新聞掲載情報

日本語ができる優秀な外国人をWebの動画面接で採用

株式会社バク宙 掲載日:2018年2月21日

null
取締役COO 川上明氏

日本語が話せる優秀な外国人を、Webの動画面接で採用できるマッチングシステム「JIKOPY」を運営しています。

日本での就職を希望する約1万8000人の外国人が「JIKOPY」に登録。本人がスマートフォンやPCからアップロードした自己PR動画を見て、日本語力を確かめてから面談・選考を行うことが可能です。 登録者は求人に応募する際、「あなたがWebサイトを開発するうえで大切にしていることを、長さ1分前後の日本語スピーチで教えて下さい」といった、企業が設定する質問に答える応募用の動画を作成します。それを見て選考を進め、日本語でオンライン採用面接を実施。海外在住の方の場合、ご要望に応じて本人の来日・来訪面談を手配することもできます。

マッチングやスクリーニングなどの料金は無料。内定成約報酬費の中で、在留資格手配に加えて入社前後のフォローも行います。

「JIKOPY」の登録者は日本語習得済みのバイリンガル人材。国内在住者が3割、残り7割が海外居住者です。国籍は登録数が多い順にフィリピン、インド、ベトナム、インドネシア、マレーシア。登録者は、ITエンジニアやデザイナー、セールス、オペレーター、教師、技術、通訳翻訳などのスキルを保有している人が多いですね。

ITエンジニアを始めとする技術職の採用が多く、他には、地元に住んで地域の情報を海外発信するインバウンド対応での採用事例もあります。今後は文系総合職の採用を増やしていきたいですね。

日本の労働力人口が減少傾向にある中で、海外の優秀な若者たちの力を借りることは、日本経済にとってプラスであり、今後日本企業がグローバル市場で活躍していくうえでも大きな鍵を握ることでしょう。優秀な人材を、広く国籍を問わずに探していただきたいと思います。

【問い合わせ】
〒160-0022
東京都新宿区新宿6―27―48 IVYビル203
Tel 03・6205・6680

「フジサンケイビジネスアイ」

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索