「組織とひと」を再設計し、いきいき!わくわく!働ける未来へ

株式会社キズナキャスト 掲載日:2019年3月13日

null
代表取締役 小林広治氏

明治維新から150年を迎えた昨年、当社は「共育事業」に進出しました。それまでのコンサルティング事業とマーケティング事業で培ったノウハウを、より広く、より多くの方々にご提供していきます。私にとって残りの生涯をかける事業と位置づけており、ミッションとして掲げる「『組織とひと』のRe:Design~(再設計)働き方と生産性を革新する~」を遂行していきます。

「共育」と命名したのは、大量生産時代が終わり、これまでのピラミッド型社会システムからフラット型社会システムへの移行が進むと考えたからです。「指示命令型競争組織」から「自立型共創組織」に変わります。教育も、これまでの先生が教え導くTEACHではなく、一人一人が自立し「共に成長していきましょう」という姿勢が求められるようになります。

情報化社会が終焉し、大変革時代を迎えたいま、その急変化へ適応するためにも、またその先のフラット化した社会においても、トップ一人が状況判断し、意思決定する形で組織を動かすのは非常に困難です。これからは、メンバー一人一人が情報収集し自分自身の頭で考える組織づくりがこれから生き残り、躍進するための前提条件となります。求められるのはクリエイティビティーで、チームで創造する共創の時代を迎えたのです。

共育事業では、より質の高い学びの成果を上げるために本業を活かした実践型の企業研修、セミナー、講演を開催しています。事業が伸び悩んだり、「採用に苦しんだり、生産性向上に取り組みたい企業などが対象になります。来年20年4月には20周年を迎えます。このときまでに、共育事業部の顧客を=10社にするのが目先の目標です。そして、いつか働く人すべてが、「いきいき!わくわく!」働ける未来へ。

【問い合わせ】
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-7-13
TEL:03-6419-2985

「フジサンケイビジネスアイ」

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する