あなたの夢を叶える事業の作り方「ビジネス成功の5サークル」

第3回

あなたの事業にブレない軸をつくる

坂本憲彦 2016年1月20日
 
 前回まで事業を作る時に、一番大切なのはミッションだというお話をしてきました。では、どうやって絶対にブレないミッションを作ればいいのでしょうか?
 
 今日は、ミッションの作り方について解説します。まずミッションを作るためには、この一文を完成させる必要があります。

 「私の人生の目的は〇〇である」という文章です。
 
 この文章にピッタリ当てはまるものが完成すれば、あなたのミッションは完成です。ただ、最初はなかなか当てはまらないかもしれません。特に今までミッションなんて考えてこなかった方は、この文章を完成させるのは難しいかもしれません。ですから最初は直感で書いてみてください。そして途中で変更してもOKです。
 
 ミッションは最終的には不変のものですが、作る途中においては、何度も書き換えてOKです。自分の中にしっくりくる言葉と出会う瞬間があります。そのときに言葉を修正すればOKです。大切なのは、言葉尻よりもこのミッションを一番の意思決定の基準にするということです。そして、ミッションは言葉を作っただけでは表面的になってしまいます。
 
 そこで、ミッションを自分の腹に落とし込むための作業が必要になります。それが自分の過去と未来をつなぐという作業です。人にはそれぞれ実現したい未来があります。こんな会社を作りたい、上場したい、夢を叶える事業を作りたいなど、様々な理想の未来があります。まずは理想の未来を思い描いてみてください。そして次に、なぜその未来を実現したいのかという理由を考えて下さい。人はそれぞれ理想の未来は違います。自分の未来は必ず自分の過去と繋がっています。自分の未来と自分の過去が明確に繋がることで、あなたのミッションは明確になります。
 
 そして、自分の過去を探るためにも自分史を書き出してみて下さい。過去の経験の中に、自分の未来を実現したい理由が必ず隠されています。過去の中でも特に重要なのは、幼少期の両親との関係です。三つ子の魂百までという言葉があるように、自分の幼少期の体験は、今の自分の行動の源泉に繋がっています。ですから、自分のミッションを実現したい理由を幼少期の両親との経験から探ってみて下さい。その中にあなたのミッションの源があるはずです。

 過去の幼少期の経験から、あなたの実現したい未来を描いてみる。そして、あなたのミッションを一言で宣言してみる。ミッションを中心にしてあなたの事業を作っていってくださいね。

2016年1月20日 フジサンケイビジネスアイ掲載
 
 

プロフィール

株式会社ナレッジアクション
代表取締役 坂本憲彦


ビジネストレーナー。
銀行を退職後、30歳で起業し複数の事業を立ち上げる。
その経験をもとに77業種2000名以上の起業家・経営者の指導を行う。
「ビジネス教育で人々を幸せに」を理念に、起業家育成を行う坂本立志塾を主宰している。


HP:一般財団法人 立志財団

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する