プレスリリース

癌と緩和ケア、離婚と親子の関係、生の舞台から「生きる」ことを再発見する演劇が11月2~5日公開

株式会社ASCEND FEATHER 投稿日:2017年10月24日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ エンターテイメント ]

癌と緩和ケア、離婚と親子の関係、生の舞台から「生きる」ことを再発見する演劇が11月2~5日公開

2000年よりイギリスを模範に、海外流のメソッドで質の高い舞台創造を
目指しているの劇団SKY SOARTψWINGSでは、2017年11月2日~5日、渋谷・代官山のSpace EDGEで第14回公演「海岸線にみる光」を上演する。

今回が第14回公演にあたる。
過去にはイプセン、チェーホフ、ストリンドベリ、ロルカ、シェイクスピアなどの
海外の著名作家の作品を現代劇として仕立て上げて好評を博した。
すべて台本を一から翻訳・改作させたもので、作家が現代に蘇ったかのような的を射た解釈で現代化されている。

代表の別役慎司は、19歳の時に全国公募の演劇脚本コンクールで第一席となり、50作品もの執筆数を誇る。劇団では、別役の現代劇化作品の他、オリジナル新作公演も行っており、現代にマッチしたメッセージ性の高い作品を発表している。

今回の「海岸線にみる光 See Shine in the Sea Line」は、別役の2017年新作。
親と子の確執、生きてきた価値や存在意義、癌と緩和ケア、離婚、シングルマザー、養育費、子育て、ビジネス、自然、生命。いろいろなテーマを包含する作品であり、関係各所より注目を集めている。

考えさせられ、心の奥にずんと響く作品であるだけでなく、世界の演出メソッドを使った日本には他にない稽古法で創られ、一級の舞台公演を堪能することが出来る。

会場となるSpace EDGEはギャラリーであり、各回60名の少人数となる。
チケットの受付は劇団受付ほか、Peatixらでも取り扱う。また、都内Ticketsでも残席チケットが販売されている。

公式サイト
http://seeshine.uvs.jp/
Peatix取り扱い
http://seeshine.peatix.com/


【概要】
公演日時……2017年11月2日(木)~5(日)
11/2  11/3   11/4   11/5
    13:00  13;00  13:00
19:00 18:30  18:30  18;00

劇場……SPACE EDGE
東京都渋谷区渋谷3-26-17 野村ビル1F
TEL: 03-3409-8723
FAX: 03-3400-3422

【スタッフ】
作・演出……別役慎司
舞台監督……林大介
照明……榊原大輔
音響……零’s Record
美術……零’s Record
制作……SKY SOARTψWINGS
スタッフ……辻修平、矢野伸一郎、八田うみ

【キャスト】
最上颯司……別役慎司
沢溝珠水……水地優子
片桐希晶……轟雅子
氷藤聡……秋江智文
大森梢……倉多七与
茂上庸……磯山典克
大森煌……土屋美穂
番条和枝……石井寿美

お問い合わせ先

SKY SOARTψWINGS
(株式会社ASCEND FEATHER)
〒112-0004
東京都文京区後楽2-23-12
Holic House2F
TEL&FAX 03-5689-0075
office@stone-wings.com

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索