中国の消費者が求める選りすぐりの日本製品を、中国の大手ECプラットフォームで販売

中国・上海を拠点にビジネスを10年以上手掛けてきました。中国企業からの、「日本のこんなものがほしい」というリクエストにピンポイントで応えています。2年ほど前に「中国向けEC進出サポート業務」を始めましたが、とくにこの1年間は需要が急速に高まっています。同サポート業務では、日本企業が中国でECを展開するにあたり、阿里巴巴(アリババ)グループが運営する中国最大のBtoCオンラインモール「天猫(ティエンマオ)商城」「京東(ジンドン)商城」などの大手プラットフォームとの提携をコーディネートしています。

null
代表取締役社長/CRO 酒井洋道氏

私たちが手掛けているのは一般貿易ECで、越境ECの市場規模の10~15倍はあると言われています。具体的には、日本のメーカーときちんと契約を行い、正規代理店として日本国内で買い取った商品を一般貿易で輸入し、通関を行ったうえで中国有数のECプラットフォームで販売するのです。現地でのマーケティング費用やプロモーション費用、ブランディング費用は中国側の負担です。

同サポート業務では、中国へのEC進出の相談から市場性調査、提携推進コーディネートまでが無料。成功報酬型のコンサルティングで、成約時にまとめて報酬をいただくのではなく、商品の流通に応じたインセンティブを頂戴しています。加えて、新たに始まるプロジェクトに対して当社も中国側と一緒に出資を行い、会社を設立。それにより、当社もステークホールダーとしてハンズオンで新規事業を成長させていくことをビジネスにしています。

私が一番掘り起こしたいのは、いい商品を持っているのに、まだまだ力を出し切れていないブランド。然るべき取り組みを行えば、中国でもっと売れるブランドが日本には数多くあります。


「フジサンケイビジネスアイ掲載」

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する