プレスリリース

WIPジャパン、海外営業の専門人材の派遣・紹介サービスを開始

WIPジャパン株式会社 投稿日:2017年11月30日

サービス分野: [ コンサルティング ] [ 海外・グローバル ]

WIPジャパン、海外営業の専門人材の派遣・紹介サービスを開始

News Release

報道関係各位

2017年11月30日
WIPジャパン株式会社

日本語市場の縮小に備えるための海外販路開拓
~ WIPジャパン、海外営業の専門人材の派遣・紹介サービスを開始 ~

多言語ビジネス支援のWIP(ウィップ)ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田輝彦・福良雄、以下「WIPジャパン」)は、2017年12月1日(金)より英語と中国語による海外販路開拓の専門人材を派遣・紹介する新サービス「海販人(かいはんじん)」(以下「本サービス」)の提供を開始します。

【本サービスの概要】
■ 名称:「海販人(かいはんじん)」(海外販路開拓の専門人材派遣紹介)
■ 概要:WIPジャパンにて独自の海外営業トレーニングを実施したスタッフを派遣・紹介
■ 対応言語:英語、中国語(※英語は日本人、中国語は中国人を想定)
■ トレーニングの主な内容
 ● 貿易実務・輸出シッピング実務の概要
 ● 海外対象国のアプローチ先リストの作成方法
 ● リスト先へのアプローチ方法
 ● アプローチの際のフロー・トーク設計
 ● WIPジャパン内でのOJT(海外へ実際に英語/中国語で架電する等の実務研修)
■ 対象:海外での事業展開をコストとリスクを抑えながら迅速・確実に推進したい企業

利用希望企業に対しまずヒアリングを行い、ヒアリング内容に応じて、利用企業からの発注確定後、英語の場合は約1~2ヶ月後、中国語の場合は約3~4ヶ月後にWIPジャパンが事前トレーニングを実施した人材を派遣します。基本的な契約形態は紹介予定派遣となり、3~6ヶ月の派遣期間の後、正社員もしくは契約社員での契約を結ぶパターンを想定しています。事前トレーニングに関しては、上記をベースに、ヒアリング内容に応じて利用企業の課題解決に最適な内容に適宜調整して実施します。

本サービスを活用することで、利用企業は、就業時点で海外営業の専門トレーニングを受けた多言語人材をまずは派遣契約で採用できるため、利用企業は雇用のミスマッチを回避でき、コストとリスクを抑えた形で海外販路開拓を進めることが可能になります。

このことにより、利用企業は迅速・確実に海外販路拡大の専門人材の採用が可能となり、円滑な海外展開の推進が期待できます。

本サービスでは、2018年11月末までに導入企業100社を計画しています。

以上


---------------------------------------------------
WIPジャパンについて
1995年に、「もっと理解しあえる世界をつくりたい」を理念として創業。世界400以上の都市に拡がるネットワークを活用し、官公庁・地方自治体・国内外有力企業・調査研究機関など約6,600(2016年6月現在)の顧客に、高度な多言語運用力が必要とされるサービスを提供し続けています。

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
WIPジャパン株式会社(https://japan.wipgroup.com)
多言語コンサルティンググループ
担当:渋谷
Tel.:03-3230-8000/FAX:03-3230-8050
e-mail:j-shibuya@wipgroup.com

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索