リップシャッツ信元夏代の NY発:文化と言葉の壁を越えて” 伝わる”ロジカルスピーチ術

リップシャッツ信元夏代

 本コラムでは、異文化間コミュニケーションのポイントを掴んだ上で、簡単・簡潔・簡明にメッセージを構成するスキルの上達に役立つ、「文化と言葉の壁を越えて伝わるスピーチの極意」を、ニューヨークからお届けします。

  • 第30回 プロは必ずやっている、完璧リハーサル7つのステップ

     全米プロスピーカー協会のワークショップでは、役者出身スピーカーならではの視点から、デリバリー完成度を徹底的に高めるための、「リハーサル7つのステップ」について学びました。...

  • 第29回 読み物原稿とスピーチ原稿の共通点・相違点

     相手の心に響くメッセージを伝える、という目的は、読み物でもスピーチでも共通していますから、よく考えれば当たり前といえば当たり前です。共通点が多いながらも、紙に落とされた...

  • 第28回 話が分かりにくい、と言われないために必要なスキル

     話しているうちに、話が派生して目指していた着地点とは違う方向に行ってしまったり、詳細を詰め込みすぎてメインポイントが分からなくなってしまったりし、全体としてごちゃごちゃ...

  • 第27回 スピーチ後も強い印象を持続させる4つのステップ

     「リーセンシー効果」をご存知でしょうか。人は、最後・最近に聞いたことが、もっとも印象や記憶に残る、ということです。これがスピーチにも当てはまるのです。つまり、スピーチの...

  • 第26回 「事例紹介」から「コーポレートストーリー」へ

     何か売り込まれている、と少しでも感じると、人は抵抗を感じたりしますが、豊かなストーリーには誰もがつい耳を傾けてしまう力があります。それは何も、複雑で巧妙なストーリーでな...

  • 第25回 話し手が聞き手と「コネクト」できない10の理由

     世界一素晴らしい話の内容だったとしても、聞き手と心をつなぐこと(=コネクト)が出来なければ、すべて台無しになってしまいます。でもちょっとしたコツを知り、ちょっと手直しす...

  • 第24回 シリアスなスピーチでもユーモアを盛り込むには

     前回のコラムで、ユーモアとジョークの違いについて解説しました。特にグローバルな場でのプレゼンには、聞き手をひきつけるためにユーモアは必要不可欠です。しかしシリアスなプレ...

  • 第23回 ユーモアとジョークの違い

     時折、こうおっしゃる方が見られます。「最初にジョークを交えて話すとアイスブレイクになっていいんだよね。」そうでしょうか。実はここに大きな落とし穴があります。「ユーモア」...

  • 第22回 リハーサル5つの間違い

     本気度を出して練習するだけでよいかというとそうでもありません。みなさんは、「正しい」リハーサルを行っているでしょうか?今回は、リハーサルに良く見られる5つの間違いをご紹介...

  • 第21回 インタビュー成功の秘訣

     メディア対応の際や、営業プレゼンなどの時にも言えることですが、インタビューほか、とっさの質問への回答を成功させるカギは、MECEに想定される質問とその回答を準備しておくことで...

  • 第20回 セールスパーソンは何を売るべきか

     パブリックスピーキングはまさに、アイデアを売り込む「セールス」活動です。ですから、すべての人は、2つの職業を持っている、と言ってよいでしょう。「あなたの職業」、そして、「...

  • 第19回 聞き手と繋がる3つのツール

     スピーカーとして人前に立って何かを話す、ということは、特別な何かを持っていたり経験していたりしないといけないもの、というステレオタイプを持っていませんか?それは大きな間...

  • 第18回 チームコミュニケーション力を高める即興演習

     前回に続き、即席スピーチについてお話しします。実は筆者は、しっかりと構成を練って準備したスピーチは得意ですが、即席スピーチは少々苦手意識があります。そこで先日、即席力を...

  • 第17回 急に話を迫られたら?!

     何かの会合に行ったら急に指名されて、コメントを求められたり、即興でスピーチをすることになり、あたふたしてしまった。そんな経験をしたことはありませんか?

  • 第16回 Your Body Speaks!

     スピーチ中のしぐさは、結構自分では気づかぬまま、ついつい癖が出てしまうもの。しかしボディーランゲージから発せられるメッセージは、非常に大きいのです。実は、発する言葉、よ...

  • 第15回 “それは難しいです”の意味は?

     ある在米日系グローバル企業で、アメリカ人部下B氏が日本人上司A氏に対して行ったプレゼンでのやり取りです。ある提案を行ったアメリカ人上司に対し、日本人上司は「That’s difficult(...

  • 第14回 人は本当に成功話に共感するのか?

     過去にあなたがとても共感したストーリーを思い出してみてください。TEDのスピーチ、スティーブジョブズなど各界の著名人のスピーチ、或いは身近な人が行ったプレゼンや、お気に入り...

