セミナー情報

ゼミ「問いかけ力を磨こう」 ~ 本質を探り、変化を生む場をつくるために

ゼミ「問いかけ力を磨こう」 ~ 本質を探り、変化を生む場をつくるために

情報があふれ、多様な選択肢がある時代に求められるのは、「問いかける力」。
”適切に課題を設定し、関係者と共有する力”を身につけよう!

変化が激しく、正解のない時代、与えられた問題を解く力以上に大切になるのが、質の高い問いを設定する力です。さらに、その問いを一人で考えるのではなく、周りの人たちに問いかけ、共に考え、共通のビジョンを生み出し、共にアクションを進めていくことが必要です。

現状のモヤモヤから何が問題かを見つけ、何が論点かを見定める。そして、より良い答を共に生み出そうと周りに働きかける。それが「問いかけ力」です。解くことは中立的ですが、問うことは、その人の価値観、知識、経験、状況への向き合い方に大きく影響を受けるため、裏打ちとなる知識や技術、経験によって問いの質は大きく変わってきます。

与えられた方法を間違えずにできれば優秀とされていた時代は終わりつつあります。これからの10年、どんどん複雑な問題、未知の状況が増える中で、「問いかけ力」は道を拓く力になります。

この「問いかける力」を磨くことをテーマにしたゼミでは、6つの視点と問いをつくる技術を学びながら、自分の問題意識を多面的に磨き、質の高い課題解決につながる「問いかける力」を、対話と演習、実践を通して身につけていきます。

これまで、社会課題解決型事業の担い手、新規事業開発の担当者、部署横断チームのリーダー、人材開発担当、まちづくりワークショップのファシリテーター、中間支援機関の担い手、地域医療の医師・経営者など52名がプログラムを修了しています。
これまでの修了生がそろって口にしているのは、問題意識を分かち合える多様な受講生同士の対話が、視点や視座を高めるということです。

「問いかけ」は他の誰かと対話してこそ深まります。
一人では身につかない「問いかけ力」を、ゼミでの対話と実践を通して高めましょう!

【プログラム】
6つの視点と実践に役立つ理論から、質の高い問いの設定に必要な技術やノウハウを、演習と演習、実践を通して自分の力としていきます。1回ずつの参加も可能です。

1.問いかけ入門
~問いかける力は、なぜ必要なのか? アプリシエイティブ・コミュニケーション
2.関係性を育む問いとは?
~合意形成のファシリテーション
3.学びを促す問いとは?
~アクティブ・ラーニングのファシリテーション
4.チーム力を高める問いとは?
~違う価値観の人のチームをまとめるダイバーシティ・ファシリテーション
5.今ある問題の本質に迫る問いとは?
~社会・組織の課題の探り方、システム思考入門
6.未来を拓く問いとは?
~ともにつくる仲間を広げるデザイン思考入門

■10月~ 月曜夜コース 
第1回 問いかけ入門 2017年10月23日(月) 19:00~21:30
第2回 関係性を育む問い 2017年10月30日(月) 19:00~21:30
第3回 学びを促す問い 2017年11月6日(月) 19:00~21:30
第4回 チーム力を高める問い 2017年11月20日(月) 19:00~21:30
第5回 問題の本質を探る問い 2017年11月27日(月) 19:00~21:30
第6回 未来を拓く問い 2017年12月4日(月) 19:00~21:30

■詳細 http://empublic.jp/5260
■お申込み http://peatix.com/event/290370/

※2017年8月~ 火曜夜コース もあります(振替も可能です)
http://www.innovations-i.com/seminar/schedule/2104.html

開催日 2017年10月23日
開催時間 19:00〜21:30
開催地域 東京都
開催場所 株式会社エンパブリック 根津スタジオ(千代田線根津駅 徒歩1分)
会費 ■全6回一括お申込み 30,000円(税込) ■単発参加 5,000円(税込)/回
支援機関名 株式会社エンパブリック
お問い合わせ先 株式会社エンパブリック
e-mail: info@empublic.jp
tel:03-6303-3195
担当 矢部
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

支援機関ランキング< 週間 >
企業検索