宅配ネットクリーニングのホワイトプラス 「深夜・早朝」都区部全域に拡大

株式会社ホワイトプラス 掲載日:2019年3月27日

null
自宅へのクリーニングの集配。ホワイトプラスのプレミアム会員向けサービスでは早朝・深夜も集配を行う

宅配ネットクリーニング事業を手掛けるホワイトプラスは、早朝・深夜の集荷・配達エリアを今年度中に東京23区全てに拡大する。1時間区切りでの時間指定が可能なので利用者の利便性が増すとともに、不在による再配達の非効率を改善する。これまでの首都圏中心から全国展開へと乗り出し、ネットクリーニングでのノウハウを活用して、ハウスクリーニングなどの生活支援にもサービス領域を広げる。

ネットクリーニングサービス「リネット」は、首都圏を中心に30万人が利用している。インターネットで申し込むと、衣類を回収するため自宅を訪問する。クリーニングを終えると再び自宅に届けられる。月額421円のプレミアム会員向けには衣類に特別な加工を施すほか、東京中心部を対象とした早朝・深夜の集荷・配達も実施している。

集荷・配達時間は、朝は午前6~7時、7~8時、8~9時、9~10時。夜は午後9~10時、10~11時、11~午前0時。それぞれ1時間ごとの指定が可能なので、出勤前や帰宅後の限られた時間を有効に活用することができる。

クリーニング店の営業時間内の持ち込み、引き取りが困難な共働き世帯から好評であるため今後、早朝・深夜の集荷・配達エリアを首都圏のほか、関西、中部地方にも広げていく。

同社は工場を持たない「ファブレス企業」として4つの専門工場でクリーニングを実施している。利用者アンケートによると、「標準以上にきれい」という回答が94.2%、「クリーニング独特のにおいが気にならない」が95.2%で、高い品質と顧客満足度が裏付けられている。衣類以外にも、靴、布団、保管付きのクリーニングを請け負う。井下孝之社長は「画像認識などの技術を活用して、クリーニングの生産性と利便性を向上させていく」方針だ。

【会社概要】ホワイトプラス
本社=東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル8階
設立=2009年7月
資本金=7億2950万円(資本準備金を含む)
従業員=54人(2019年2月末時点)
事業内容=宅配ネットクリーニング

「フジサンケイビジネスアイ」

お問い合わせ先

株式会社ホワイトプラス


 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する