6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する

第9回

ビジネスアイディアが出ないという不安を解消する方法

坂本 憲彦 2018年9月18日
 
起業を志す人の最初の不安は「どんなビジネスで起業したらいいかわからない」というものです。

その理由は「どんなビジネスで起業したら、儲かるか」という観点で考えるからです。勿論、利益は起業家には不可欠です。しかし、それだけを目的にアイディアを出そうとすると、すぐに行き詰ってしまいます。

その不安の解消には「自分軸から考える」ということをお奨めします。

「自分軸」とは、あなたが本当にやりたいことであり、志や使命と換言できます。
「なかなかビジネスアイディアが出ない」と悩む人は、この「自分軸」ではなく、儲かりそうなことから考えるので、答えが見つからないのです。

逆に「自分軸」から考えると、答えは簡単に見つかるのです。なぜなら、あなたの今までの人生の中で、無自覚ながら、すでにあなたの中に培われているからです。
では、どうしたら、この「自分軸」を明確にできるのでしょうか?有効な手段の一つを、ご紹介いたします。

「ブレインダンプ」と言われる手法です。

テーマを決めたら、任意の制限時間内に、ひたすら書き続ける作業です。紙とペンとストップウォッチがあれば、できる作業です。

起業のビジネスアイディアであれば、例えば「好きなこと」「得意なこと」などとテーマを決めます。制限時間を設けたら、ストップウォッチのボタンを押して、紙の上にひたすら書き続けるだけです。ルールは、制限時間内は絶対に手を止めないこと。考えるよりも先に手を動かし続けることです。同じことを書き続けても構いません。大切なのは、書き続けることです。
これは、あなたの中のダイヤの原石を、紙の上に出す作業です。書き出したものは玉石混合ですが、取捨選択は、この後にやればいいのです。

ビジネスアイディアが出ないという不安は、簡単に解決ができます。あなたの中に眠る、あなたがワクワクするようなアイディアを出してみてください。

あなたの起業の成功を心から応援しております。
 
 

一般財団法人 立志財団 理事長
坂本 憲彦


西日本シティ銀行で営業・融資を担当。その後、30歳で独立し10年間で1万人以上の起業家を指導する。現在は志ある起業家を育成する立志財団の創立者として講演や指導を行っている。著書「6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する」は紀伊国屋書店新宿本店で単行本週間ランキング2位となる。

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)
  • 現在、開催予定はありません。

一覧へ