「後半戦起業」で人生が変わる・・・ストックビジネスで勝ち続ける

第7回

ストックビジネスの教科書 完成 ポプラ社より10月20日発売

大竹 啓裕 2015年10月19日
 
【完成報告】8ヶ月かけて制作していた処女作
「ストックビジネスの教科書」です。10月20日発売決定。
加工見本が上がってきました。



出版のきっかけは、いまやマスコミでも有名な天狼院書店の
三浦店主が「この考え方スキルは自分も学びたい、みんなに
も知らせたい、私が書きます」と信じられない言葉をかけて
いただいたことでした。

全盛期のみのもんた並に多忙な三浦さんが・・・信じられない。
2月ころから動き出しましたが、プロの仕事を見せていただき
ました。感覚で考えていることを文章にしていく作業、
文字にすると難しくなってしまいますが、三浦店主が
シンプルにして大事なポイントを明確にする、最後に女子大生の
菜摘さんが、学生もわかる内容まで意見してくる。

すっと流せない(汗)
この作業は私の財産になりました。
本をだせばいいという考えはどこにもない、役に立つ本に
しようと手抜きなしの編集作業が続きました。

【起業は予想外に苦しかった】
42歳の春、仲介事業のフランチャイズ化をベースに立ち上げた
事業は軌道にのらずに、大きな借金を抱え、毎月毎月ゼロから
売上を追う日々が続きました。そんな状態を2年間続け、身も
心もボロボロになり、恐怖に支配された精神状態が思考を停止
させる。あたらしいビジネスアイデアも出ない状態。
そこにいるのは、アイデアには自信があった自分とは別人。
まさに負のスパイラル状態だったのです。

どうしたらこのスパイラルから抜け出せるのか、深く考えることになりました。

でも、なぜストック(安定収入)が作れると信じて起業した仲介のFCモデルが
ストックにならなかったのか・・・悩んだ末に答えが見つかりました。

フローの仲介事業もFCにすればストックビジネスになると思い
込んでいましたが、私のその定義が間違っていたということです。

そして、ストックビジネスを深く理解たときに、私が30代で
手がけたラーメンFCモデルが大成功したのか本当の理由も
分かったのです。

その理由こそが「ストックビジネス」の本質でした。

ビジネスでは偶然に事業が当たるという場合があります。
いわゆる一発ホームランというやつですが、でも連続して
確実に当たり続ける会社は極めて少ない。その極めて少ない
会社は、ほぼすべてストックビジネスを積み上げていました。

ストックビジネスを構築して事業を軌道に乗せるポイントに
気づいた私は、その後「ストックビジネス」以外はやらないと
決め狂ったようにストックビジネスの構築に没頭しました。

その経験から
ストックには一定の型があること、
ストックビジネスをつくる場合の外せないルール、
ストックビジネスは作った瞬間に結果が予測できること
ストックビジネスを確実に成功させる、テストのやり方

今は、資本金もかからず、クラウドでなんでも格安で使えます
ITが発達したことで起業は考えられないくらい簡単になりました。

でも大きな問題があることをご存知ですか。

簡単にできたことは、簡単に真似される、だから、寿命が短い。
実はこれは相当大きなリスクです。

ストックビジネスの考え方はITが事業寿命を短くした
今こそ必要な事業の作り方です。
ストックビジネスは最小単位の「収益ユニット」というのが
継続的に収益を上げ続ける仕組みですが、競合に追いつかれ
ない仕組みの作り方も書きました。

ポプラ社の担当編集大塩さん、編集をしてくれた天狼院書店の
三浦さん、山中さんみなさんのプロの仕事に感謝します。

ポプラ社 「新刊ニュース」
//otaketakahiro.com/book


 
 

プロフィール

株式会社ハッチ・ワーク
代表取締役社長 CEO
大竹 啓裕(おおたけ たかひろ)

日本は起業家が増えることで活力を取り戻す、そしてサラリーマンは人生の後半戦で起業するのが当たり前になる。そんな失敗の許されない「後半戦起業」のために「ストックビジネスの作り方」を指導しています。そんな起業家が成功する為に「大人のレンタルオフィス インスクエア」を3施設立ち上げました(池袋・上野・横浜)。 http://www.in-sq.com/

30代40代以上に対象を絞った「大人のレンタルオフィス」は国内初コンセプトであり連続100%稼働はすでに4年目を更新中。行列のできるレンタルオフィスとして評価を得ています。

========================

【略歴】
1963年福島県生まれ。
株式会社アットオフィス代表取締役社長
非営利一般社団法人八ラル・ジャパン協会副理事長
大竹アンドパートナーズ税理士事務所 シニアパートナー
20代は大手中小のサラリーマンを経験するも新規事業アイデアが採用されず転職を繰り返す。30歳でラーメンFCチェーンの創業メンバーの一人として参画する機会を得て、ラーメン店でマーケティング理論を実践、ラーメンFCとしては全国一位300店以上の原動力となる。その後、ラーメンFC成功で養ったマーケティング理論で不動産業界に革命を起こしたいと考え、42歳で起業、アットオフィスでストックビジネスをつくる。行列ができる大人のレンタルオフィス「インスクエア」や貸し会議室「アットビジネスセンター」など、独自理論で様々なストックビジネスを展開し年商は10億円に迫る。
今秋ポプラ社から発売予定の『ストックビジネスの教科書』がデビュー作となる。

========================


(アットオフィス運営事業公式サイト)
・ 貸会議室 アットビジネスセンター
・ 大人のレンタルオフィス インスクエア
・ 賃貸オフィス探し アットオフィス
・ 月極駐車場探し アットパーキング
・ オフィスビル管理 空室対策

(関係団体) 
・ 株式会社ストック総研
・ 非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会
・ 大竹アンドパートナーズ税理士事務所

このコラムをもっと読む 「後半戦起業」で人生が変わる・・・ストックビジネスで勝ち続ける

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。