組織に悩むなら、まずは超オープン経営にしてみよう

第11回

バリフラット組織のコーチ制度とは

中村 圭志 2018年11月21日
 

上司のいない組織での成長支援「コーチ制度」

ISAOはバリフラットで役職もありませんので、全ての人に上司は存在しません。
最初にバリフラットにしたときに、可能性のあるデメリットとして最も懸念したのは、上司がいないこと。 


個人への成長支援が不十分になることをどうカバーしていくのか。これはバリフラットを始めるに当たって最も頭を絞った課題でした。

ISAOが出した答えは「コーチ制度」でした。

全ての社員にコーチをつけ、そのコーチにメンバーのキャリアデベロップメントをサポートする役目を与えたのです。

ISAOの人材評価は、仕事の関わりのある周りの人たちによる360度評価で決まるのですが、コーチはその評価を取りまとめる役割も持っています。


コーチと上司はどう違う?

ISAOのコーチは上司ではありません。

通常の階層型組織では、上司は指示を出します。

ISAOでは、コーチとメンバーの間にはこういった指示命令系統としてのつながりはありません。

評価に関しても、階層型の組織だと直属の上司は唯一の一次評価者となるケースが多いですが、ISAOの場合は「取りまとめ」に特化しており、メンバーに対しての権威は非常に低く抑えられています。


コーチは自分で選ぶ

では、コーチはどのようにして決めているのでしょうか。

ISAOでは、コーチは”自分で”選びます。

年上で、自分よりキャリアが長い人を選ぶ必要もなく、成長支援を最もしてくれる人を、自分で選んでコーチに任命します。

実際に50代の豊富なキャリアを持ったエンジニアが、30代の若手の営業職をコーチに選んでいるケースなど、みな思い思いに自分の考えでコーチを選んでいます。

また、自分に合うコーチがもっと他にいると思った場合、いつでもコーチは変更することができる、スーパーフレキシブルな制度です。


コーチとメンバーは何を話す

それぞれのメンバーによって、話す内容は少しずつ異なりますが、共通することは「どうやったらキャリアを成長させ、市場価値を上げることができるか」です。

市場価値が上がれば、自然と昇級の推薦となり、給料が上がります。


コーチ呑み

コーチとは、それぞれのキャリアに対しての考え方を深く話していくため、強制ではありませんが、必要だと感じればオフサイトで、食事やお酒を飲みながら話をすることを推奨しています。

コーチ呑みには、会社から補助がでる仕組みとなっていて、多くの組み合わせで日々コーチ呑みが行われています。

もちろん、二人で呑みに行ったら、Goalousを使って共有。たのしく酔っ払いながら話している様子や、簡単にどんなことを話したのかを他の人たちにも伝えるようにしています。


NEXT STEP ISAOのコーチ制度の今後の進化について

現在、コーチングをさらに効かせていくために1on1を様々な形で試しています。

いままでの常識にとらわれない1on1を開発し、今後ISAOの中に取り入れていきます。

 
 

株式会社ISAO
代表取締役 中村 圭志


・1993年、千葉大学工学部卒業、同年4月に豊田通商株式会社入社
・2004年3月、Toyota Tsusho Europe S.A. ドイツ・デュッセルドルフ支店へ出向
・2006年4月、Toyota Tsusho ID Systems GmbH設立・代表就任
・2010年10月、株式会社ISAO代表取締役に就任


就任時に-6億円の赤字企業だったISAOをV字回復し復興させた立役者。
欧州駐在時に会社を設立し、経営者として働くことで「経営は、みんなを幸せにすることができる仕事である」ことに気づき、経営のプロとして生きていくことを決める。

2020年、株式会社ISAOを”世界のシゴトをたのしくするビジョナリーカンパニー”にするべく、Team ISAOの一員として経営をおこなう。

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。