クラウド型CTIシステムを提供

株式会社コムデザイン 掲載日:2019年6月18日

代表取締役社長 寺尾 憲二氏
代表取締役社長 寺尾 憲二氏

企業にとって顧客の声を直接聞けるコールセンターの役割は大きい。「人と人を結ぶ」をポリシーとし、企業と顧客の双方に喜ばれるクラウド型コールセンタープラットフォーム「CT-el/SaaS(シーティー・イーワン・サーズ)」を提供しています。大手ユーザーは750社・14000席(オペレーター数)に達しており、毎年25~30%増加しています。

その理由はクラウドだから。オンプレミス(自社運用)は装置を買うため導入に数億円かかりますが、クラウドは使うだけのサービスフィーなので必要なときに必要なだけ使えます。導入しやすく、震災の影響も受けません。最新技術も使えます。オンプレミスからクラウドに移行する企業もあって高成長を続けています。しかも2000年の創業以来、開発に取り組んできたため開発コストは償却済み。オンプレミスの3分の1の価格で提供できるうえ、クラウド型のライバルより20%安い。ユーザーニーズにも対応し、機能アップのための追加のカスタマーズフィーはゼロ。これらが受け入れられました。

この間、エンジニアが技術を習熟し、「他社では無理だった」難題も「そこまでやってくれるのか」と評価・信頼され、口コミで広がりました。CTI業界では、コールセンターに特化するとシェアナンバーワンの地位を確保しました。

今後は人工知能(AI)に注目。オペレーターの仕事はユーザーとの会話であり、音声認識による通話データのテキスト化がAI活用の第一歩となります。そこで米ニュアンス・コミュニケーションズと提携し、通話録音を音声認識でテキスト化するサービスを無償提供するトライアルを始めました。CTIとAIシステム導入のドアオープナーを目指します。

【問い合わせ】
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-3-3
TEL:050・5808・5500

「フジサンケイビジネスアイ」

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する