革新ビジネスアワード2020

Web投票

考トレ:「仮説⇄検証」マスタープログラム

エントリー企業:ヒーズ株式会社

強み・アピールポイント

「考トレ」とは「会社の仕事とは連立方程式で正解のない答えを導き出すことである」と定義し、仕事に取り組む上で基本となる「考える力」を実務に即した形で身につけるためのプログラムです。

先が読めない環境の下、会社が事業を長く続けていくためには、シンプルに考えると、「資金繰りが回ること」「商品が売れること」「社員が成長しながら働くこと」が不可欠です。

世の中にはいろいろな情報やノウハウがあふれていますが、突き詰めていくと、「お金」「マーケティング」「マネジメント」の3つの課題とその組み合わせに集約されます。

そこで、「考トレ」では、3つの課題について、それぞれ4つの切り口から、自社の場合は、「誰が」「何を」「いつ」「どうする」ことで、3つの課題を解決できるのかについて、「仮説」を立てて行動し、「検証」していく体験を通して、後継者候補や幹部社員の人材育成につなげていきます。

エントリー内容

【特徴】

一見複雑に見える世の中も構造をシンプルに捉えることができれば、未知の問題に直面した際にも、自分の頭で考えることで、その問題を解決に導くことができます。

そこで、「考トレ」では「お金」、「マーケティング」、「マネジメント」に絞り、自社の実態に応じた形で「仮説⇄検証」を繰り返すことで、社内で社長の相談相手になれる人材の基礎固めを行います。

各課題について4つの切り口に沿って、「今月手元に100万円の現金を残すには、いくらの商品を何個売る必要があるか?」、「商品を今月100個売るには、どのようなセールス・ファネルを準備するのか?」、「今月の目標を達成するには、今週どんな業務が求められるのか?」といった具体的な行動を考え、実践するプロセスを通して「仮説⇄検証」を繰り返す習慣を身につけていただきます。

【サービス概要】

1.「『考トレ』実践会」(2時間)

「考トレ」の概要を解説する共に、専用のエクセルシートを使って、会社(または担当部)の資金繰りを回すために、どの商品を何個販売すればよいかという「売上計画」を作成します。

2.「『考トレ』CMプログラム」(3ヵ月コース)

「考トレ」のプログラムに基づき、資金繰りを回すために必要な売上高を達成するために求められる「セールス・ファネル」を作成すると共に、誰が、何を、いつまでに実行するかという「行動計画」に落とし込みます。

3.「『考トレ』CMMプログラム」(6ヵ月コース)

「考トレ」のプログラムに基づき、3ヵ月コースで作成した「行動計画」を実践しながら、「仮説⇄検証」を繰り返すマネジメントの体験を通して、人を巻き込んで結果につなげていくコツを修得します。

都道府県

東京都

ソーシャルメディアでみんなに投票をお願いしよう!

下記は投稿例です。コピーしてご利用ください。