6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する

第10回

あなたのビジネスを成功させるコアコンセプト

坂本 憲彦 2018年9月25日
 
「やりたいことはあるけど、それが売れるかどうか、不安です」

そんなご相談をよく頂きます。その解決策としてコアコンセプトをご紹介しています。

コアコンセプトとは、あなたのビジネスをヒットさせる為に最も重要な考え方です。「誰に」「何を」「USP」の3要素から成り立ちます。「どんなお客様に(=誰に)、どんな商品を(=何を)、どんな切り口で、どんなオリジナリティで(=USP)届けるのか?」ということです。この3要素は、それぞれが独立しているものではなく、整合性が取れている必要があります。そして、1回決めたらそれで終了ではありません。最初に作ったコアコンセプトは仮説です。結果が出るまで各要素の修正を何度も繰り返すことが重要です。

例を挙げます。私のスクール生の方で、大型バイクの乗り方の教材を出された方がいます。販売当初はあまり売れませんでしたが、今では、大きなビジネスとなっております。

当初、「バイクを購入したばかりの20代の人(=誰に)」、「ツーリングを楽しむための教材(=何を)」、「好きな時間に学べるようにDVDで(=USP)」が、コアコンセプトでした。全く売れなかったわけではなく、少しずつ売れていました。その後、購入者を分析すると、お客様は「50代ではじめて大型バイク免許を取ったけど、そこからどうしたらいいか、迷っている」方が多いことが判明しました。そこから、コアコンセプトを修正しました。「誰に=50代ではじめて大型免許を取った方」、「何を=安全にカッコよく、ツーリングする方法の教材」、「USP=DVDだけでなく、ツーリング企画や練習会に参加できる」としたところ、それまでの10倍以上の売り上げを作るようになりました。

この例が示す通り、コアコンセプトの3要素の整合性を取り、修正を重ねることで、ビジネスはヒットするようになります。ぜひ、この考え方をあなたのビジネスに取り入れて下さいね。
 
 

一般財団法人 立志財団 理事長
坂本 憲彦


西日本シティ銀行で営業・融資を担当。その後、30歳で独立し10年間で1万人以上の起業家を指導する。現在は志ある起業家を育成する立志財団の創立者として講演や指導を行っている。著書「6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する」は紀伊国屋書店新宿本店で単行本週間ランキング2位となる。

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。