プレスリリース

「AIを活用できないことがリスク」な時代に。AI関連2研修を開発

株式会社インソース 投稿日:2017年12月5日

サービス分野: [ 教育・人材 ]

「AIを活用できないことがリスク」な時代に。AI関連2研修を開発

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)はこの度、新たにAI関連研修を2作開発いたしましたことをお知らせいたします。

 当社では、AI導入に高いハードルを感じている企業の方を対象に、AIの活用を段階的にサポートしてまいりました。受講いただいた方からは、「事前知識なしで受けたが、レベル毎に出来ることがあり、すぐにやれそうな事もあるとわかった。」など、ご好評の声をいただいております。この度新たにAI関連の研修を2つ開発し、職種・階層によって最適な研修を選択いただけるようになりました。

■AI関連新作研修
「ビジネスパーソンの一般常識研修~会社の数字と経済、先端技術(AI)から世の中の動向を学ぶ」
http://www.insource.co.jp/gyokai/ai-newcomer.html
 現代のビジネスパーソンには、経済情報だけでなくAIなどの先端技術情報はなくてはならない知識です。特に今後、会社を担っていく新人・若手には必須の内容となっています。

「AI・人工知能を使った業務改善研修」http://www.insource.co.jp/gyokai/ai-gyoumukaizen.html
 徐々に、「AI活用がチャンス」から「AI活用できないことがリスク」へと時代が変化してきています。本研修ではAIの基本知識を学んだ後、実際に業務改善にどうつなげていけばよいのかを考えていただきます。

当社では今後も、AI・機械学習を活用したホワイトカラーの生産性向上を支援する廉価なサービスを開発してまいります。
以 上

お問い合わせ先

株式会社インソース    http://www.insource.co.jp/index.html

(取材・広報に関して)
総務広報部(石川) TEL:03-5259-0070
(サービス内容に関して)
営業統括グループ TEL:03-5259-0070

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索