コラム

中村 圭志の 組織に悩むなら、まずは超オープン経営にしてみよう

中村 圭志

 組織の情報公開(オープン化)は、個人の成長を促し、チーム力を上げます。なぜ、オープンが必要なのか。どうしたらオープンになるのか。本気で自分の組織を変えたい、メンバーを成長させたい人に向けた超オープンな経営方法をお伝えします。

  • 第1回 管理職を戦力化する超オープン経営

     日本の主要産業である製造業の生産現場は、トヨタのカイゼンや、カンバン方式など、生産性向上において、世界をリードしてきました。しかし、総合的に見ると様子が変わってきていま...

  • 第2回 ハンコ2つルールで、社内向けの仕事を激減させる

     前回のコラムで①「その仕事は社外への活動か?」とそれぞれの仕事に問いかけること ②社内向けの仕事を高く評価しないことを徹底することで管理職の人たちの働き方が変わると書き...

  • 第3回 なぜ給料を公開すると、社員が成長するのか

     ISAOでは、全社員の給料が公開されています。これがフェアネスにつながり、かつ社員の成長を強力に後押しするようになっているのですが、なぜ給料を公開すると、社員が成長するのか。...

  • 第4回 オープンにつながる

     今回はISAOの5つスピリッツ(価値観)のうち、最もISAO的な価値観「オープンにつながる」について。 オープンは時代の要請であり、更なる価値をうみだします。ISAOがオープンにこだわる...

  • 第5回 離職率ゼロは本当に素晴らしいのか

     階層も役職もない「バリフラット」 。最近では色々な人と組織の話をさせていただく機会が多くなり、離職率について聞かれることがよくあるので、今回は離職率について考えてみました。

  • 第6回 オープンな組織でクローズにすべきこととは!?

     ビジネスパーソンにとって、情報とはパワーです。いかに情報を持っているかで、社内でも社外でもパワーを持てるようになります。オープンな組織で、クローズにコミュニケーションが...

  • 第7回 オープン化の鍵は、xxxを排除すること

     バリフラット(オープン&フラット企業運営)は、ビジネスにおいて、判断の質とスピードを圧倒的に上げることができますが、「ウチではなかなか難しいなぁ」という声もよく聞きます...

株式会社ISAO
代表取締役 中村 圭志


・1993年、千葉大学工学部卒業、同年4月に豊田通商株式会社入社
・2004年3月、Toyota Tsusho Europe S.A. ドイツ・デュッセルドルフ支店へ出向
・2006年4月、Toyota Tsusho ID Systems GmbH設立・代表就任
・2010年10月、株式会社ISAO代表取締役に就任


就任時に-6億円の赤字企業だったISAOをV字回復し復興させた立役者。
欧州駐在時に会社を設立し、経営者として働くことで「経営は、みんなを幸せにすることができる仕事である」ことに気づき、経営のプロとして生きていくことを決める。

2020年、株式会社ISAOを”世界のシゴトをたのしくするビジョナリーカンパニー”にするべく、Team ISAOの一員として経営をおこなう。

企業検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。