SDGs防災コラム「SDGs防災の旅」

第6回

「みんなのサンデー防災」取材リポート第3弾は、FMカオン!

日本SDGs防災機構 2022年5月17日
 

日本SDGs防災機構が運営するラジオ「みんなのサンデー防災」。心機一転し番組を大幅リニューアルした2022年4月、地域FMにお邪魔してコラボトークをお届けする新コーナーがスタート。その「試して!いいね!この防災!」コーナーの収録に出掛けた黒瀬智恵さん(パーソナリティ)による取材リポートをお届けします!地域FMや地域の魅力を沢山発見!



【第3弾は、FMカオン! by Chie Kurose】FMカオンをお尋ねしました!

https://www.fmkaon.com/



5月9日、春とはいえ少し肌寒い天気の中、神奈川県海老名市にあるFMカオンへ。


海老名と言えば、昔から東名高速を走るときには必ずと言っていいほど海老名サービスエリアに寄っていましたが、今回は相鉄線で海老名駅へ向かいます。埼京線との乗り入れが開始され、都内からのアクセスの良さと近さにびっくりです! 


海老名駅には、相鉄線、JR線、小田急線と3線が乗り入れていますが、ロマンスカーミュージアムなど小田急系のショッピングセンターが目立ちます。またランチを検索したところ、ビナウォークとか、ビナガーデンズとか、ビナマークイ―ストとか、ビナマークウェストとか・・とくにくビナがいっぱい!(笑)間違えないようにしないと。


ちなみに私たちは、なんとなく響きの良かったビナガーデンズでランチを頂きました。


その後、FMカオンへ向かいます。程よい距離なので町散策も兼ねてお散歩。雨予報だったので二人とも長靴でした。


海老名には史跡が多く、FMカオンへ向かう途中には相模国分寺跡がありました。その歴史は1000年以上になり、奈良時代に建立されましたが現在は跡地となっています。私たちはその後移転された今の国分寺でお詣りをしたのですが、近くには伊勢山大神宮や国指定史跡秋葉山古墳群などもあり、FMカオンの前にある厚木街道も飛鳥時代からあるそうです!(FMカオン天野さん談)


そんなFMカオンは厚木街道と吉岡海老名線の二つに面していますが、厚木街道側からは崖上に位置しますので要注意!ぐるっと回ると吉岡海老名線側が入り口です。


FMカオンでは、局長の天野哲也さんと朝の情報番組を担当されている黒岩美奈子さん、あとたまたまいらしていたFMカオン・アマチュア無線クラブ(JQ1ZGH:http://jq1ndh.fan.coocan.jp/FM-KAON-ARC-00.html)を運営されている佐藤修一さんにお話を伺いました。というのも、FMカオンはアマチュア無線クラブと連携し、大規模災害時にはアマチュア無線の独立運用能力を最大限に利用することで、被災地域の情報収集活動と情報発信を効率的に行なうべくロールコールを実施しているからです。


その影響もあり、パーソナリティの黒岩さんも、なんとその娘さんもアマチュア無線の免許を取ったそうです!


アマチュア無線は電波を通じて双方向のやり取りが出来るという事ですが、とあるイベントで黒岩さんがコールサインの呼びかけを行ったところ、大変な数の返信があったとのこと!それもそのはず、黒岩さんは、長野や神奈川など全国のラジオ畑で活躍されていた美声の持ち主なのです!


FMカオンは海老名市だけでなく、厚木市、綾瀬市、座間市、寒川町、伊勢原市など神奈川県の県央地域に広がるコミュニティFM局であり、大人向けの音楽を得意としています。みなさまもぜひぜひ84.2MHzに周波数を合わせて、黒岩さんの美声のとりこになって下さい!



【FMカオンにお邪魔した黒瀬智恵さんのリポートでした。アマチュア無線クラブと連携するFMカオンの「大規模災害時にはアマチュア無線の独立運用能力を最大限に利用するという、被災地域の情報収集活動と情報発信を効率的に行う為の仕組み」…いいですね!他のFM局の参考になるのではないでしょうか?次回もお楽しみに!】








 
 

プロフィール

一般社団法人 産学連携推進協会
防災部門 日本SDGs防災機構


日本SDGs防災新聞 編集長:もぐらP

武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科卒業。あつ森「SAVE theみらい島」在住の日本SDGs防災機構の副代表で、SAVE the 未来プロジェクトのプロデューサーを兼任。防災と環境への取組みをライフワークにしており、島民代表も務める。共にSDGs防災の旅をしてくれるお仲間の集結1億人を目指し、防災の参入・探究・実行の推進及び、みんなのみんなによるみんなの為のサスティナブル防災に取組む。



HP:一般社団法人 産学連携推進協会

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する