Facebookハック~Facebookの最新事情~

第7回

プロジェクトマネージャーは、マジシャンであれ

 

○プロジェクトとは

会社、ビジネスでは、様々な単位の仕事・ジョブを進めています。
本業では、部や課を作り、部長や課長、主任や係長が、それぞれの単位の
プロジェクトを管理し、責任を持って遂行しています。

まさに、部長、課長、主任、係長もプロジェクトマネージャーであるわけです。
それ以外にも、会社によっては、横断的な活動や、特命ジョブなどは、
メンバーを招集しプロジェクトを発足させ遂行していきます。

メンバーは、複数の仕事、プロジェクトを兼務しているケースも多く、
短期、中長期のプロジェクトに参画し、任務を遂行している状態です。
プロジェクトマネージャーの仕事で、よく言われることは、
「人・もの・金・時間」を管理することであると。では、「人・もの・金・時間」
を管理するとはどのようなことなのか考えてみましょう。

○計画

プロジェクトの目標を達成させるために、資源の投入計画を立てる、
メンバーの選出、予算の確保(確認)、期日の確定を行い計画を立てる材料を揃えます。
より優秀なメンバー、より多額の予算、より長い期日を確保出来れば、目標達成の
確率は上がるでしょう。その確保こそが、まずはプロジェクトマネージャーの一つの
力量なのです。

揃えた資源を組み立てていく。目標達成のためのストーリー作り。
必要なツールの選定、選出。スケジューリングと進めていきます。
実現の可能性、確度は、ここで決まります。

メンバーの力量やスキル、ツールの実効性などを正確に把握するスキルが求められます。
単なる線表引きではありません。アウトプットとしては、計画書、担当表(組織図)、
スケジュール表などが出来上がります。

○実行

出来上がった計画書、担当表(組織図)、スケジュール表を実行に移すのだが、
その移し方も大事。各メンバーが気持ちよく任務や業務を遂行するための配慮が
求められます。メンバーは、コミュニケーションに一番ストレスを感じます。

スタートして迷わないように、メンバー間のコミュニケーションの取り方や業者間
のコミュニケーション方法などをできる限り、細かく想定してあげることが大切です。
ルール化しておくことでメンバーのストレスを軽減させることが出来ます。

○監視/フィードバック

プロジェクト管理でもう一つ大事な仕事が、監視とフィードバックです。
スケジュール通りに進んでいるのか、問題が発生していないかをいち早く
察知する監視が重要です。このために、日報、週報などを活用しますが、
担当者が主となって発信するものをすべて信用してはいけません。

自らの目と耳で状況をキャッチする姿勢、行動を取れるかどうかです。
早期発見は、最小の手間、最小の予算、最小の時間で修復できます。
報告だけでの管理では、正直、誰でもできるB級管理。
自らの感覚をも取り入れる管理方法ができれば、スケジュール遅れや
品質低下のリスクは大きく軽減できます。

○プロジェクトマネージャーは、マジシャンであれ

プロジェクトマネージャーは、脇役、裏方であるべきです。メンバー一人一人が、
積極的に考え、行動することが、プロジェクトとして最大の利益につながるからです。
そのために、プロジェクトマネージャーはどうあるべきか。
一人ひとりのメンバーを支援し、気持ちよく働いてもらうことに徹するべきです。
貢献はメンバーに、失敗や責任は自分にという気持ち。
しかし、なかなかそれができないのも事実、つい、目立ちすぎてしまうマネージャーも多いのです。
そう言う意味でも、プロジェクトマネージャーは、マジシャンたれと言いたい。
マジシャンは、決して種を明かしません。何気ない態度や仕草の中に、用意周到な動きや仕掛けをしているものです。
そして、素知らぬ顔で、不思議なことを起こすのです。プロジェクトの場合では、
素知らぬ顔でスケジュール通りに進んでいるように見せかけます。
マジックでは、不思議だなぁと思わせる。それをプロジェクトでは、何事もないように見せかけるのです。

○最後に評価

大きなトラブルなくプロジェクトが遂行されたならば、それは、マネージャーは何もしなかった、ではなくマネージャーを最大限評価すべき事象なのです。何もしないでうまくいくほど、単純なことでないことは、実はマネージャー経験者であれば誰もがわかっていることです。
しかし、何事も起きなかったプロジェクトほど、評価されにくいのも大きな問題なのです。

 
 

SFJソリューションズ株式会社
代表取締役 川上 暁生

東京都品川区生まれ。東京工科大学卒業後、大手メーカーにSEとして勤務。 その後、独立し、ソフト開発会社、SIer会社を経て、人材紹介会社に転職。 ヘッドハンティング会社サーチファーム・ジャパン株式会社の立ち上げに携わる。 現在、同会社のグループ会社SFJソリューションズ株式会社にて、ITコンサ ルティング、プロジェクト管理、社外CIO業務に従事。

ユーザー企業の業務改善、システム導入の要件定義から導入、運用までを トータルで管理しながら、ITのみにとらわれず、経営者、管理者の右腕となっ て、頭と身体を使って支援しています。

最近では、中堅・中小の会計事務所や弁護士事務所など士業の社外CIO、アドバイザーとして支援することが多く、 身近な相談相手になっています。

著書:「これから取り組む企業のための日本版SOX法と内部統制」
(日本能率協会マネジメントセンター)

【ホームページ】 http://www.search-firm.jp/sfjs/

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する