その他の情報

【国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)nanotech2023出展】

産学連携情報

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)   

【国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)nanotech2023出展】
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)はnanotech2023に出展致します。

知的財産マネジメント推進部は、ライセンスによる技術移転を見据えて2023年2月1日(水)~3日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第22回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議(nanotech2023)」に出展します。
JSTが保有する特許等の中から、ナノ材料・ナノデバイスに関連する厳選した技術を紹介します。
今回は、エマルション(微小液滴)生成技術、応力や粘度に応答する光機能分子、表面修飾炭素材料の技術に関する展示を行います。

また、今回は、名古屋大学で発明された負熱膨張材料の実装を目指して、JST研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム(START)から設立されたベンチャーである株式会社ミサリオ<http://www.misario.co.jp/>についてもJSTブース内で出展します。

なお、展示会開催と並行して、オンライン展示も行います(2023年2月28日(火)まで)。併せてご覧ください。
皆様のお役に立つ技術があれば幸いです。皆様とお目にかかる機会を心より楽しみにしております。

■ nanotech2023出展概要
【会期】  2023年2月1日(水)~2月3日(金)
【会場】  東京ビッグサイト 東ホール(JSTのブースは東1ホール、小間番号は1N-16です。)

【出展技術】
1 均一な液滴を速く、大量に!並列流路を使った最新の『エマルション(微小液滴)』生成技術 西迫 貴志(東京工業大学)
2 応力や粘度に応答する光機能分子『FLAP』:その特性と応用 齊藤 尚平(京都大学)
3 表面修飾炭素材料及び表面修飾炭素材料の製造方法 田原 一邦(明治大学)

◆発表技術の概要については下記よりご覧ください。
JST ページ https://www.jst.go.jp/chizai/news/nanotech2023.html
nano tech 2023 ページ https://unifiedsearch.jcdbizmatch.jp/nanotech2023/jp/nanotech/details/TITHSmL38_0

※ご関心がある方は是非下記お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先
〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ
科学技術振興機構
知的財産マネジメント推進部 知財集約・活用グループ
TEL:03-5214-8486 FAX:03-5214-8417 E-mail:license@jst.go.jp
※お問い合わせの内容によっては、回答に時間を要する場合があります。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。