  • 第13回 あなたは丸暗記派?フリートーク派?

     よく受講生からも聞かれるのが、「スピーチをするとき、原稿を丸覚えすべきだろうか?」、という悩みです。皆さんはスピーチのとき、どう準備していますか?

  • 第12回 ストーリー構築の9つのCを探してみよう:後編

     前回は筆者が2015年に登壇した、TEDxWasedaUのスピーチを取り上げ、五感に響くストーリーを構築するための「9つのC」が実際にスピーチの中にどのように組み込まれているか、解説しました...

  • 第11回 ストーリー構築の9つのCを探してみよう:前編

     前回は、スピーチの要であるストーリーを、五感に響くドラマに仕立て上げるために必要な、三幕構成と「9つのC」について解説しました。今回は具体的に、実際のスピーチを取り上げて...

  • 第10回 ストーリーをドラマに。9つのC

     ヒットするハリウッド映画には共通点があります。それはアリストテレスも提唱した、「三幕構成」でストーリーの骨格が組み立てられている、ということです。

  • 第9回 スピーチの要はストーリー

     ストーリー、ストーリー、ストーリー!!スピーチの達人たちは口をそろえてこういいます。例えばパブリックスピーキングの大御所コーチであるパトリシア・フリップは、ストーリーが...

  • 第8回 1人1人に1本の花を

     前回のコラムで、7秒-30秒ルールについてお話しました。冒頭でいかにインパクトを出せるか、がスピーチ技術の肝になってきます。ではスピーチのエンディングはどうでしょうか。

  • 第7回 あなたの英語スピーチ、原稿読みに終わっていませんか?

     みなさんはこれまで、様々なスピーチやプレゼンを聞かれたことがあることでしょう。その中で、冒頭から、これはつまらなそうだ…と感じてしまったスピーチはありませんか?そしてそ...

  • 第6回 ロジカル思考法パート2:メッセージを深める

     前回、One BIG Messageから、聞き手にとって響くポイントとなる根拠を引き出していくロジカル手法をご説明しました。メインポイントに仕上げるための最後のプロセスは、グルーピングした...

  • 第5回 ロジカルシンキング手法で、ONE BIG MESSAGEを見つけ出す

     前回、スピーチ原稿やプレゼン資料を作成する前に、①聞き手を分析、②自分を分析、③共通の基盤を見つける、という3つのステップの調査分析を行うことが大切だ、というお話をしまし...

  • 第4回 スピーチ、プレゼンはマーケティング戦略と同じプロセス

     皆さんがプレゼンやスピーチをする際、さまざまな目的があることと思います。目的は異なれど、すべてのパブリックスピーキングに共通しているのは、聞き手に何らかの影響を与えたい...

  • 第3回 スピーチ教室でも英語学校でも学べないコツとは?

     今回は、異文化ビジネスの事業コンサルタントならではの視点から、スピーチ教室でも英語学校でも教えてくれない「異文化圏の相手」への話し方のコツについてお話します。

  • 第2回 日本人が陥りがちなダメな英語スピーチのパターン

     さて、クイズです。外国人、特にアメリカ人を相手にスピーチする際に以下の5つのやり方は正しいでしょうか、間違いでしょうか?みなさんが外国人にスピーチしている場面を想像しなが...

  • 第1回 グローバル・パブリックスピーキング®とは?

     アメリカの人気コメディアンのジェリーサインフェルドはこう言いました:「人間が最も恐れていることのナンバー1は、パブリックスピーキングで、ナンバー2は、死なんだそうです。死...

リップシャッツ信元夏代
アスパイア・インテリジェンス 代表
ブレイクスルー・スピーキング 代表


早稲田大学商学部卒。ゼミ専攻は「異文化コミュニケーションとビジネス」。NYUにてMBA取得。1995年に渡米後、伊藤忠インターナショナルに鉄鋼・紙パルプ業界の営業・事業開発に携わる。その後マッキンゼーを経て、2004年に、戦略コンサルティング会社のアスパイア・インテリジェンス社をNYに設立。2015年にはブレイクスルー・スピーキングを設立し、グローバルに活躍したい日本人のためのパブリックスピーキングのE-learningプログラムや企業内研修を中心に、個人コーチングなどを行っている。


トーストマスターズインターナショナルの国際スピーチコンテストでは、日本人初のNY大会優勝3連覇を果たしたほか、世界で100名強しかいない、World Class Speakingコーチに唯一の日本人として認定される。世界的権威者、ブライアン・トレーシーらと共に共著した「The Success Blueprint」は、アマゾンの2016年ベストセラーに。2015年にはTEDxTalkに登壇している。


BREAKTHROUGH Speaking:http://www.btspeaking.com

ASPIRE Intelligence:http://www.aspireintelligence.com

革新ビジネスアワード2019投票受付中 革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからコラムを検索する