸ばす。デジタルトランスフォーメーション(DX)でネットワークを刷新する動きが一般企業にあり、市場が拡大するので今がチャンス。今までは積極的にマーケティングやプロモーションなどを行っておらず、担当者を増やして営業活動に本腰を入れる。
ワイファイの第6世代に期待
ワイファイも事業拡大の可能性が高い。政府が小中学校で1人1台のパソコンを配備する方針を決めたことで、1教室約30人が一斉に勉強を開始するので耐えられるネットワークとスピードが求められる。このためワイファイ技術も第6世代(ワイファイ6)への移行が20年にも起こる。エクストリームはこの分野に資金を投入、エントリーからハイエンドまで製品をそろえる。エクストリームはクラウドファーストネットワークソリューションの強みを持っており、新市場の3分の1をと獲得すると売り上げは2~3倍になる。ワイファイ6などで市場は盛り上がりつつあるので、ワイファイ製品に注力することでエクストリームの実績を上げて知名度を向上。データセンターやキャンパスといったコアも攻める。
顧客に受けるのはIoT(モノのインターネット)をネットワークにつなげること。しかし、セキュリティーを自力で守れない。そこでセキュリティー機器を開発した。米国では病院など医療分野を攻めており、引き合いも少なくない。日本でも注力していく。またアパレルメーカーからショップのネットワークを守るため導入したいといわれた。使用例を作っていく。
自律ネットワークを構築
ワイファイ、ルーター、スイッチなどハードのネットワーク機器は差別化しにくい。キーワードはクラウドでありソフト(アプリ)だ。自律ネットワークを作る。いわば自動車の自動運転のネットワーク版だ。買収したエアロハイブの技術を活用する。AI(人工知能)やML(機械学習)を生かし、使われ方を収集し分析して活用する。使われ方が分かればコントロールできる仕組みづくりに取り組む。
キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >